VWが新型ゴルフの日本導入記念モデルを発表

2013.04.09 自動車ニュース

フォルクスワーゲンが新型「ゴルフ」の日本導入記念モデルを発表

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年4月9日、今夏の日本導入を予定している新型「ゴルフ」に、特別限定車「ゴルフ デア・エアステ」を設定し、同年4月13日に先行受注を開始すると発表した。

「ゴルフ デア・エアステ」は、7代目となる新型ゴルフの日本導入を記念して設定される特別限定車であり、また今年順次導入を予定している、フォルクスワーゲンの国内正規輸入60周年を記念した限定モデルの第1弾となる。

ラインナップは「TSIコンフォートライン デア・エアステ」と「TSIハイライン デア・エアステ」の2種類で、前者には1.2リッターターボと7段DSGの組み合わせを採用。クラス初のマルチコリジョンブレーキのほか、「up!」の「シティエマージェンシーブレーキ」を進化させた「フロントアシストプラス」、アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、バイキセノンヘッドライトなどが標準装備となる。

一方、「TSIハイライン デア・エアステ」は、気筒休止システムを採用した新開発の1.4リッターターボエンジンを搭載。トランスミッションにはTSIコンフォートラインと同じく7段DSGを採用している。
装備については、前述のTSIコンフォートラインのものに加え、LEDポジションランプ付きのバイキセノンヘッドライトやアルカンターラとファブリックを組み合わせたコンビタイプのスポーツシートなどを採用。ホイールも専用デザインの17インチアルミホイールとなる。

ハンドル位置はいずれも右のみ。価格は「TSIコンフォートライン デア・エアステ」が750台限定で279万円、「TSIハイライン デア・エアステ」が1250台限定で305万円。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」
「フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」
「ゴルフ TSIコンフォートライン デア・エアステ」
「ゴルフ TSIコンフォートライン デア・エアステ」
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のインパネまわり。
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のインパネまわり。
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のシート。
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のシート。

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
ホームへ戻る