第178回:フラッグシップとスタンダード ヨコハマの最新タイヤ2モデルを試す

2013.04.20 エッセイ

第178回:フラッグシップとスタンダード ヨコハマの最新タイヤ2モデルを試す

ヨコハマタイヤの新商品「ADVAN Sport V105」と「ECOS ES31」を、横浜ゴムのテストコース「D-PARC」で試走。最新技術が盛り込まれた2種のモデルは、それぞれどのような進化を遂げていたのか? 自動車ジャーナリスト河村康彦がリポートする。

新フラッグシップタイヤは「絶対の自信作」

いつ、いかなる理由からそうした“しきたり”となったのか定かではないが、桜咲く春は、日本のタイヤメーカー各社がこぞって新商品を市場に投入する季節でもある。ここに紹介する横浜ゴムの2モデルも、いわば“2013モデル”といえる最新のアイテム。ただし、同じ乗用車用タイヤでもそれぞれが“好対照”と受け取れるキャラクターの持ち主であるのが、いかにも今という時代を反映しているようで興味深い。

最初に紹介するのは、「グローバル・フラッグシップタイヤ」なるタイトルが銘打たれた「ADVAN Sport(アドバン スポーツ)V105」である。名称からも推測できるように、これは同社のラインナップの中でもハイパワーなプレミアムカーへの装着を想定した、従来の「ADVAN Sport V103」の後継モデル。2004年のV103のリリース以降、9年のあいだに進化したテクノロジーのすべてを注ぎ込んで新たに開発された。「絶対の自信作」という開発陣のコメントが光る。

メルセデス・ベンツやアウディ、そしてポルシェなど、多くの欧州プレミアムブランドに純正装着された実績を持つV103からのさらなる進化を目指し、全面的な見直しを図ったというV105。WTCCなど世界的なモータースポーツへの参戦で培ったノウハウを積極的に採り入れたというのが特徴のひとつだ。

中でも、「マトリックス・ボディ・プライ」と呼ばれる、角度のついたプライをトレッド付近までターンアップさせ、サイドからショルダー部分までを二重交差とした専用構造は、「周方向の剛性を高めて形状のねじれを解消する事で、ステアリングの正確性を向上させると共に、ドライ性能のアップにも寄与する」とうたわれる。まさに、モータースポーツからの直接のフィードバックとなるこうしたデザインは、「これまで効果があることは分かっていたものの、生産性などの点から量販タイヤに採り入れるのは困難だった」というもの。そこを、工場に新ラインを構築する事によってブレークスルーさせたのが、このV105の大きな見どころである。

茨城県にある横浜ゴムのテストコースで、ファーストインプレッションをつかんだ後、あらためて「ポルシェ・ケイマンS」に純正サイズを装着し、高速道路から市街地、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションでチェックした。

「ECOS ES31」と従来モデルとの転がり抵抗比較テストの様子。後方に見える斜めの台にテスト車両を置き、ブレーキを解除してどこまで進むかを計測する。
【エディターから一言】第178回:フラッグシップとスタンダード ヨコハマの最新タイヤ2モデルを試す
ヨコハマの新フラッグシップタイヤ「ADVAN Sport V105」。205/55R16〜295/30ZR19の全33サイズがそろう。
【エディターから一言】第178回:フラッグシップとスタンダード ヨコハマの最新タイヤ2モデルを試す
3本の極太の溝と1本の細い溝を組み合わせた「V105」専用のトレッドパターン。アウト側(写真右側)はドライ性能を、イン側(写真左側)ではウエット性能を強化している。
【エディターから一言】第178回:フラッグシップとスタンダード ヨコハマの最新タイヤ2モデルを試す
「V105」のカットモデル。新構造の採用などで、タイヤ重量の軽量化を実現した。(従来モデル「V103」比で約4.6%軽量に)
【エディターから一言】第178回:フラッグシップとスタンダード ヨコハマの最新タイヤ2モデルを試す
筆者の「ケイマンS」に「V105」を装着。一般道で、あらためてそのパフォーマンスを確かめた。(写真=河村康彦)
【エディターから一言】第178回:フラッグシップとスタンダード ヨコハマの最新タイヤ2モデルを試す

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