第1回:突撃! ソウルモーターショー2013 前編 
韓国車のキモはエロさと見つけたり!

2013.04.10 エッセイ

第1回:突撃! ソウルモーターショー2013 前編 韓国車のキモはエロさと見つけたり!

建前すっ飛ばして本音で勝負!

石の上にも2年、じゃなくって3年だっけか? 回を重ねると多少は分かってくるもんですねぇ。そう、「勢いまかせリターンズ」の筆おろしはなぜか韓国ソウルモーターショー!! 釜山ショーと交互開催で、前回に続き2年ぶりに行ってみたわけだけど、あらためて感心させられちゃったのだ。ある種のキムチパワー!? じゃなかった韓国パワーに。

それはいわば建前をポポポポ〜ンとすっ飛ばして、本音にグイっと迫るすごさ。日本人がお役所だの役員会だの建前だの自動ブレーキかけてしまうところをまるで無視して、ヤツらは作りたいモノをズバズバ作ってくる。その露骨ぶりが実に韓国っぽい。ってか、ぶっちゃけエロいんですね、コンパニオンはもちろんショーカーまで!

まずはヒュンダイのデザインコンセプト「HND-9Venace」。プレゼンじゃ「Fluidic Precision」(流れる正確性)とか「Classical Elegance」とか「モダン・プレミアム・ラグジュアリー・スポーツ」とかいろいろ能書きたらしてましたけど、要は“アジアのアストン・マーティン”でしょ。“アジアのザガート”って言う人もいたけど。
でも、俺は去年の「トヨタ86」&「スバルBRZ」の時も言ったけど、今のFRスポーツって基本、この路線しかないと思うのよ。ジャガー的でアストン的でカッコいい高級スーツのようなクラシカルエレガント。

デザイナーは元GMのニコラ・キンドラティシン氏で、いわば若き傭兵(ようへい)なわけだけど、ある意味元アウディのペーター・シュライヤー氏を使って、もはや“アジアのアウディ”に上り詰めつつある同グループのキア自動車と似たような手法。そこにはもちろん賛否両論で、臆面もなくって話もあるんだろうけど、やっぱり分かりやすいのよ。人間、100個の能書きより、1人の美人というか、いくら健康食品で体に良いって言われても、苦いなんとか汁より背脂たっぷりのラーメンの方が気にはなるでしょ?

しかも韓国の場合、どっかの国みたいにまんまパクリではない。一言二言話したVenaceのインテリア担当美人、ヤン・リーちゃんによると「(アストンより)シンプルでボリュームがある」そうで、実際ボンネットまわりのラインは「ヒュンダイクーペ」とか「ソナタ」と似てるし、他のディテールも異なる。

ソウルモーターショーの取材はこれが2度目。前回(2011年)の様子が気になる人は、こちらのリポートをどうぞ。
ソウルモーターショーの取材はこれが2度目。前回(2011年)の様子が気になる人は、こちらのリポートをどうぞ。
ヒュンダイのデザインコンセプト「HND-9Venace」。
ヒュンダイのデザインコンセプト「HND-9Venace」。
「HND-9Venace」を手掛けたデザイナー、ニコラ・キンドラティシンさんとヤン・リーさん。どちらも若い!
「HND-9Venace」を手掛けたデザイナー、ニコラ・キンドラティシンさんとヤン・リーさん。どちらも若い!
開催時期の関係もあって、アジアプレミアが多いのもソウルショーの特徴。こちらは日本でも間もなく導入される7代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。
開催時期の関係もあって、アジアプレミアが多いのもソウルショーの特徴。こちらは日本でも間もなく導入される7代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』