アウディが「A4」「A4アバント」の装備を強化

2013.04.16 自動車ニュース

アウディが「A4」「A4アバント」の仕様を一部変更

アウディ ジャパンは2013年4月16日、「A4」「A4アバント」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

今回の仕様変更では、「2.0TFSI」と「2.0TFSIクワトロ」の2グレードに、これまでオプション扱いだった、フロントシートヒーターとリアビューカメラ付きAPS(アウディパーキングシステム)が標準装備となった。

またシートには、側面、背面、ヘッドレスト等に合成皮革を使用したパーシャルレザー仕様を新たにオプション設定。従来モデルで設定のあった「SEパッケージ」(ミラノレザーを用いたフルレザー仕様+ウッドパネル)も、引き続き選択可能となっている。

仕様変更を受けたモデルの価格は以下の通り。
・A4 2.0TFSI:440万円
・A4 2.0TFSIクワトロ:523万円
・A4アバント 2.0TFSI:458万円
・A4アバント 2.0TFSIクワトロ:541万円

(webCG)

「アウディA4」
「アウディA4」
「A4アバント」
「A4アバント」
 
アウディが「A4」「A4アバント」の装備を強化の画像

関連キーワード:
A4A4アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る