「シボレー・キャプティバ」に上級グレード登場

2013.04.19 自動車ニュース

「シボレー・キャプティバ」に上級グレード「ラグジュアリー」が登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2013年4月18日、ミドルサイズSUVの「シボレー・キャプティバ」に一部改良を実施し、同年5月11日に販売を開始すると発表した。

今回の改良では、新デザインのグリルやフォグランプ、アンダーガードを採用。テールランプもデザインを改めるとともにLEDに変更された。

一方インテリアでは、従来モデルからシート生地のデザインを変更。運転席と助手席で個別に温度調整が可能なデュアルゾーンオートエアコンを標準装備としたほか、タイヤの空気圧の低下をドライバーに知らせる「タイヤ空気圧警告灯」や、バックウィンドウオープナー付きリモコンキーなどを新たに採用した。

ラインナップについては、従来の標準グレードに加え、上級グレード「ラグジュアリー」を新設定。シートは座面などにヒーターを備えたレザー製で(1、2列目席のみ)、サンシェード付き電動スライディングルーフや「CAPTIVA」のロゴマーク付きフロントイルミネーテッドドアシルプレートなどを標準装備している。

価格はベースグレードが359万円、ラグジュアリーが394万円。

(webCG)

「シボレー・キャプティバ」
「シボレー・キャプティバ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】NEW 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る