スバルが今夏発売の「XVハイブリッド」を公開

2013.04.18 自動車ニュース

スバルが初のハイブリッドシステムを「XV」に搭載、今夏にも発売を予定

富士重工業は2013年4月18日、同社としては初となるハイブリッドシステムの詳細を発表。同年初夏に発売予定の「XVハイブリッド」を日本初公開した。

今回発表されたハイブリッドシステムは、スバルが自社のコア技術であるシンメトリカル4WD車に組み合わせられるよう、独自に開発したものである。パッケージやレイアウトの工夫により、純ガソリン車と同等の低重心と、バランスのよい重量配分が追及されている。

駆動用モーターは1基のみで、CVTのプライマリープーリーの後方に搭載。定速巡航時などにはジェネレーターとして発電の役割も担う。バッテリーはニッケル水素式で、荷室の床下に搭載。この結果、荷室床面は後席側が2cmだけ上がったスロープ形状となっている(傾斜は視覚的にも、実用的にもほとんどわからない程度)。

一方、エンジンは「FA20」型2リッター水平対向4気筒DOHCをベースに、ハイブリッド専用として開発したもので、圧縮比の変更やクールドEGRの採用などにより燃費性能を向上。エンジンとモーターとはCVTのフォア&リバース機構(前後進切り替え機構)によって切り離しが可能で、低速走行時にはモーターのみでの走行も可能となっている。

また他の多くのハイブリッド車とは違い、始動時にはシステムの動作チェックのために必ずスターターモーターによってエンジンが稼働。その後、EVモードからの復帰などでエンジンをリスタートする際には、通常は発電の役割を担っている「インテグレーテッドスタータージェネレーター」が使用される。

このシステムを搭載した「XVハイブリッド」の燃費性能は、JC08モードで20.0km/リッターと、純ガソリン車の15.8km/リッターから大きく向上。前述のパッケージやモーターアシストによる力強い加速など、「走りの愉(たの)しさ」も追及されている。

また運転支援システムの「EyeSight」についても、ハイブリッドとの協調制御を備えた専用のシステムが開発された。具体的には、全車速追従式クルーズコントロールに「EyeSight ECOクルーズコントロール」機能を新設。燃費に留意した加減速制御をはじめ、アイドリングストップとEV走行の頻度のアップ、エアコンの作動抑制などにより、最大で10%の実燃費向上につながるとしている。

スバルでは、このハイブリッドシステムを採用したXVハイブリッドを、「インプレッサ」シリーズ(「XV」含む)の最上級モデルとして位置づけ、2013年初夏をめどに発売を予定している。

(webCG 堀田)

富士重工業の吉永泰之社長と「スバルXVハイブリッド」
富士重工業の吉永泰之社長と「スバルXVハイブリッド」
 
スバルが今夏発売の「XVハイブリッド」を公開の画像
 
スバルが今夏発売の「XVハイブリッド」を公開の画像
 
スバルが今夏発売の「XVハイブリッド」を公開の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
ホームへ戻る