第3戦中国GP「タイヤが支配する週末」【F1 2013 続報】

2013.04.15 自動車ニュース
3戦目の中国GPで今季初優勝を飾ったフェラーリのフェルナンド・アロンソ(中央)、2位に入ったロータスのキミ・ライコネン(左)、3位のメルセデス、ルイス・ハミルトン(右)。(Photo=Mercedes)
第3戦中国GP「タイヤが支配する週末」【F1 2013 続報】

【F1 2013 続報】第3戦中国GP「タイヤが支配する週末」

2013年4月14日、中国の上海インターナショナル・サーキットで行われたF1世界選手権第3戦中国GP。3週間のインターバルがあったものの、第2戦マレーシアGPでのレッドブルのチームオーダー問題はこのウイークエンドにも尾を引いていた。しかしひとたびコースにマシンが散らばれば、やはりそこはいつもの戦場と化し、タイヤを巡る熾烈(しれつ)な駆け引きが繰り広げられた。

安定したラップを刻める硬めの「ミディアム」、速いが短命な「ソフト」、2種類のタイヤの使い方が戦略を大きく分けた今回、予選3位のアロンソ(写真前)は、最初にソフトを使い捨て、以降はミディアムで堅調なペースを続けて最終的に10秒もの大差をつけ優勝した。(Photo=Ferrari)
第3戦中国GP「タイヤが支配する週末」【F1 2013 続報】
予選2位のライコネンも、アロンソ同様にソフトタイヤでスタート。途中、マクラーレンのセルジオ・ペレスと接触しマシンを壊したがそのまま走行を続け、優勝した開幕戦に次ぐポディウムとなる2位でフィニッシュした。(Photo=Lotus)
第3戦中国GP「タイヤが支配する週末」【F1 2013 続報】

■レッドブル「マルチ21」の余波

マレーシアGPから3週間をあけて迎えた中国GPは、前戦に勃発(ぼっぱつ)したチームオーダーを巡るレッドブルの“騒動”に注目が集まった。

マレーシアでは、ポールシッターのセバスチャン・ベッテルからマーク・ウェバーがトップの座を奪うことに成功。1-2編隊のレッドブルは、レース終盤に向けて両車のタイヤやマシンを温存するクルージングの指示を両ドライバーに出していたのだが、ベッテルはそれを無視してコース上でチームメイトをぶち抜き、今季初勝利を手に入れた。
表彰式前、2位に甘んじたウェバーが怒りを抑えて発した言葉が「マルチ21」。後に「カーナンバー2(ウェバー)が前、同1(ベッテル)は後ろでポジションキープ」というコードであることが明かされたのだが、ウェバーに加えてチーム首脳もこのチームオーダーを破ったベッテルを非難する立場を取り、チャンピオンはレース後に謝罪することとなった。

あれから3週間、チーム内では既に決着がついていた話だったとしても、この混乱を“パドックすずめ”たちが放っておくはずはない。なぜならレッドブルとベッテルは、3年連続、合計6個ものタイトルを独り占めにしている王者。さらに25歳の最年少チャンプであるベッテルと、現役最年長36歳のウェバー、5年目のこのコンビは何かと“いわく付き”の仲でもあったのだ。
2010年第7戦トルコGPで見られた、トップ争い中の同士打ちは、二人の間の緊張関係が一気に顕在化した事件だった。さらに同年第10戦イギリスGPでも、新型ウイングをウェバーからベッテルに“付け替えた”ことでギクシャクし、2011年イギリスGPではウェバーが無線無視でベッテルを追い回したりもした

またベッテルを育てたレッドブルのアドバイザー、ヘルムート・マルコが時としてあからさまに“息子”の肩を持ちウェバーを批判することもあれば、39歳とまだ若いチーム代表のクリスチャン・ホーナーについて、今回の件で統率力の不足を指摘する声も聞こえてきた。2005年にデビューした気鋭のチャンピオンチームであるレッドブル。成功の一方で、面従腹背の側面が見え隠れしているのも事実なのである。

