クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4530×1840×1645mm/ホイールベース=2725mm/車重=1600kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/燃費=11.7km/リッター(JC08モード)/価格=330万円(テスト車=同じ)

プジョー5008シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】

プジョー5008シエロ(FF/6AT) 2013.04.24 試乗記 ……330万円
総合評価……★★★★

ミニバン大国・日本に、プジョーが満を持して投入したミドルサイズモデルの「5008」。ファミリーカーの生命線ともいえる使い勝手と、プジョーならではの走りの魅力を検証した。

プジョーが造るとミニバンはこうなる

合法的に7人乗れるかどうかだけでなく、7人が快適にという条件に対しても、どのシートに高齢者が乗っても快適か、という問いに対しても、イエスと答えられる数少ない車だろう。
動力性能では高性能な車はあまたあるが、乗り心地が快適で燃料経済性にすぐれた車は案外少ない。日本の道路では高速道路にはSAがあり一般道には道の駅が完備しており、一度に連続して走る距離は短いから疲れることも少ないのだろうが、ドライバー心理として一気にシューンと走り切りたい人もいるだろう。そんな用途にプジョーのミニバンは最適な一台。太いタイヤを履くスポーツタイプは別として、過去にプジョーの実用車を使ったことのある人が「プジョーの造るミニバンはこうなるだろう」と想像する、その期待を裏切らない上々の出来といえるだろう。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
日本市場に初めて導入された、プジョーの3列7シーター。日本発売は2013年2月のことだが、ヨーロッパでは2009年11月に販売を開始しており、累計生産台数はすでに20万台にのぼる。
共通のプラットフォームや1.6リッター直噴ターボエンジンなど、車両の基本は先般まで販売されていた「シトロエンC4ピカソ」に近いものだが、トランスミッションはC4ピカソがロボタイズドMTだったのに対し、こちらはトルコン式の6段ATを採用している。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4530×1840×1645mm。日本で主流の2リッター箱型ミニバンと比べると、短く、低く、幅広く、「マツダ・プレマシー」や「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に近いディメンションとなっている。シートは7席すべてを独立してレイアウト。2列目、3列目の収納は床下格納式で、最大で2506リッターのフラットな荷室空間を提供。全席に3点式シートベルトを採用するほか、前席から3列目席まで、すべてのサイドウィンドウをカバーするカーテンエアバッグを標準装備するなど、安全性にも配慮がなされている。

(グレード概要)
ラインナップは「プレミアム」と「シエロ」の2種類。テスト車は上級グレードのシエロで、ディスチャージヘッドライトやパノラミックガラスルーフ、ルーフレール、ヘッドアップディスプレイ、ディスタンスアラートなどを標準装備するほか、ホイールも一回り大きな17インチとなっている。またシエロのみに本革シートの「レザーパッケージ」やリアエンターテインメントシステムの「ビデオパッケージ」がオプション設定されているが、今回のテスト車はいずれも非装着だった。

ライバルの「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」と比べると、全長は125mm、全幅は45mm大きく、全高は25mm低い。
ライバルの「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」と比べると、全長は125mm、全幅は45mm大きく、全高は25mm低い。 拡大
ルームミラーは2つ。車両後方を映すバックミラーの上には、リアシートの家族の様子を映す小さなミラーが備わる。
ルームミラーは2つ。車両後方を映すバックミラーの上には、リアシートの家族の様子を映す小さなミラーが備わる。 拡大
充実した収納スペースも「5008」の自慢。ステアリングホイールの下には、車検証やクルマの取説などをしまえるグローブボックスを完備。
充実した収納スペースも「5008」の自慢。ステアリングホイールの下には、車検証やクルマの取説などをしまえるグローブボックスを完備。 拡大
クルーズコントロールや左右独立調整式エアコンなど、装備は充実。「シエロ」にはヘッドアップディスプレイも備えられている。
プジョー5008シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】

【車内&荷室】乗ってみると?

