第292回:「クジラクラウン」のパンパーに思う「用を果たさぬ美」

2013.04.19 エッセイ

第292回:「クジラクラウン」のパンパーに思う「用を果たさぬ美」

スピンドルシェイプのMS60型「トヨタ・クラウン」(1971年)。5ナンバーサイズとは思えぬ伸びやかさは、デザインの妙である。トヨタは、ビルトイン式のバンパーを初代「セリカ」にも採用した。
第292回:「クジラクラウン」のパンパーに思う「用を果たさぬ美」

個人的に歴代ナンバーワンの「クラウン」

日本ではピンクの14代目「トヨタ・クラウン」が話題だ。しかし、ボク個人が歴代クラウンのなかで最も傑作だと思っているのは、1971年に発表された4代目の「MS60/70系」である。小学校入学直前だったボクは、そのスピンドルシェイプ(紡錘<ぼうすい>型)と称するクジラのような前衛的デザインに、大きな衝撃を受けた。
クラウンは、セダンやクーペはもちろん、カスタムと名付けられたワゴンモデルも、同じタイプの日本車の中でもっともあか抜けていた。

ところが、3年半後の1974年10月に登場した後継モデル「MS80/90系」は、打って変わってコンサバティブなデザインのボディーとなり、ボクはあぜんとした。さらに、キャッチコピーが「美しい日本の新しいクラウン」のうえ、イメージキャラクターには山村聰が復活、吉永小百合とともに「和」を強調していた。小学3年生ながら反動保守化の空気を感じた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。