数々の質問が彼らに投げかけられたが、レッドブルもベッテル、ウェバーも、「マルチ21」を過去のこととして、とっとと片付けたいはず。何しろシーズンは始まったばかりで、チームの内紛にかまけているうちにライバルに先を越されたら元も子もないのだ。

実際、2009年にベッテルがポール・トゥ・ウィンでチームに初優勝をもたらしたげんのいいサーキット、上海では、難しいタイヤ戦略と、フェラーリ、メルセデスらの攻勢という難関が立ちはだかっていた。

昨年の中国GPの覇者、メルセデスは予選まで上り調子で、ハミルトン(写真)は移籍後初、自身通算27回目のポールポジションを獲得。しかしレースでは、スタート時に履いたソフトタイヤが瞬く間に劣化し、ミディアムでもアロンソ、ライコネンらライバルにかなわず、2戦連続の3位に終わる。チームメイトで前年ウィナー、ニコ・ロズベルグは、スローパンクチャーに起因するサスペンションの問題でリタイア。(Photo=Mercedes)
第3戦中国GP「タイヤが支配する週末」【F1 2013 続報】

■ハミルトン、メルセデス移籍後初のポールポジション

この週末ピレリが持ち込んだタイヤはミディアムとソフト。特にソフトタイヤは一発の速さこそ期待できるものの極端に持ちが悪く、予選では決勝を見越して、このソフトタイヤをいかに使うかということに各陣営が腐心した。

1年前の上海では、メルセデスのニコ・ロズベルグが初優勝したが、今年のフリー走行、そして予選でもメルセデス勢は好調だった。Q1、Q2、Q3とハミルトンが最速タイムを記録、2008年チャンピオンはメルセデス移籍後初のポールポジションを3戦目で獲得した。

開幕戦勝者、ロータスのキミ・ライコネンが予選2位、過去4戦の予選でチームメイトのフェリッペ・マッサに負けていたフェラーリのフェルナンド・アロンソが3番グリッドにつけた。ロズベルグ、マッサと続き、ロータスのロメ・グロジャン6番手、トロロッソで健闘したダニエル・リチャルドは7番グリッドを得た。

8位につけたマクラーレンのジェンソン・バトン、9位のベッテル、10位のザウバー駆るニコ・ヒュルケンベルグは、いずれもレースを最優先し予選で妥協したグループ。バトンは、安定したミディアムでスタートすることを選びスローなラップで計時、ベッテルとヒュルケンベルグはアタックすらしなかった。

渦中のレッドブル、ウェバーはといえば、Q2走行中ガス欠でコース脇にストップ、14番手でセッション終了。さらに規定の燃料1リッターをサンプルとして提出できなかったとして予選失格が言い渡され、最後尾からレースを始めなければならなくなった。

前戦マレーシアの“チーム内紛”で注目を集めたレッドブル勢は苦戦した。セバスチャン・ベッテルは、予選Q3でソフトタイヤを使わず、つまり上位グリッドを諦め、ミディアムを履き9番グリッドからレースをスタート。途中、同じ作戦をとったニコ・ヒュルケンベルグに前を走られタイムをロスしたが、4位でフィニッシュ。(Photo=Red Bull Racing)
第3戦中国GP「タイヤが支配する週末」【F1 2013 続報】

■ソフトタイヤ、たった数周で寿命

上位7台がほんの数周でデグラデーション(タレ)が起きるソフトタイヤを履き、その真後ろには長持ちミディアムでスタートするマシンが3台 ── レースはタイヤ戦略を異にするドライバーによる興味深い戦いとなったが、結果的には、ソフト・スタート組が表彰台を独占することとなった。

スタートでトップを守ったハミルトンの後ろには、鈍い滑り出しのライコネンを早々に抜いて、抜群の蹴り出しをみせたフェラーリの2台、アロンソとマッサ。ライコネンは4位に落ち、5位ロズベルグ、6位グロジャン、7位リチャルド、8位バトン、9位ベッテル、10位ヒュルケンベルグというトップ10で、56周レースのオープニングラップを終えた。

