第176回:キャデラックの安全技術を体験

2013.04.16 エッセイ

第176回:キャデラックの安全技術を体験

ゼネラルモーターズ・ジャパンが、自社の安全技術をアピールするプレス試乗会「アドバンスド・セーフティ・フィーチャー」を、神奈川県は大磯プリンスホテルで開催した。広い駐車場に用意されたクルマは、“エントリー・ラグジュアリー・スポーツセダン”こと「キャデラックATS」と、“ラグジュアリー・クロスオーバーSUV”の「キャデラックSRXクロスオーバー」である。

シートが振るえて知らせる

クローズドの特設会場で体験できたのは、「オートマチック・ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ、前進/後退)」「アダプティブ・クルーズ・コントロール(全車速追従機能)」「サイド・ブラインドゾーン・アラート」「レーン・ディパーチヤー・ウォーニング(LDW:車線逸脱警告機能)」の4種類。ボルボやメルセデス・ベンツの各車にも同様の機能が搭載され、盛んに説明会・試乗会が開かれているが、GMも先進技術では負けていない、否、むしろ先んじている、というのが、ゼネラルモーターズ・ジャパンの主張である。

「キャデラックATS/SRX」は、自車のまわりを、長短距離用2種類のレーダーと、前後のカメラで監視する。短距離の障害物確認用に、例えばボルボが使う赤外線レーザーではなく、超音波センサーを用いるのがハードウエア面での特徴といえる。とはいえ、その使用目的に違いはない。

ユーザーにとって重要なのは、危険を知らせる方法が、警告音だけではないこと。ドライバーズシートには、シートクッション左右にバイブレーターが内蔵され、事故発生の危険を検知した場合、振動で運転者に注意を喚起する。「セーフティ・アラート・ドライバーシート(SADS:警告振動機能)」と名付けられたユニークな運転席が、ATSには全車、SRXには、上級版の「プレミアム」に搭載される。

バイブレーター付きシートが最も活躍するのは、「レーン・ディパーチヤー・ウォーニング」だろう。カメラが白線(車線境界線)を検知して、方向指示器を出さずに白線を踏んだりすると、ドライバーはお尻に振動を感じる。クルマが踏んだのは右の白線か、はたまた左か、をシートクッション左右どちらかを振るわすことで認識させる親切機能付き。あってはならないことだが、つい居眠りをしてしまった場合などに、ありがたい。また、道が狭く、他車とすれ違ったり、路上駐車車両を避けるために、ひんぱんに白線を踏まざるを得ない場合もある。運転席だけのバイブレーション機能なら、警告音で助手席の人をわずらわしく感じさせることもない。もちろん、ビープ音を発生させることも可能だ。

試乗したのは「キャデラックATS」(写真左)と「キャデラックSRXクロスオーバー」(写真右)の2車種。
試乗したのは「キャデラックATS」(写真左)と「キャデラックSRXクロスオーバー」(写真右)の2車種。
「キャデラックATS/SRX」は前後のカメラ、超音波センサー、短距離レーダー、中・長距離レーダーを搭載する。
「キャデラックATS/SRX」は前後のカメラ、超音波センサー、短距離レーダー、中・長距離レーダーを搭載する。
「レーン・ディパーチヤー・ウォーニング」の警告はメーターパネル内にも表示される。
「レーン・ディパーチヤー・ウォーニング」の警告はメーターパネル内にも表示される。
危険が迫っている方向に合わせ、左右のシートクッションが細かく振動する。(写真=ゼネラルモーターズ)
危険が迫っている方向に合わせ、左右のシートクッションが細かく振動する。(写真=ゼネラルモーターズ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