第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る

2012.03.30 エッセイ

第141回:さよならサンバー!スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る

去る2012年2月に「スバル・サンバー」の生産が終了、富士重工業は軽自動車の生産から撤退した。アンカーを務めた「サンバー」は、半世紀を超えるスバルの軽づくりの歴史を今に伝える、ある意味もっともスバルらしい軽だった。その引退を惜しみ、ルーツとなる初代および2代目「サンバー」を訪ね、魅力の源泉を探った。

惜しまれながらの生産終了

2012年2月29日をもって富士重工業の軽商用車「スバル・サンバー」の生産が終了した。同社は2008年に水平対向エンジンや四輪駆動など独自性の高い技術を持つ登録車に経営資源を集め、軽自動車の生産から撤退することを決定。翌09年以降、自社生産モデルから提携関係にあるトヨタ傘下のダイハツのOEMへ切り替えが進められてきた。最後に残っていた自社生産モデルである「サンバー」の生産終了に伴い、1958(昭和33)年3月3日に「スバル360」が登場して以来、およそ54年間にわたるスバルの軽づくりの歴史に幕が下ろされたわけである。

半世紀を超えるスバルの軽自動車史において、そのほとんどを生き抜いた最長寿のブランドが、俊足を誇るインド産の水鹿(すいろく)に由来する「サンバー(Sambar)」だった。初代が発売されたのは、「スバル360」に遅れること約3年の1961年2月1日。51年間の累計生産台数はおよそ370万台で、スバル軽全体の約797万台の半数に近い。文字通りスバルの屋台骨を支えてきたモデルなのだ。

「サンバー」はその成り立ちにおいても、スバル軽の伝統を受け継いだモデルだった。軽乗用車というカテゴリーを確立した傑作車である「スバル360」譲りのリアエンジン、4輪独立懸架という「ポルシェ911」と同じレイアウトを、誕生以来一貫して守り続けてきたのだ。「スバル360」に始まる乗用車系は時代と共に「(初代)R-2」「レックス」「ヴィヴィオ」「プレオ」……と名を変え、駆動方式をFFに転換したが、「サンバー」だけは不変だった。「サンバー」が半世紀以上にわたって愛され続けた大きな理由であり、「サンバー」のアイデンティティーがこのRRレイアウトだったと言っても過言ではない。

その「サンバー」が、満51歳の誕生日を迎えて間もなく引退を余儀なくされた。たとえるなら、コンスタントに2割8分を打つ力がありファンの支持もあるのに、チーム事情から現役を引退させられた、ベテランのプロ野球選手のようなものか。2月の生産終了を控えたラスト数カ月の、駆け込み需要に応える増産体制を見ても、惜しまれつつの引退であったことがわかる。

自動車専門メディアで軽商用車が取り上げられることはめったにないが、生産終了が近づくにつれて「サンバー」の姿をポツポツと見かけるようになった。このページもサンバーへの惜別の念から企画したが、ちょっと趣向を変えて、旧車愛好家のもとにある初代および2代目サンバーを訪ね、ブランドの礎を築いた魅力を探った。

2011年7月に発売50周年を記念して、トラック、バン合わせて1000台限定でリリースされた「サンバーWRブルーリミテッド」。ボディーカラーを除けば、最終生産モデルはこれらと基本的に同じである。
第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る
1958年に発売された「スバル360」。軽でも実用車として立派に通用することを証明し、軽というカテゴリーを確立した傑作で、「てんとう虫」の愛称で呼ばれた。当時の日本は自動車後進国だったが、「スバル360」に限っては、コンセプト、性能ともに国際水準を凌駕(りょうが)していたといえる。
第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る
1961年にデビューした初代「スバル・サンバー・ライトバン」。左が65年「ライトバン・スタンダード」、右が64年「同デラックス」で、「デラックス」はワイパーが2本になり、バンパーをはじめ各部にクロムの装飾が付く。どちらもフルオリジナルに近い状態を保った希少な個体である。「あっかんべえ〜」をしているような顔つきから、マニアの間では「あかんべサンバー」とも呼ばれる。
第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る
全幅にわたって荷物棚が備わり、計器類は速度計のみという超シンプルな1965年「ライトバン・スタンダード」のダッシュボード。空冷エンジンなので水温計は不要だが、燃料計もなく、速度計の中にある残量警告灯だけが頼りである。ただし、より年式の古い64年「デラックス」は警告灯も付いていない。シートはベンチ式で、ギアボックスは3MT。
第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る
燃料計も残量警告灯もなしで、どうやって燃料の残量を知るかといえば、燃料キャップにオイルレベルゲージのようなゲージが付いているのだ。燃料タンク容量は20リッター。ちなみにこれら2台は「スバルマチック」と呼ばれる分離給油機構を備えているが、1964年7月以前のモデルは混合給油(あらかじめ2ストローク用エンジンオイルを混ぜたガソリンを給油する)だった。混合比率はガソリン対オイルが20:1前後で、当時はGSで混合ガソリンが販売されていた。
第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る