(インパネ装備)……★★★★
見た目の豪華さはなく、ギラギラ光る要素を好む人には向かないが、ライオンのマークが似合う大型車らしい落ち着きと品格が感じられる。ちょっと邪魔に感じられるほど大きなスペースを占拠するセンターセクションも、余裕ある空間利用デザインとしてなら成功している。電気式駐車ブレーキやヒルスタートアシスト、ヘッドアップディスプレイ、サイドのサンシェード、シートバックに仕込まれたテーブルなど、実用的で便利な装備品も完備している。

シート表皮はファブリックが標準。パッケージオプションの「レザーパッケージ」装着車は受注生産モデルとなっている。
プジョー5008シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】

(前席)……★★★★
車体の上下振幅をほとんど感じないでスーッと水平移動していく走行感覚はプジョーにとって当たり前。どうして他の車がこうできないのか不思議におもう。これこそプジョー積年の技術蓄積の成果。この乗り心地こそ高級感覚そのもの。空間的には、センター部分が大きく、FFなのに横方向ウオークスルーできないのが惜しい。ここが平らなら8人乗りも作れるのに。天井も高く見て感じる空間としては広々としている。

前席のシートバックにはピクニックテーブルを完備。シート格納の手順は国産車より複雑だが、すぐに慣れる。
プジョー5008シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】

(2列目シート)……★★★★
ベンチシートではなく3脚独立しており、それぞれにスライドと2段リクライニングが可能。シート自体は折り畳んでしまえる構造で、クッションの厚みは薄くストローク的にも少なめながら、フラットな車体の乗り心地により長時間座っていても苦にならない。見た目としても、シートのボリュームが小さいことでこの部分の室内空間が広く感じられる。スライドドアでないのが残念。


プジョー5008シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】

(3列目シート)……★★★
乗り降りのアクセスは面倒ながら、乗り込んでしまえば落ちつける空間。2列目シートを前にセットしてもらえば膝の前にも空間が生じる。薄いクッションは長時間座っていられないだろうと想像されるが、何度も書いているようにプジョーのフラットライドはここでも有利に働き、帰路1時間以上座り続けたが早く降りたいとは思わなかった。3列目を起こし、2列目をフラットにすれば、ピクニックなどを家族で楽しめる空間が生まれる。取り付け剛性もしっかりしている。  

(写真をクリックすると、シートアレンジが見られます)
プジョー5008シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】

(荷室)……★★★★
7人フルに乗ってしまうと大きな荷物を置くスペースはほとんどない。大家族向けにはルーフラックが必要か。2、3列目を折り畳むとフラットで広大な2506リッターのスペースが出現する。ダンボール箱に入った商品などを運ぶには最適か。また助手席の背を倒せば、2.76メートルもの長尺物も積める。どのような使い方をするかは自由。可能性として広範囲に対応できる点がいい。フロアは低く使いやすい。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
特徴的な強い存在感こそないものの、軽く回って静粛。1600kgの重量に対して156ps、24.5kgmと、パワーおよびトルクも十分。6段ATも滑らかにつながりギア比も順当だが、エンジンブレーキはやや期待薄。下り坂などで2速に減速したいときに、75km/h以下にならないと落とせなかった。今回は都内から箱根を回って都内まで戻る348kmの平均燃費で11.4km/リッターを記録。このボディーで2桁走れば優秀と言える。

(乗り心地+ハンドリング)……★★★★★
この手の大容量乗用車はヘビーデューティーに造られており、足まわりなどは最大積載条件付近でセットされているのが普通だ。そのためドライバー1人では粗野な乗り味になりがちであるが、そこはプジョーゆえに広範囲で絶妙な味付けがなされている。昔「807」という同種の車があったが、アレはかなり固かったと記憶する。あの当時に比べ「5008」は大きく進化している。ハンドリングもサイズを感じさせない軽快さを備える。

(写真=河野敦樹)

1.6リッター直噴ターボは、自然吸気エンジンにすると2リッタークラスの最高出力と2.5リッタークラスの最大トルクを発生。「5008」にゆとりの動力性能を与える。
1.6リッター直噴ターボは、自然吸気エンジンにすると2リッタークラスの最高出力と2.5リッタークラスの最大トルクを発生。「5008」にゆとりの動力性能を与える。 拡大
今回試乗した「シエロ」のタイヤサイズは215/50R17。下位グレードの「プレミアム」は215/55R16となる。
今回試乗した「シエロ」のタイヤサイズは215/50R17。下位グレードの「プレミアム」は215/55R16となる。 拡大

プジョー5008シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大

プジョー5008シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】

【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2013年3月13日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:1842km
タイヤ:(前)215/50R17(後)同じ(ミシュラン・プライマシーHP)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(6):山岳路(1)
テスト距離:348.0km
使用燃料:30.5リッター
参考燃費:11.4km/リッター

関連キーワード:
5008プジョー試乗記

あなたにおすすめの記事