VWが新型ゴルフの日本導入記念モデルを発表

2013.04.09 自動車ニュース

フォルクスワーゲンが新型「ゴルフ」の日本導入記念モデルを発表

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年4月9日、今夏の日本導入を予定している新型「ゴルフ」に、特別限定車「ゴルフ デア・エアステ」を設定し、同年4月13日に先行受注を開始すると発表した。

「ゴルフ デア・エアステ」は、7代目となる新型ゴルフの日本導入を記念して設定される特別限定車であり、また今年順次導入を予定している、フォルクスワーゲンの国内正規輸入60周年を記念した限定モデルの第1弾となる。

ラインナップは「TSIコンフォートライン デア・エアステ」と「TSIハイライン デア・エアステ」の2種類で、前者には1.2リッターターボと7段DSGの組み合わせを採用。クラス初のマルチコリジョンブレーキのほか、「up!」の「シティエマージェンシーブレーキ」を進化させた「フロントアシストプラス」、アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、バイキセノンヘッドライトなどが標準装備となる。

一方、「TSIハイライン デア・エアステ」は、気筒休止システムを採用した新開発の1.4リッターターボエンジンを搭載。トランスミッションにはTSIコンフォートラインと同じく7段DSGを採用している。
装備については、前述のTSIコンフォートラインのものに加え、LEDポジションランプ付きのバイキセノンヘッドライトやアルカンターラとファブリックを組み合わせたコンビタイプのスポーツシートなどを採用。ホイールも専用デザインの17インチアルミホイールとなる。

ハンドル位置はいずれも右のみ。価格は「TSIコンフォートライン デア・エアステ」が750台限定で279万円、「TSIハイライン デア・エアステ」が1250台限定で305万円。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」
「フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」
「ゴルフ TSIコンフォートライン デア・エアステ」
「ゴルフ TSIコンフォートライン デア・エアステ」
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のインパネまわり。
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のインパネまわり。
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のシート。
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のシート。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る