「シボレー・キャプティバ」に上級グレード登場

2013.04.19 自動車ニュース

「シボレー・キャプティバ」に上級グレード「ラグジュアリー」が登場

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2013年4月18日、ミドルサイズSUVの「シボレー・キャプティバ」に一部改良を実施し、同年5月11日に販売を開始すると発表した。

今回の改良では、新デザインのグリルやフォグランプ、アンダーガードを採用。テールランプもデザインを改めるとともにLEDに変更された。

一方インテリアでは、従来モデルからシート生地のデザインを変更。運転席と助手席で個別に温度調整が可能なデュアルゾーンオートエアコンを標準装備としたほか、タイヤの空気圧の低下をドライバーに知らせる「タイヤ空気圧警告灯」や、バックウィンドウオープナー付きリモコンキーなどを新たに採用した。

ラインナップについては、従来の標準グレードに加え、上級グレード「ラグジュアリー」を新設定。シートは座面などにヒーターを備えたレザー製で(1、2列目席のみ)、サンシェード付き電動スライディングルーフや「CAPTIVA」のロゴマーク付きフロントイルミネーテッドドアシルプレートなどを標準装備している。

価格はベースグレードが359万円、ラグジュアリーが394万円。

(webCG)

「シボレー・キャプティバ」
「シボレー・キャプティバ」

関連キーワード:
キャプティバシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)【試乗記】 2001.9.11 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)
    ……349.0万円

    北米はオハイオ州に新工場を建設して生産されるシボレーの新鋭SUV「トレイルブレイザー」。4.2リッターという大排気量ながらストレート6という特異なエンジンを積む意欲作である。山梨県は河口湖周辺で、『webCG』記者が乗った。


  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
ホームへ戻る