第449回:ロングドライブで分かった「マツダCX-5ディーゼル」の本質 これは前代未聞の“肉食系エコカー”だっ!!

2012.03.30 エッセイ

第449回:ロングドライブで分かった「マツダCX-5ディーゼル」の本質これは前代未聞の“肉食系エコカー”だっ!!

カタチは違えど、どちらもエコカー

やはりクルマは、走ってナンボ……久々に、走ったからこそ分かることがあるって痛感してしまいましたよ。そ、最近話題の新生エコカー、クリーンディーゼル版の「マツダCX-5」だ。

というのも、不肖・小沢はラッキーなことに、先日このクルマと「トヨタ・プリウスα」とで、東京〜福岡間約1000kmを走破できた。

確かに、クリーンディーゼルエンジンを積んだSUVとハイブリッドのミニバンじゃ、見た目もクラスも異なっている。ユーザー層も、結構違っているような気もする。
ところが、いま自動車に関する世間の最大の関心事は、「エコ」=「燃費」。そういう意味で、この2台はライバル同士。その比較には、意義があるのだ〜っ!

2.2リッターの新作クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を搭載した「マツダCX-5 XD(クロスディー)」は、258万円の低価格から買えるお手軽なモデルにして、燃費は最もいいグレードで10・15モードがリッター20km。JC08モードが18.6km! 
かたや「トヨタ・プリウスα」は、スタート価格が同じ250万円前後で、10・15モードの燃費は、リッター31.0km。JC08モードだと26.2km。ディーゼルとガソリンの違いもあるが、どちらも環境性能はクラストップレベルだし、「ディーゼルはハイブリッドに比べて、高速道路での燃費に強い」とよく言われることを考えると、意外にいい勝負をする可能性もある。ってなわけで、実際に比べてみたわけ。いざ、勝負だ勝負〜!!

……って、途中経過をハショっていきなり結論言っちゃうと、東京から福岡まで1000kmチョイ、主に高速を使って100km/h前後で走ったところ、実燃費は「プリウスα S(5人乗り)」のFF車がリッター20.3kmで、「CX-5 XD」の4WD車がリッター17.8kmと、プリウスαの圧勝! 数字の上では、一応ハイブリッドカーの優位性が実証できた。

とはいえ、回生ブレーキを全く使わないCX-5の17km台後半という値もすごいし、燃料の価格差まで考えると、また結果は違ってくる。
このテストをした時点ではレギュラーガソリン1リッターは141.4円で、軽油が122.2円。結果、走行1km当たりのコストを考えると、プリウスαが7.0円で、CX-5が6.9円と微妙に逆転する!
コスト的には、CX-5の勝ち。エコロジーでは一歩譲ったが、エコノミーなのだった。

今回の主役はこちらの2台。「マツダCX-5 XD」(写真左)と「トヨタ・プリウスα S(5人乗り)」を長距離で乗り比べてみた。
今回の主役はこちらの2台。「マツダCX-5 XD」(写真左)と「トヨタ・プリウスα S(5人乗り)」を長距離で乗り比べてみた。
「トヨタ・プリウスα」は、2011年5月に発売された3列シートのハイブリッドカー。今回は、2列シートの5人乗り仕様でテストした。
「トヨタ・プリウスα」は、2011年5月に発売された3列シートのハイブリッドカー。今回は、2列シートの5人乗り仕様でテストした。
ハイブリッドカーの代名詞「プリウス」と異なる、左右対称なデザインが採用された「プリウスα」の運転席まわり。
ハイブリッドカーの代名詞「プリウス」と異なる、左右対称なデザインが採用された「プリウスα」の運転席まわり。

第449回:ロングドライブで分かった「マツダCX-5ディーゼル」の本質 これは前代未聞の“肉食系エコカー”だっ!!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』