第177回:交通安全を「足元」から支える 
ブリヂストンの安全啓発イベントをリポート

2013.04.16 エッセイ

第177回:交通安全を「足元」から支える ブリヂストンの安全啓発イベントをリポート

「春の全国交通安全運動」の時期ということもあり、日本全国で安全にまつわる取り組みが実施される4月。自動車メーカーはもちろん、タイヤメーカーもこの時期にはさまざまなイベントやセミナーを催している。そこで今回は、ブリヂストンが2013年4月8日に実施した、メディア向けの安全啓発イベントの模様をリポートしよう。

消費者はもちろん作業現場の安全も大事

「ボン」という大きな音がして、タイヤのそばに立っていた黒いダミー人形が吹っ飛ぶ。あっという間の出来事で、最初の実験では、カメラを構えていたのにシャッターが間に合わなかった。

これはブリヂストンが実施した安全に関する取り組み説明会のひとコマ。大型トラック用タイヤの空気充てん作業中に発生する、破裂事故を再現したものだ。

ブリヂストンといえば、押しも押されもしないタイヤメーカーの最大手だ。それだけに安全に関する取り組みにも積極的で、11年ほど前から「タイヤセーフティー活動」の名のもとにさまざまなセミナーやイベントを開催。空気圧の点検や残り溝のチェック、買い替え時期の確認といった、タイヤの日常点検の重要性を訴えてきた。

またこうした「消費者の安全」に加えて、ブリヂストンでは販売店における「作業安全」も重視。安全に作業をするための用品の開発や、マニュアルの製作、「技能オリンピック」の開催など、幅広い取り組みを通して安全性の向上に努めてきた。

冒頭のバースト実験は、こうした活動の一環である販売店向けの安全作業講習会において実施されているものだ。実はタイヤへの空気充てん作業中の事故は、ブリヂストンが把握しているものだけでも年に10〜30件のペースで発生。時には作業員が命を落とすケースもあるのだとか。
この実験は、そうした事故の危険性と、作業安全の重要性を知ってもらうために実施しているものなのだ。

【エディターから一言】 第177回:交通安全を「足もと」から支える ブリヂストンの安全啓発イベントをリポート
タイヤから噴出した高圧の空気に吹き飛ばされるダミー人形。
【エディターから一言】 第177回:交通安全を「足もと」から支える ブリヂストンの安全啓発イベントをリポート
ブリヂストンの交通安全に関する取り組みについて説明する、ブリヂストン代表取締役CEOの西海和久氏。
【エディターから一言】 第177回:交通安全を「足もと」から支える ブリヂストンの安全啓発イベントをリポート

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