「VWパサート」が駐車支援システムを初採用

2013.04.10 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・パサート TSIハイライン」
「VWパサート」が上級グレードにナビを標準化

フォルクスワーゲン、「パサート」「パサートヴァリアント」に駐車支援システムを初採用

フォルクスワーゲン グループ ジャパン2013年4月10日、「パサート」と「パサートヴァリアント」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

「パサートヴァリアント TSIハイライン」
「VWパサート」が駐車支援システムを初採用

今回の変更では、上級グレード「TSIハイライン」の装備を強化。パサートシリーズとしてはこれが初採用となる駐車支援システム「Park Assist」をはじめ、フルカラーマルチファンクションインジケーターや純正ナビゲーションシステム「712SDCW」などが標準装備となった。

このほかにも、「TSIハイライン」はアルミホイールを10スポークの新しいデザインに変更。へーシックグレードの「TSIコンフォートライン」には、新たにデザートベージュの内装が設定された。

価格は以下の通り。
・パサート TSIコンフォートライン:324万円
・パサート TSIハイライン:399万円
・パサートヴァリアント TSIコンフォートライン:346万円
・パサートヴァリアント TSIハイライン:422万円

(webCG)

関連キーワード:
パサートフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートTSIハイライン/パサートヴァリアントTSI Rライン【レビュー】 2015.9.11 試乗記 分かりやすいアイコンではなく「フォルクスワーゲンらしさ」で勝負!?  “バラエティ自動車ジャーナリスト”こと小沢コージが新型「パサート」に試乗。メルセデス・ベンツともBMWとも異なる、フォルクスワーゲンならではのプレミアム戦略を語る。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSI Rライン/パサートTSIハイライン【試乗記】 2015.7.16 試乗記 通算で8代目となる新型「フォルクスワーゲン・パサート/パサートヴァリアント」に試乗。全方位的に進化して、実用性やクオリティーが一段と高まったというミドルサイズ“ワーゲン”のゴキゲン具合やいかに? 試乗会からの第一報。
  • フォルクスワーゲン・パサートTSIハイライン(FF/6MT)【海外試乗記】 2014.10.24 試乗記 フォルクスワーゲンの代表的セダン「パサート」がフルモデルチェンジ。日本にも導入が予定される、最新型の仕上がりは……? 発売に先駆け、イタリアのサルデーニャ島で試乗した。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記
  • 第1回 新グレード「TSIエレガンスライン」を試す 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR>