【スペック】全長×全幅×全高=5020×2140×1350mm(全幅はサイドミラー含む)/ホイールベース=2989mm/車重=1990kg/駆動方式=FR/6リッターV12DOHC48バルブ(558ps/6750rpm、63.2kgm/5500rpm)(欧州仕様車)

アストン・マーティン ラピードS(FR/6AT)【海外試乗記】

正真正銘のスポーツカー 2013.04.16 試乗記 アストン・マーティン ラピードS(FR/6AT)


アストン・マーティンの4ドア4シーターモデル「ラピード」が、次世代モデル「ラピードS」へと進化。その走りは、どう変わったのか? スペインのワインディングロードで試した。

単なる追加グレードにあらず

「新しい技術って、何だろうね。素晴らしいエンジンに、素晴らしいスタイル、素晴らしいボディーとシャシー……ほかに何が、スポーツカーに必要だっていうんだ?」

試乗前夜、自らもレーシングドライバーとしてニュルブルクリンク24時間レースなどに出場しているアストン・マーティンのボス、ウルリッヒ・ベッツ氏は、カタルーニャの郷土料理と地元自慢のワインを堪能するわれわれに、そう語りかけた。今年のジュネーブショーに登場した“馬力自慢”たちの話題になった際、無粋な誰かがドクター・ベッツに「アストン・マーティンはハイブリッドのような新技術で対抗しないのか?」と質問したからだ。

応えて彼は、こうも言った。
「1000馬力なんて、いったいどこの誰が操れるっていうんだ? スポーツカーに最も必要なのは、自分で運転して楽しいという感覚だろう? なあ、君たちもそうは思わないか!?」

「ラピードS」は、2009年のフランクフルトショーでデビューした「ラピード」の“追加グレード”ではなく、その“後継モデル”として、くだんのジュネーブショーでデビューした。4ドアのアストン・マーティンは、正式名=アストン・マーティン・ラゴンダ社にとって突然変異でも何でもなく、60年代に存在した「ラゴンダ・ラパイド」にその名の起源を求めることができる。
後継モデルとはいうものの、基本的なスタイリングは従来モデルとほぼ変わらない。フロントマスクと、トランクリッドの“つまみ上げ”が大きくなった程度である(もちろん十分なダウンフォースを得るためだ)。けれども、見ためにも「なかなか変わったぞ」と思えてしまうのは、大きな、とても大きなグリルが新たに与えられたからだろう。

ショーでは、ナンバープレートのない状態で飾られていた。だから、グリルの存在が余計に強調されてしまったきらいもある。中央のやや下方にプレートを置いてみれば、過激さも少し影を潜めるし、なにより伝統の作法にのっとった形状ゆえ、大きくても不思議と下品にはならず、嫌みにも映らない。

「アストン・マーティン ラピードS」は、5mを超える全長と3m近いホイールベースを有する大柄な4ドアモデル。従来型の「ラピード」は2009年に登場し、日本では翌2010年2月に披露された。
「アストン・マーティン ラピードS」は、5mを超える全長と3m近いホイールベースを有する大柄な4ドアモデル。従来型の「ラピード」は2009年に登場し、日本では翌2010年2月に披露された。
運転席まわりのデザインはクーペ「DB9」の流れをくむものだが、電動式パーキングブレーキは、レバー式のそれとは異なる。
運転席まわりのデザインはクーペ「DB9」の流れをくむものだが、電動式パーキングブレーキは、レバー式のそれとは異なる。
大人2人が余裕を持って座れる後席は、現行アストンの中で「ラピードS」だけに備わるもの。左右の席を分かつセンターコンソールや、ピラーに沿って切れ上がるドアの造形が特徴的だ。
大人2人が余裕を持って座れる後席は、現行アストンの中で「ラピードS」だけに備わるもの。左右の席を分かつセンターコンソールや、ピラーに沿って切れ上がるドアの造形が特徴的だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラピードSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る