ロールス・ロイスにもピンクの特別仕様車?

2013.04.16 自動車ニュース

ロールス・ロイスにもピンクの特別仕様車?

英ロールス・ロイスは2013年4月15日、乳がんケア支援プロジェクトをサポートするために、ピンクにコーディネートした特別仕様の「ゴースト エクステンデッドホイールベース」を製作したことを発表した。

このピンクに塗られた特別仕様の「ゴースト エクステンデッドホイールベース」は、イギリスのラジオDJ兼テレビ司会者のクリス・エバンス氏が提唱する乳がんケア支援プロジェクト「FAB1ミリオン」をサポートするために作られたもの。この車両をレンタルすることにより、総額で100万ポンド(約1億5000万円)の資金調達を目標としている。

製作したのはロールス・ロイスのビスポーク部門。外装が乳がん支援のシンボルカラーであるピンクになるだけでなく、レザートリムの一部や専用傘にまでピンクが用いられる。各シートのヘッドレストには、乳がん支援のモチーフであるピンクリボンがあしらわれる。

また同時に、1960年代のイギリスのSF人形劇『サンダーバード』のキャラクター、レディー・ペネロープの愛車であるピンクのロールス・ロイス「FAB1」にひっかけている。

(webCG)

乳がん支援プロジェクトのために作られたピンクの「ゴースト エクステンデッドホイールベース」。
乳がん支援プロジェクトのために作られたピンクの「ゴースト エクステンデッドホイールベース」。 拡大
サイドシルに「FAB1」のプレート。
サイドシルに「FAB1」のプレート。 拡大
インテリアにもピンクがあしらわれる。
インテリアにもピンクがあしらわれる。 拡大
ドアに収納される専用傘もピンクにコーディネート。
ドアに収納される専用傘もピンクにコーディネート。 拡大

関連キーワード:
ゴーストロールス・ロイスロールスロイス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • マクラーレン・セナ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.10 試乗記 誰もが知る、伝説的レーシングドライバーの名を車名とした「マクラーレン・セナ」。サーキットを走ることを第一に開発された、限りなくレーシングカーに近いハイパーカーの実力を、セナが初勝利を挙げたポルトガルのエストリルサーキットで放つ。
ホームへ戻る