【スペック】全長×全幅×全高=4370×1800×1440mm/ホイールベース=2645mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/2リッター直5DOHC20バルブターボ(213ps/6000rpm、30.6kgm/2700-5000rpm)/燃費=13.2km/リッター(JC08モード)/価格=399万円(テスト車=456万5000円)

ボルボV40 T5 R-DESIGN(FF/6AT)【試乗記】

北欧のエンターティナー 2013.04.23 試乗記 ボルボV40 T5 R-DESIGN(FF/6AT)
……456万5000円

発売以来、人気を集めるボルボ「V40」に追加されたスポーティーモデル「V40 T5 R-DESIGN」を箱根のワインディングロードで試乗した。

意外とお得な「R-DESIGN」

「『ボルボ850』を導入したとき以来の人気です!」と、ボルボの古参スタッフが興奮気味に語るのが、同社の新しい5ドアハッチ「V40」だ。2013年2月19日に販売を開始して、わずか5週間で3100台もの受注を得る好調ぶり。「V40はカッコいいですものね」と納得し、「乗っても楽しいし……」と言葉をつなぐ。

商品の魅力はもとより、ベーシックグレード「T4」が269万円からという、戦略的な値付けも功を奏している。従来のボルボユーザーに加え、「メルセデス・ベンツAクラス」や「トヨタ・プリウス」と比較するような人が、販売店に足を運んでいるという。ただし、「6月までの在庫はすでに完売してしまって……」と、同社スタッフはうれしい悲鳴をあげる。

そんな“タマ不足”を、若干とも補えるかもしれないのが、「V40のスポーティネスを磨き上げた」とうたわれるボルボ「V40 T5 R-DESIGN」である。最高出力213psの2リッター5気筒ターボを積んだ「40シリーズ」のホッテストバージョン。399万円。「V40 T4 SE」の309万円と比較すると、ずいぶんお高いようだが、本革シートやナビゲーションシステム、18インチホイールなどが標準装備されることを考慮すると、「意外とオトク」というのが、ボルボの主張である。

プレス試乗会の日は、あいにくの雨。箱根の緑をバックに、T5 R-DESIGN専用色の「レーベルブルー」がよく映える。「シルク・メタル」と名付けられたマットなシルバーで縁取りされたグリルメッシュ、同じくシルク・メタルにペイントされたドアミラーが、時折強まる雨に濡(ぬ)れそぼつ。リアにまわれば、専用ディフューザーとデュアルタイプのテールパイプがスポーティー。18インチの大径アルミホイールが足もとを固める。そこに巻かれるのは、225/45の、太く薄いミシュラン・パイロットスポーツだ。

「R-DESIGN」のエンブレムが付くフロントグリル。フロントバンパーも専用のデザインとなる。
「R-DESIGN」のエンブレムが付くフロントグリル。フロントバンパーも専用のデザインとなる。
シルクメタル・ドアミラーカバーも「R-DESIGN」の専用装備。
シルクメタル・ドアミラーカバーも「R-DESIGN」の専用装備。
18インチのアルミホイールには225/40R18のタイヤが装着される。
18インチのアルミホイールには225/40R18のタイヤが装着される。

ボルボV40 T5 R-DESIGN(FF/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車 2017.1.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年1月25日、スポーティーな装備を特徴とする特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNポールスターエディション」を発表。同日、150台限定で発売した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る