アウディが「A4」「A4アバント」の装備を強化

2013.04.16 自動車ニュース

アウディが「A4」「A4アバント」の仕様を一部変更

アウディ ジャパンは2013年4月16日、「A4」「A4アバント」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

今回の仕様変更では、「2.0TFSI」と「2.0TFSIクワトロ」の2グレードに、これまでオプション扱いだった、フロントシートヒーターとリアビューカメラ付きAPS(アウディパーキングシステム)が標準装備となった。

またシートには、側面、背面、ヘッドレスト等に合成皮革を使用したパーシャルレザー仕様を新たにオプション設定。従来モデルで設定のあった「SEパッケージ」(ミラノレザーを用いたフルレザー仕様+ウッドパネル)も、引き続き選択可能となっている。

仕様変更を受けたモデルの価格は以下の通り。
・A4 2.0TFSI:440万円
・A4 2.0TFSIクワトロ:523万円
・A4アバント 2.0TFSI:458万円
・A4アバント 2.0TFSIクワトロ:541万円

(webCG)

「アウディA4」
「アウディA4」
「A4アバント」
「A4アバント」
 
アウディが「A4」「A4アバント」の装備を強化の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • 【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開 2017.3.8 自動車ニュース 独アウディがジュネーブショーで高性能スポーツクーペの新型「RS 5クーペ」を発表した。エンジンには新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載しており、0-100km/h加速が 3.9秒、最高速が280km/hという動力性能を実現している。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る