三菱が次世代EVコンセプトを公開【上海ショー2013】

2013.04.17 自動車ニュース
「三菱コンセプトCA-MiEV」
三菱が次世代EVコンセプトを公開【上海ショー2013】

【上海ショー2013】三菱が次世代EVコンセプトを公開

三菱自動車は2013年4月20日に開幕する上海国際モーターショーで、将来の電気自動車(EV)を想定したコンセプトカー「三菱コンセプトCA-MiEV」を出品する。

「三菱コンセプトG4」
三菱が次世代EVコンセプトを公開【上海ショー2013】

EVコンポーネントは、モーター/インバーター/充電器を一体化して電気ロスを低減した軽量タイプを採用する。また、エネルギー回収効率を向上させたフル協調回生ブレーキや、手軽に充電ができる非接触充電装置(磁界共鳴式)を搭載し、さらに28kWhという容量を持つ高エネルギー密度バッテリーや、軽量化と空力性能の向上をはかったボディーの採用により、走行可能距離300kmを目指す。

また、エアコンや、充放電管理リモートコントロール機能、さらには車両盗難時などにGPSで車両位置を捕捉するリモートトラッキング機能などを、スマートフォンやタブレット端末と連動させた次世代の予防安全技術が用いられている。

同社は「コンセプトCA-MiEV」の他に、2013年3月のバンコクモーターショーで公開した世界向けの小型セダンコンセプト「三菱コンセプトG4」など、合計10台を展示する。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。