ミツオカ・ビュートに映画とのコラボモデル登場

2013.04.18 自動車ニュース

「ミツオカ・ビュート」に映画とのコラボレーションモデルが登場

光岡自動車は2013年4月18日、映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』(5月11日より全国ロードショー)の公開を記念し、特別仕様車「ビュート 探偵はBARにいる」を設定し、同年4月20日に20台限定で発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、劇中で松田龍平が演じる「高田」の愛車「高田号」を模して仕立てられたものである。

ボディーカラーはダークグリーンのみの設定で、グリルバッジやフロントフェンダー、Cピラーには、主人公の「探偵」(大泉 洋)が事務所代わりに通うBAR「ケラー・オオハタ」のマークをあしらったエンブレムが、トランクフードには映画タイトルのステッカーが貼付される。

一方インテリアには、通常はオプション扱いとなる本革シートや、ウッドタイプインパネ、センターコンソールセット、クラシックドアトリムを標準装備。内装色はアイボリーとなっている。

価格は262万円。

(webCG)

「ミツオカ・ビュート 探偵はBARにいる」
「ミツオカ・ビュート 探偵はBARにいる」

ミツオカ・ビュートに映画とのコラボモデル登場の画像

ミツオカ・ビュートに映画とのコラボモデル登場の画像

ミツオカ・ビュートに映画とのコラボモデル登場の画像

関連キーワード:
ビュートミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING(FF/7AT... 2017.9.27 試乗記