【スペック】全長×全幅×全高=4530×1840×1645mm/ホイールベース=2725mm/車重=1600kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/燃費=11.7km/リッター(JC08モード)/価格=330万円(テスト車=同じ)

プジョー5008シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】

プジョー5008シエロ(FF/6AT) 2013.04.24 試乗記 ……330万円
総合評価……★★★★

ミニバン大国・日本に、プジョーが満を持して投入したミドルサイズモデルの「5008」。ファミリーカーの生命線ともいえる使い勝手と、プジョーならではの走りの魅力を検証した。

プジョーが造るとミニバンはこうなる

合法的に7人乗れるかどうかだけでなく、7人が快適にという条件に対しても、どのシートに高齢者が乗っても快適か、という問いに対しても、イエスと答えられる数少ない車だろう。
動力性能では高性能な車はあまたあるが、乗り心地が快適で燃料経済性にすぐれた車は案外少ない。日本の道路では高速道路にはSAがあり一般道には道の駅が完備しており、一度に連続して走る距離は短いから疲れることも少ないのだろうが、ドライバー心理として一気にシューンと走り切りたい人もいるだろう。そんな用途にプジョーのミニバンは最適な一台。太いタイヤを履くスポーツタイプは別として、過去にプジョーの実用車を使ったことのある人が「プジョーの造るミニバンはこうなるだろう」と想像する、その期待を裏切らない上々の出来といえるだろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー5008シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2013.4.24 試乗記 ……330万円 総合評価……★★★★ ミニバン大国・日本に、プジョーが満を持して投入したミドルサイズモデルの「5008」。ファミリーカーの生命線ともいえる使い勝手と、プジョーならではの走りの魅力を検証した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
ホームへ戻る