最後尾のウェバーはピットスタートを選択、1周でソフトを捨て追い上げを狙ったが、15周目、トロロッソのジャン=エリック・ベルニュと接触、翌周ダメージ修復とタイヤ交換のためピットに飛び込んだが、コースに出るとホイールが外れてしまいリタイアとなった。

首位ハミルトンは4周目、ペースが一気に鈍化。早くもソフトタイヤが限界に達しており、翌周アロンソとマッサに相次いでオーバーテイクされ、ピットに飛び込むこととなった。アロンソ、ライコネンも次のラップ、マッサも7周目を終えてソフトからミディアムにスイッチした。

これでトップに立ったヒュルケンベルグ、2位ベッテル、3位バトンはミディアムで好調なペースを刻んだが、とはいえ彼らも1回は超短寿命のソフトを履かなければならない。ベッテルはこの時点でヒュルケンベルグに鼻っ面をおさえられタイムを失ったとレース後に語っている。

今年のマシンに手を焼くマクラーレン勢。ジェンソン・バトン(写真)は、予選8位からミディアムスタートの2ストップという奇策に打って出て、結果5位完走。チームメイトのペレスは12番グリッドからポイント圏外の11位でゴールした。この常勝チームは現在コンストラクターズチャンピオンシップ5位、フォースインディアと同じ14点しか獲得できていない。(Photo=McLaren)
第3戦中国GP「タイヤが支配する週末」【F1 2013 続報】
マレーシアでの「マルチ21」発言が尾を引いたマーク・ウェバーだったが、コース上では踏んだり蹴ったりだった。予選Q2途中で燃料切れによりマシンストップ。14番グリッドは、その後の燃料検査規定違反により予選失格となり最後尾へ。レースでは気を取り直しピットレーンスタートで追撃に出たが、レッドブルのシスターチーム、トロロッソのジャン=エリック・ベルニュと接触。その直後にピットインするものの、タイヤがしっかりと装着されておらず脱輪、リタイアとなった。レース後、ベルニュとの接触の責任を問われ、次のバーレーンGPでは予選順位3つ降格のペナルティーが科されることになった。(Photo=Red Bull Racing)
第3戦中国GP「タイヤが支配する週末」【F1 2013 続報】

■3戦して3人目のウィナー

“ソフト組”と“ミディアム組”がパラレルでそれぞれのレースフェーズを迎えるなか、ソフトからミディアムに変えたアロンソのペースは群を抜き、ミディアム勢のみならず同じ作戦をとった他のソフトスターターにも勝っていた。

41周を過ぎ、アロンソが3度目にして最後のピットストップを終えると、もう1回タイヤ交換をしなければならないベッテルの後ろでコースに復帰。次のラップでフレッシュタイヤのフェラーリがレッドブルを軽々と追い抜いてしまうと、もう勝者は決まったようなものだった。

2位に落ちた“ミディアム組”のベッテルは、アロンソから置いていかれるばかり。残り5周でソフトに換装した時には順位は4位まで下がったが、ニューソフトタイヤゆえの別格の速さで、“ソフト組”の2位ライコネン、3位ハミルトンを最後まで追いつめ、ハミルトンに0.2秒差まで詰め寄ってチェッカードフラッグを受けた。

アロンソとフェラーリは今季初、2005-2006年チャンピオンは自身通算31回目、そして実に昨年夏の第10戦ドイツGP以来となる久々の勝利の美酒を味わった。
2位ライコネンに10秒という大差をつけての圧勝だったが、今後のシーズンの見通しについては浮かれた調子は感じられなかった。「まだ時期が早すぎる。真のタイトル挑戦者がわかるには、夏以降を待たないと」。

開幕戦でロータス&ライコネン、第2戦はレッドブル&ベッテル、そして今回フェラーリとアロンソがレースを支配した。最初の7戦で7人の勝者が生まれた昨年同様、混戦模様の2013年シーズンとなるが、真にレースを支配しているのはどこかのチームでもドライバーでもなく、タイヤであるということも、昨季と変わっていない。

バック・トゥ・バックで迎える次戦はバーレーンGP。決勝は4月21日に行われる。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。