アストンが水素燃料併用のレースカーを開発

2013.04.15 自動車ニュース

アストン・マーティンが水素燃料併用のレーシングカーを開発

英アストン・マーティンは2013年4月12日、燃料としてガソリンと水素を併用する「ラピードS」のレーシングカーを開発、ニュルブルクリンク24時間耐久レース(決勝:5月19日〜20日)に出場すると発表した。

このレーシングカーは、アストン・マーティンが水素燃料技術の研究開発を行っているオーストリアのAlset Global社と共同開発したもので、ガソリンタンクのほかに、カーボンファイバー製の2つの水素タンクを搭載。350barの圧力で圧縮した3.5kgの水素を積むことができる。

エンジンは6リッターV12ツインターボで、ガソリンのみ、水素のみのほか、水素とガソリンの混合状態でも走ることが可能。水素のみで走る際のCO2排出量はゼロで、排出するのは水だけとされている。

(webCG)

アストン・マーティンとAlset Global社が開発した「ラピードS」のレースカー。
アストン・マーティンとAlset Global社が開発した「ラピードS」のレースカー。

関連キーワード:
ラピードSアストンマーティンモータースポーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記 「アストンマーティン・ラピードS」は不思議な存在だ。ある時はスポーツカー、またある時はフォーマルサルーン、そしてハッチゲートを開ければ“ユーティリティービークル”に早変わり。しかしてその実体は……。 特別仕様車「シャドーエディション」に試乗した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース
  • アストン・マーティン ラピードS(FR/6AT)【試乗記】 2013.8.30 試乗記