アストンが水素燃料併用のレースカーを開発

2013.04.15 自動車ニュース

アストン・マーティンが水素燃料併用のレーシングカーを開発

英アストン・マーティンは2013年4月12日、燃料としてガソリンと水素を併用する「ラピードS」のレーシングカーを開発、ニュルブルクリンク24時間耐久レース(決勝:5月19日〜20日)に出場すると発表した。

このレーシングカーは、アストン・マーティンが水素燃料技術の研究開発を行っているオーストリアのAlset Global社と共同開発したもので、ガソリンタンクのほかに、カーボンファイバー製の2つの水素タンクを搭載。350barの圧力で圧縮した3.5kgの水素を積むことができる。

エンジンは6リッターV12ツインターボで、ガソリンのみ、水素のみのほか、水素とガソリンの混合状態でも走ることが可能。水素のみで走る際のCO2排出量はゼロで、排出するのは水だけとされている。

(webCG)

アストン・マーティンとAlset Global社が開発した「ラピードS」のレースカー。
アストン・マーティンとAlset Global社が開発した「ラピードS」のレースカー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラピードSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る