パイクスピークを戦う「プジョー208」公開

2013.04.16 自動車ニュース

パイクスピークを戦う「プジョー208」公開

仏プジョーは2013年4月15日、米国コロラド州で開催されるヒルクライムレース「2013パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」(決勝日:2013年6月30日)に参戦させるレースマシン「プジョー208 T16 パイクスピーク」を公開した。

今回公開された「プジョー208 T16 パイクスピーク」は、改造無制限の「アンリミテッド」クラスに分類される。マシンの詳細は未発表。外観こそ量産型の面影は残しているものの、ヒルクライム競技車両として中身は完全な別物となっているもよう。WRCのシトロエンチームで9連覇を成し遂げたセバスチャン・ローブがドライバーを務める。

プジョーは以前もパイクスピークに参戦しており、1988年と89年に優勝している。

(webCG)

「プジョー208 T16 パイクスピーク」
「プジョー208 T16 パイクスピーク」

パイクスピークを戦う「プジョー208」公開の画像

パイクスピークを戦う「プジョー208」公開の画像

パイクスピークを戦う「プジョー208」公開の画像
1980年代にパイクスピークを制した「プジョー405 T16」(左)。
1980年代にパイクスピークを制した「プジョー405 T16」(左)。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る