パイクスピークを戦う「プジョー208」公開

2013.04.16 自動車ニュース

パイクスピークを戦う「プジョー208」公開

仏プジョーは2013年4月15日、米国コロラド州で開催されるヒルクライムレース「2013パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」(決勝日:2013年6月30日)に参戦させるレースマシン「プジョー208 T16 パイクスピーク」を公開した。

今回公開された「プジョー208 T16 パイクスピーク」は、改造無制限の「アンリミテッド」クラスに分類される。マシンの詳細は未発表。外観こそ量産型の面影は残しているものの、ヒルクライム競技車両として中身は完全な別物となっているもよう。WRCのシトロエンチームで9連覇を成し遂げたセバスチャン・ローブがドライバーを務める。

プジョーは以前もパイクスピークに参戦しており、1988年と89年に優勝している。

(webCG)

「プジョー208 T16 パイクスピーク」
「プジョー208 T16 パイクスピーク」

パイクスピークを戦う「プジョー208」公開の画像

パイクスピークを戦う「プジョー208」公開の画像

パイクスピークを戦う「プジョー208」公開の画像
1980年代にパイクスピークを制した「プジョー405 T16」(左)。
1980年代にパイクスピークを制した「プジョー405 T16」(左)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

208の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る