クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】335iグランツーリスモ:全長×全幅×全高=4824×1828×1508mm/ホイールベース=2920mm/車重=1650kg(DIN)/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1200-5000rpm)/燃費=13.0km/リッター(EUサイクル複合モード)(欧州仕様車)

BMW 335iグランツーリスモ(FR/8AT)/320dグランツーリスモ(FR/8AT)【海外試乗記】

「3シリーズ」の拡大解釈 2013.04.14 試乗記 BMW 335iグランツーリスモ(FR/8AT)/320dグランツーリスモ(FR/8AT)

大きなボディーとハッチゲートを持つクロスオーバーモデル「グランツーリスモ」が「3シリーズ」にも加わった。“拡大”されたのは機能性だけだろうか。イタリア・シチリア島からの第一報。

「3シリーズ ロング」の副産物?

次期モデルではクーペが独立して「4シリーズ」を名乗ることが既定路線となっている「BMW 3シリーズ」だが、バリエーションが減るというわけではない。新たな仲間として、その名も「3シリーズ グランツーリスモ」(以下3シリーズGT)が加わるからだ。

率直な印象として、「5シリーズGT」が大成功を収めているようには見えないだけに、なぜさらに3シリーズでも? と疑問に思わないではないが、BMWの思惑としては、北米と中国では好調だという5シリーズGTに対して、こちらはヨーロッパでもしっかり地盤を固めたいのだという。もちろん、日本でも担う役割は一緒である。

そのフォルムは5シリーズGTと同様に、SUVとの中間的な雰囲気の、背の高い5ドアハッチバックとなる。外形寸法は全長4824×全幅1828×全高1508mmと、3シリーズとしては相当に大きい。何しろ全長は200mm、全高は81mmも増えているのだ。ホイールベースは110mmも長い2920mm。実はこれ、中国市場専用車の「3シリーズ ロング」用である。「せっかくだから、これを生かしてもう1台……」というのも、きっと開発の動機の一部だったに違いない。

「3シリーズ」にも「グランツーリスモ」が登場。ダイナミックな「セダン」の遺伝子と、機能性と汎用(はんよう)性の高さという「ツーリング」の魅力がひとつになったとうたわれる。
「3シリーズ」にも「グランツーリスモ」が登場。ダイナミックな「セダン」の遺伝子と、機能性と汎用(はんよう)性の高さという「ツーリング」の魅力がひとつになったとうたわれる。 拡大
インストゥルメントパネルはセダンなどと共通。前席のシートポジションが59mm高くなっているために、ドライバーのアイポイントもそれに応じて高まる。
インストゥルメントパネルはセダンなどと共通。前席のシートポジションが59mm高くなっているために、ドライバーのアイポイントもそれに応じて高まる。 拡大
「335iグランツーリスモ」に搭載される3リッター直6ターボエンジンは306psと40.8kgmを発生。
「335iグランツーリスモ」に搭載される3リッター直6ターボエンジンは306psと40.8kgmを発生。 拡大

後席がくつろげる空間に

この大きなボディーのおかげで、室内は余裕が相当増している。前席はシートポジションが59mm高くなっているが、その上で頭上空間も拡大。インストゥルメントパネルはセダンなどと共通だから、少々不思議な感覚だ。そして後席は、足元スペースが前後方向に実に70mmも伸ばされ、シート自体も平板ではなく、バックレストがドアトリムに向かってラウンドしていくような形状とされて、いい意味で3シリーズらしからぬくつろげる空間となった。かつての「マツダ・ペルソナ」を思い出す……なんて、通じる人がいるのか心配だが、まさにそんな雰囲気である。

荷室は通常時で容量520リッター。これは何と「ツーリング」より25リッター大きい。後席バックレストは3分割可倒式で、リクライニング調整もできる。ただし、5シリーズGTのようなバックレスト背後のセパレーションボードは備わらないし、リアゲートもトランクリッドだけ分割して開くような凝ったものではない、ごく一般的なかたちとなる。

ほとんど5シリーズにも匹敵するサイズだけに、室内の広さも荷室容量の大きさも、当然といえば当然ではある。では走らせてみたら、どうなのか。

全高はセダンより81mmも高い。ドライバーのアイポイントが高まっただけでなく、頭上の空間も広くなっている。
全高はセダンより81mmも高い。ドライバーのアイポイントが高まっただけでなく、頭上の空間も広くなっている。 拡大
ホイールベースは110mm延長された。それに伴い、後席の足元の空間が70mm拡大されている。
ホイールベースは110mm延長された。それに伴い、後席の足元の空間が70mm拡大されている。 拡大
広いトランクも見どころのひとつ。通常時は520リッター、最大で1600リッターまで広がる。
広いトランクも見どころのひとつ。通常時は520リッター、最大で1600リッターまで広がる。 拡大

