【スペック】ガヤルドLP560-4スパイダー:全長×全幅×全高=4345×1900×1184mm/ホイールベース=2560mm/車重=1550kg/駆動方式=4WD/5.2リッターV10DOHC40バルブ(560ps/8000rpm、55.1kgm/6500rpm)/価格=2714万7750円(テスト車=2912万5740円)

ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4スパイダー/ガヤルドLP560-4/ガヤルドLP550-2【試乗記】

ガヤルドここに極まる 2013.04.20 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4スパイダー(4WD/6AT)/ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)/ガヤルドLP550-2(MR/6AT)……2912万5740円/2701万2720円/2436万円

早いものでデビューから11年目に入った「ガヤルド」シリーズ。“最終型”ともささやかれる現行型の仕上がり具合を、沖縄は宮古島で試した。

これが“最終型”?

ソフトトップが開いて、頭上に青空が広がるまでに20秒。暖かい宮古島の気配が、「ガヤルドLP560-4スパイダー」のキャビンに流れこんできた。ちょっと湿気を含んだ南国の空気に体を慣れさせるのに、20秒はちょうどいい時間だ。

われわれを待っていたガヤルドは3台。LP560-4スパイダーと、そのクーペモデルの「LP560-4」、そして後輪駆動モデルの「LP550-2」である。前二者は、2012年秋のパリモーターショーで外観に手直しを受け、ランボルギーニデザインの象徴ともいえる三角形と台形がノーズとテールにあしらわれた。少なくともカタログ上では、エンジンやトランスミッションなど、主要なメカニズムには変更はない。そして、このモデルがどうやらシリーズの最終型であるらしいことは、ファンの間ではもはや公然の秘密となっている。気付けばガヤルドもデビューから11年目に入った。早いものだ。

初めから結論じみたことを言ってしまうと、今回あらためてガヤルドに乗ってみて、今がおそらく「旬」では? と感じた次第だ。各所に余裕をもたせて設計されたスーパーカーといえども、10年もたてば何かしらの古さを感じさせてしかるべきだ。2003年春のデビュー時には500psだった5リッターV10エンジンも、今では5.2リッターに拡大され、パワーも560psに達している。それに応じて、標榜(ひょうぼう)する最高速も309km/hから325km/hに上昇した。どこかに無理が生じても仕方ないはずだ。

しかし“最終型”には、その気配がほとんど見られない。構造的にまだ余力を残し、しかも脂がのっている気配すらあるのだ。

ランボルギーニデザインの象徴となっている三角形と台形のモチーフがあしらわれた最新の「ガヤルドLP560-4スパイダー」。「アポロ・ポリッシュド」と呼ばれる新しい19インチアルミホールが足もとを引き締める。
ランボルギーニデザインの象徴となっている三角形と台形のモチーフがあしらわれた最新の「ガヤルドLP560-4スパイダー」。「アポロ・ポリッシュド」と呼ばれる新しい19インチアルミホールが足もとを引き締める。
ファブリックのソフトトップを開け放つのに要する時間は20秒。ルーフ開閉システムは電動ポンプや油圧アクチュエータ―などによって構成される。車重は1550kg。クーペバージョンと比べて140kg重い(いずれも乾燥重量)。
ファブリックのソフトトップを開け放つのに要する時間は20秒。ルーフ開閉システムは電動ポンプや油圧アクチュエータ―などによって構成される。車重は1550kg。クーペバージョンと比べて140kg重い(いずれも乾燥重量)。
リアエンドにも三角形と台形のモチーフがあしらわれた。パワーユニットのエアアウトレットがより幅広くなった結果、放熱性能が向上しているという。
リアエンドにも三角形と台形のモチーフがあしらわれた。パワーユニットのエアアウトレットがより幅広くなった結果、放熱性能が向上しているという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガヤルドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る