アストンが水素燃料併用のレースカーを開発

2013.04.15 自動車ニュース

アストン・マーティンが水素燃料併用のレーシングカーを開発

英アストン・マーティンは2013年4月12日、燃料としてガソリンと水素を併用する「ラピードS」のレーシングカーを開発、ニュルブルクリンク24時間耐久レース(決勝:5月19日〜20日)に出場すると発表した。

このレーシングカーは、アストン・マーティンが水素燃料技術の研究開発を行っているオーストリアのAlset Global社と共同開発したもので、ガソリンタンクのほかに、カーボンファイバー製の2つの水素タンクを搭載。350barの圧力で圧縮した3.5kgの水素を積むことができる。

エンジンは6リッターV12ツインターボで、ガソリンのみ、水素のみのほか、水素とガソリンの混合状態でも走ることが可能。水素のみで走る際のCO2排出量はゼロで、排出するのは水だけとされている。

(webCG)

アストン・マーティンとAlset Global社が開発した「ラピードS」のレースカー。
アストン・マーティンとAlset Global社が開発した「ラピードS」のレースカー。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティン ラピードS(FR/6AT)【試乗記】 2013.8.30 試乗記 スポーツカー界のサラブレッドたるアストン・マーティンのニューモデル「ラピードS」。558psの4ドアスポーツカーが放つ魅力を堪能した。
  • 装備を強化した最新の「メルセデス・ベンツSクラス」上陸 2017.8.9 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年8月9日、フラッグシップセダン「メルセデス・ベンツSクラス」のマイナーチェンジモデルを発表。同日、予約受注を開始した。価格は「S400」の1128万円から「メルセデスAMG S65ロング」の3323万円まで。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
ホームへ戻る