フットワークは俊敏

今回、主に試乗したのは直列6気筒3リッターターボエンジンを積む「335i Mスポーツ」。こちらはまずボディーの類いまれな剛性感にあらためて驚かされることとなった。110mmもホイールベースが伸びて、大開口のリアゲートまで備えるのに、それがまったくネガな印象につながっていないのは見事である。

サスペンションは、セダンやツーリングのMスポーツよりも硬めという印象。背が高い分、仕方のないところかもしれない。フットワークは、それこそ5シリーズにかなり近いそのサイズを考えれば極めてスポーティーで、あらゆる反応が俊敏だ。もっとも、操舵(そうだ)した瞬間にノーズが切れ込み、そして後輪がクルマをイン側に蹴り込むかのような3シリーズ セダン、ツーリングと比べれば、ノーズが反応した後の動きは穏やかではある。

エンジンは文句なしにパワフルで、回り方も気持ち良い。力強さも十分で、仮に大荷物を積み込んだとしても、余裕を感じさせてくれるだろう。

なお、わずかな時間ながらノーマルサスペンションの「320d」にも乗ることができたのだが、こちらの印象は相当に良かった。乗り心地は格段にしなやかで、長いホイールベースと相まって、実に快適なツーリング性能を獲得している。個人的には、クルマのキャラクターにはこちらのノーマルのシャシーの方が断然合っていると感じた。エンジンも、やはり同様である。

他の「3シリーズ」と同様に、「スポーツ」「ラグジュアリー」「モダン」という3種のデザインラインと、スポーティーさを強調した「Mスポーツ」パッケージが用意されている。試乗車は「335i Mスポーツ」。
他の「3シリーズ」と同様に、「スポーツ」「ラグジュアリー」「モダン」という3種のデザインラインと、スポーティーさを強調した「Mスポーツ」パッケージが用意されている。試乗車は「335i Mスポーツ」。 拡大
テールゲートの後端には、BMWモデルとしては初めての試みとなるアクティブリアスポイラーが備わる。
テールゲートの後端には、BMWモデルとしては初めての試みとなるアクティブリアスポイラーが備わる。 拡大
「320dグランツーリスモ」に搭載される2リッター直4ディーゼルターボユニットは184psと38.7kgmを発生する。
「320dグランツーリスモ」に搭載される2リッター直4ディーゼルターボユニットは184psと38.7kgmを発生する。 拡大

“遊び心”や“豊かさ”も標準装備

3シリーズGTのターゲットは、快適性や積載性などの機能を重視する一方で、スタイリッシュさも両立させたいと願うユーザーだという。「ツーリングじゃいけないの?」と言いたくなるが、現行3シリーズ ツーリングは先代よりも外観を、より実用性を想起させる方向に振っている。その背景には、このGTの存在があったのだろう。

とは言いつつ、ぼってりとした5シリーズGTに比べれば相当良いとは思いながらも、これが劇的なまでにスタイリッシュかと訊(き)かれたら、個人的には答えに窮するというのが正直なところ。カタチとしてのカッコ良さだけでなく、SUV的な遊び心、もしくは豊かな雰囲気こそが、この3シリーズ グランツーリスモというクルマの見るべきポイントなのかもしれない。

夏ごろまでには上陸するという日本仕様は、今回試乗できた335iを筆頭とするガソリンエンジン搭載車のみ。これだけ支持されているというのに、何でディーゼルを入れないのかは理解に苦しむところである。グランツーリスモを名乗るこのクルマには、これこそぴったりのパワートレインではないだろうか。

(文=島下泰久/写真=BMWジャパン)

【スペック】320dグランツーリスモ:全長×全幅×全高=4824×1828×1508mm/ホイールベース=2920mm/車重=1575kg(DIN)/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/4000rpm、38.7kgm/1750-2750rpm)/燃費=20.4km/リッター(EUサイクル複合モード)(欧州仕様車)
【スペック】320dグランツーリスモ:全長×全幅×全高=4824×1828×1508mm/ホイールベース=2920mm/車重=1575kg(DIN)/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/4000rpm、38.7kgm/1750-2750rpm)/燃費=20.4km/リッター(EUサイクル複合モード)(欧州仕様車) 拡大
セダンなどとは異なり、サッシュレスドアが採用されている。
セダンなどとは異なり、サッシュレスドアが採用されている。 拡大
2013年の夏以降に、4WDドライブトレインを備える「xDrive」仕様と、パワフルなディーゼルモデル「325dグランツーリスモ」が加わる予定。ただし日本では、ガソリンエンジン搭載車だけが販売される見込み。
2013年の夏以降に、4WDドライブトレインを備える「xDrive」仕様と、パワフルなディーゼルモデル「325dグランツーリスモ」が加わる予定。ただし日本では、ガソリンエンジン搭載車だけが販売される見込み。 拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事