米国の「スバル・レガシィ」が大幅な仕様変更【ニューヨークショー2012】

2012.03.30 自動車ニュース

【ニューヨークショー2012】米国仕様の「スバル・レガシィ」、大幅に仕様を変更

富士重工業は、2012年4月4日のプレスデイで幕を開けるニューヨーク国際自動車ショーに、内外装などに大幅な変更を加えた、2013年型の「レガシィ」と「アウトバック」を出展する。

2013年モデルの北米版「レガシィ」(日本名:レガシィB4)と「アウトバック」(日本名:レガシィアウトバック)には、スバルが言うところの“全性能モデルチェンジ”が施される。

フロントグリルやバンパー、ヘッドランプなどの変更で、エクステリアはより個性的なものに。インテリアも、木目の装飾などで質感向上が図られる。北米仕様車で初めて、“ぶつからない安全機能”「EyeSight」が導入されるのもトピックである。

機関面では、新世代の2.5リッター水平対向エンジンとスバル独自のCVT「リニアトロニック」を採用。車体骨格の補強に加え、サスペンションの設定変更も実施し、スポーティーで快適な乗り味に一層磨きをかけたという。

(webCG 関)

ニューヨークショー2012に出展される、2013年型「スバル・レガシィ」(米国仕様)。
ニューヨークショー2012に出展される、2013年型「スバル・レガシィ」(米国仕様)。 拡大
こちらは、2013年型「スバル・アウトバック」(米国仕様)。
こちらは、2013年型「スバル・アウトバック」(米国仕様)。 拡大

関連キーワード:
レガシィB4レガシィアウトバックスバルニューヨークモーターショー2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
ホームへ戻る