【スペック】全長×全幅×全高=4509×2093×1203mm/ホイールベース=2670mm/車重(乾燥重量)=1376kg/駆動方式=MR/3.8リッターV8DOHC32バルブターボ(625ps/7500rpm、61.2kgm/3000-7000rpm)/燃費=8.5km/リッター(英国国内値)/価格=3000万円(テスト車=3882万2000円)

マクラーレンMP4-12Cスパイダー(MR/7AT)

ここから進化が始まる 2013.04.25 試乗記 マクラーレンMP4-12Cスパイダー(MR/7AT)
……3882万2000円

「マクラーレンMP4-12C」のオープンバージョンが、日本に上陸。そのスーパースポーツとしての完成度を、ワインディングロードで確かめた。

屋根がないのはいいことだ

マクラーレンのロードカー「MP4-12C」に、「スパイダー」が加わった。一体型のカーボンファイバー製ボディー/シャシーを持つクーペの屋根を切開し、オープンエアーを楽しめるようにしたモデルだ。

リトラクタブルハードトップは、30km/h以下ならば走行中でも開閉が可能。後部のエンジンルームと車室の間には電動開閉式のリアウィンドウも存在するが、例えどんなにV8エンジンの音を「いい音」と思える人であれ、ルーフを開け放ってしまったほうが、音量の点では快適なものになる。風を受けて走ることが爽快なのは言うまでもない。コーナリングを本気で楽しめば、うっすらと汗ばむこともある。コーナーで風向きが変わる際にスーッと首筋に回りこむ、涼風の気持ちよさを味わうこともできる。

また、若干ではあるが重心高も下がっており、よりスポーツカーらしい雰囲気を提供してくれる。普通ならオープン化による車重の増加は避けられないところだが、このボディー構造は最初から計画されていたものであり、ルーフは強度部材の要ではない。開放したところで剛性的にはさほど変わらず、装備重量で1474kgという車重は、クーペに比べて40kgの増加でしかないのだ。さらに、この手のいわゆる囲まれ感というか、閉所感覚が苦手な筆者などは、ドアに不具合が出た際に脱出するひとつの手段としての、安心感が得られる。
3.8リッターV8ターボエンジンのパワー/トルクは、625psと61.2kgm(600Nm)。最高速度=329km/h、0-100km/h加速=3.1秒など、発表されている性能データはクーペとほとんど変わらない。価格は3000万円である。

このクラスの高性能車の内容からいえば、フェラーリやランボルギーニをライバルと考える人もいるだろう。でも乗ると、まったく違う種類のスポーツカーであることがすぐわかる。結論から先に言えば、初めてこのクラスのクルマの購入を考えているのならば、迷わず「フェラーリ458イタリア」をお薦めする。
MP4-12Cは、フェラーリを何台も乗り継いできた人や、コレクションとして複数所有する人が、浮気気分で(?)ちょっと他の銘柄も試してみようか……という軽い気持ちで乗るならば、今までとは別の世界を体感できるかもしれない。
およそ20年前に登場した「マクラーレンF1」も含め、スーパーカーのテストを比較的多く楽しんできた経験をもとに、MP4に対する正直な感想を述べてみよう。

2012年夏にその概要が発表された「マクラーレンMP4-12Cスパイダー」。日本では、同じ年の10月に実車が公開された。

中央を細身のセンターコンソールが貫くインテリア。テスト車には、オプションのカーボンパネルが多数おごられる。車両のAV機能にアクセスするためのタッチパネルは、珍しい縦長が採用されている。

キャビン後方に設けられるルーフの収納スペースは、クローズ時には容量52リッターの荷室として利用できる。

ルーフの開閉に要する時間は17秒。30km/h以下ならば、走行中でも操作できる。(写真をクリックすると、ルーフのオープン動作が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MP4-12Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(後編) 2016.8.11 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「マクラーレン570Sクーペ」に試乗。レーシングドライバー視点で570Sクーペを語る。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る