米国の「スバル・レガシィ」が大幅な仕様変更【ニューヨークショー2012】

2012.03.30 自動車ニュース
ニューヨークショー2012に出展される、2013年型「スバル・レガシィ」(米国仕様)。
北米版「レガシィ」がフロントまわりを化粧直し

【ニューヨークショー2012】米国仕様の「スバル・レガシィ」、大幅に仕様を変更

富士重工業は、2012年4月4日のプレスデイで幕を開けるニューヨーク国際自動車ショーに、内外装などに大幅な変更を加えた、2013年型の「レガシィ」と「アウトバック」を出展する。

こちらは、2013年型「スバル・アウトバック」(米国仕様)。
北米版「レガシィ」がフロントまわりを化粧直し

2013年モデルの北米版「レガシィ」(日本名:レガシィB4)と「アウトバック」(日本名:レガシィアウトバック)には、スバルが言うところの“全性能モデルチェンジ”が施される。

フロントグリルやバンパー、ヘッドランプなどの変更で、エクステリアはより個性的なものに。インテリアも、木目の装飾などで質感向上が図られる。北米仕様車で初めて、“ぶつからない安全機能”「EyeSight」が導入されるのもトピックである。

機関面では、新世代の2.5リッター水平対向エンジンとスバル独自のCVT「リニアトロニック」を採用。車体骨格の補強に加え、サスペンションの設定変更も実施し、スポーティーで快適な乗り味に一層磨きをかけたという。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にコネクティビティーを強化した特別仕様車 2016.11.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月29日、ハッチバックの「ゴルフ」と、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「ゴルフ コネクト」「ゴルフ ヴァリアント コネクト」を設定し、販売を開始した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る