第291回:「オートザム・レビュー」に「日産プリメーラ」
よくぞ生き延びた、わが精鋭たちよ!

2013.04.12 エッセイ

第291回:「オートザム・レビュー」に「日産プリメーラ」 − よくぞ生き延びた、わが精鋭たちよ!

谷隊長になった気分で

「よくぞ生き延びた、わが精鋭たちよ」とは、往年のテレビ番組『風雲! たけし城』で、体力勝負ゲームに勝ち残った視聴者に、谷隼人扮(ふん)する突撃隊長が毎回かける言葉であった。

イタリアやフランスで生活していると、思わず「よくぞ生き延びた」と声をかけたくなる古いクルマに出会うときがある。ただし、フェラーリやロールス・ロイス、アストン・マーティンといった超高級ブランドではない。かつて普及しながらも路上から消えて久しいクルマ、日本ではポピュラーでも欧州では意外にもマイナーに終わったモデル、もしくは高級ブランドの普及型として誕生したものの人々の記憶から消えてしまったモデル、などなどだ。
今回は、過去1年にボクが生活しているなかで撮った、そうしたクルマたちのスナップを紹介し、思い出話を交えて読者の皆さんと楽しもう。

まずは、カナダ編である。2013年1月、米デトロイトの対岸であるウィンザー市内で撮影したものだ。
【写真1】はサターンである。サターンは、GMの小型車生産専門子会社として日本製小型車に対抗すべく1985年に設立されたブランドだ。90年代後半にサターンが日本でも販売された際は、JR東日本がディーラー契約を結んで自動車販売に参入した。JR東日本が新宿駅南口に開設した営業所に、ボクも冷やかしに行ったのを覚えている。
写真のモデルは、1990年から生産が開始された「サターンSLシリーズ」の前期型である。

その後サターンは、GMのブランド整理計画に伴い、2010年をもってブランドごと廃止されてしまう。だが個人的には、ヘッドライトを内包したフロントバンパーや全体的なスタイルは、どの欧州車にも日本車にも似ていない、オリジナル性が高くモダンなデザインであったと今も信じている。

【写真1】カナダのウィンザーにて。最初期のサターンである「SL」。
【写真1】カナダのウィンザーにて。最初期のサターンである「SL」。
【写真2】同じくウィンザーにいた3代目「シボレー・キャバリエ」(1995-2005年)。一時、貿易摩擦対策として日本でもトヨタからOEM版が販売された。
【写真2】同じくウィンザーにいた3代目「シボレー・キャバリエ」(1995-2005年)。一時、貿易摩擦対策として日本でもトヨタからOEM版が販売された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。