VWが新型ゴルフの日本導入記念モデルを発表

2013.04.09 自動車ニュース

フォルクスワーゲンが新型「ゴルフ」の日本導入記念モデルを発表

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年4月9日、今夏の日本導入を予定している新型「ゴルフ」に、特別限定車「ゴルフ デア・エアステ」を設定し、同年4月13日に先行受注を開始すると発表した。

「ゴルフ デア・エアステ」は、7代目となる新型ゴルフの日本導入を記念して設定される特別限定車であり、また今年順次導入を予定している、フォルクスワーゲンの国内正規輸入60周年を記念した限定モデルの第1弾となる。

ラインナップは「TSIコンフォートライン デア・エアステ」と「TSIハイライン デア・エアステ」の2種類で、前者には1.2リッターターボと7段DSGの組み合わせを採用。クラス初のマルチコリジョンブレーキのほか、「up!」の「シティエマージェンシーブレーキ」を進化させた「フロントアシストプラス」、アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、バイキセノンヘッドライトなどが標準装備となる。

一方、「TSIハイライン デア・エアステ」は、気筒休止システムを採用した新開発の1.4リッターターボエンジンを搭載。トランスミッションにはTSIコンフォートラインと同じく7段DSGを採用している。
装備については、前述のTSIコンフォートラインのものに加え、LEDポジションランプ付きのバイキセノンヘッドライトやアルカンターラとファブリックを組み合わせたコンビタイプのスポーツシートなどを採用。ホイールも専用デザインの17インチアルミホイールとなる。

ハンドル位置はいずれも右のみ。価格は「TSIコンフォートライン デア・エアステ」が750台限定で279万円、「TSIハイライン デア・エアステ」が1250台限定で305万円。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」
VW、新型ゴルフの日本導入記念モデルを発表
「ゴルフ TSIコンフォートライン デア・エアステ」
VW、新型ゴルフの日本導入記念モデルを発表
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のインパネまわり。
VW、新型ゴルフの日本導入記念モデルを発表
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のシート。
VW、新型ゴルフの日本導入記念モデルを発表

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る