アルファ・ミトにスポーティーな装いの限定車

2013.04.18 自動車ニュース

「アルファ・ロメオ ミト」にバイクレースのセーフティーカーをモチーフにした20台の限定モデル登場

フィアット クライスラー ジャパンは2013年4月17日、「アルファ・ロメオ ミト」の限定車「Quadrifoglio Verde SBK Limited Edition(クアドリフォリオ ヴェルデ SBKリミテッドエディション)」を発売した。

アルファ・ロメオは、欧州を中心に世界各国を転戦する「スーパーバイク世界選手権(Eni FIM SBK Superbike World Championship)」に、2007年よりトップスポンサーとして協賛。セーフティーカーを提供してきた。

今回の特別限定車は、そのセーフティーカーをイメージして作られたもので、2012年のパリモーターショーにて発表。販売台数は世界200台の限定で、このうち日本へは20台が割り当てられている。

ベースとなったのはミトの上級グレード「クアドリフォリオ ヴェルデ」で、インテリアには標準車のグリーンステッチに代えてレッドステッチが採用されている。また、Sabelt製のカーボンシェルスポーツシートが装備されるほか、インストゥルメントパネルの中央部には、同車が限定モデルであることを示すシリアルナンバープレートが備えられている。

一方エクステリアには、リアアンダースポイラーとサイドスカートを装着。ボディーカラーは「アルファ レッド」のみの設定で、ルーフパネルとミラーはブラック。ホイール、専用ステッカー、アクセントリングなどはチタニウム仕上げとなっている。

価格はベース車より20万円高の348万円。ハンドル位置は右と左が、それぞれ10台ずつ用意されている。

(webCG)

「アルファ・ロメオ ミト クアドリフォリオ ヴェルデ SBKリミテッドエディション」
アルファ・ミトがスーパーバイク選手権とコラボ

アルファ・ミトがスーパーバイク選手権とコラボ

アルファ・ミトがスーパーバイク選手権とコラボ

アルファ・ミトがスーパーバイク選手権とコラボ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
ホームへ戻る