マセラティが新型セダン「ギブリ」を発表【上海ショー2013】

2013.04.22 自動車ニュース
「マセラティ・ギブリ」
「マセラティ・ギブリ」

【上海ショー2013】マセラティが新型セダン「ギブリ」を発表

伊マセラティは2013年4月20日、第15回上海モーターショーにおいて、新型4ドアセダン「ギブリ」を発表した。


マセラティが新型セダン「ギブリ」を発表【上海ショー2013】の画像
上級モデルの「クアトロポルテ」(左)と、新型ミドルサイズセダンの「ギブリ」(右)。
上級モデルの「クアトロポルテ」(左)と、新型ミドルサイズセダンの「ギブリ」(右)。

既報の通り、新型「ギブリ」はミドルサイズ4ドアセダンであり、全長は上級モデルの「クアトロポルテ GT S」よりおよそ29cm短い4970mm、ホイールベースは20cm短い2990mmとなっている。

エンジンは2種類の3リッターV6ツインターボと、3リッターV6ディーゼルターボの全3種類だが、日本に導入されるのは前者のガソリンエンジンのみ。トランスミッションはいずれも8段ATで、全車にリミテッドスリップデフが標準装備される。

これらのうち、ベースグレード「ギブリ」のエンジンは、330psの最高出力と51.0kgmの最大トルクを発生。0-100km/h加速5.6秒という動力性能と9.6リッター/100km(約10.4km/リッター)の燃費性能を両立している。

一方、上級グレードの「ギブリS」および4WDモデルの「ギブリS Q4」に搭載される高出力ユニットは、最高出力410ps/5500rpm、最大トルク56.1kgm/1750rpmを発生。0-100km/h加速はギブリSで5秒、ギブリS Q4で4.8秒、最高速度は同じく285km/h、284km/hとなっている。

また、「ギブリS」はブレーキもベースグレードとは異なっており、フロントに360×32mmのベンチレーテッド・クロスドリルドのデュアルキャストディスクを、リアに350×28mmのベンチレーテッドディスクを採用。前6ピストン、後ろ4ピストンのブレンボ製対向ピストン式キャリパーとの組み合わせにより、100km/hから36mの制動距離で停止することができる。

シャシーは「クアトロポルテ GT S」と同じくスチール製セーフティーセルを基本としたもので、フロントまわりはアルミの鋳造品で左右のストラットを補強。サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンク式で、オプションで減衰特性可変式ダンパーの「アクティブスカイフックシステム」も用意されている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る