米国の「スバル・レガシィ」が大幅な仕様変更【ニューヨークショー2012】

2012.03.30 自動車ニュース
ニューヨークショー2012に出展される、2013年型「スバル・レガシィ」(米国仕様)。
北米版「レガシィ」がフロントまわりを化粧直し

【ニューヨークショー2012】米国仕様の「スバル・レガシィ」、大幅に仕様を変更

富士重工業は、2012年4月4日のプレスデイで幕を開けるニューヨーク国際自動車ショーに、内外装などに大幅な変更を加えた、2013年型の「レガシィ」と「アウトバック」を出展する。

こちらは、2013年型「スバル・アウトバック」(米国仕様)。
北米版「レガシィ」がフロントまわりを化粧直し

2013年モデルの北米版「レガシィ」(日本名:レガシィB4)と「アウトバック」(日本名:レガシィアウトバック)には、スバルが言うところの“全性能モデルチェンジ”が施される。

フロントグリルやバンパー、ヘッドランプなどの変更で、エクステリアはより個性的なものに。インテリアも、木目の装飾などで質感向上が図られる。北米仕様車で初めて、“ぶつからない安全機能”「EyeSight」が導入されるのもトピックである。

機関面では、新世代の2.5リッター水平対向エンジンとスバル独自のCVT「リニアトロニック」を採用。車体骨格の補強に加え、サスペンションの設定変更も実施し、スポーティーで快適な乗り味に一層磨きをかけたという。

(webCG 関)

関連キーワード:
レガシィB4レガシィアウトバックスバルニューヨークモーターショー2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る