【スペック】全長×全幅×全高=4100×1740×1380mm/ホイールベース=2435mm/車重=1188kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4SOHC16バルブ(156ps/6600rpm、18.9kgm/5200rpm)+モーター(20ps/2000rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=449万4000円(テスト車=同じ)

ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)【試乗記】

エコを言い訳にはしない 2013.04.12 試乗記 ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)
……449万4000円

「ホンダCR-Z」をベースとする、300台限定のコンプリートカー「MUGEN RZ」に試乗。無限のスペシャルチューンで、“ハイブリッドスポーツ”の走りはどう変わったのか?

ハイパワー化したのに驚異的な燃費

まずは、燃費計測結果を記そう。250km弱を走り、満タン法で18.1km/リッターという結果だった。これは、驚くべき数字である。「MUGEN RZ」は「ホンダCR-Z」を無限がチューニングしてハイパワー化したモデルなのだ。
1年ほど前にマイナーチェンジ前のCR-Zに乗ったことがあり、燃費が13.3km/リッターだった。その時は満タン法が使えず、辛めの数字が出るメーターでの計測だったので多少割り引く必要があるが、RZの燃費が優秀であることは間違いない。エコカーとしての性能に太鼓判を押せるなら、走りがよければ万々歳ということになる。

2010年2月にデビューしたCR-Zは、昨年9月にマイナーチェンジを受けてパワーアップと燃費向上を実現した。同時に発表されたのが、300台限定のRZである。ベース車のCR-Zが120ps(6MT車)のところ、約30%アップの156psというパワーを持つ。

1.5リッターi-VTECエンジンに力を与えたのは、軽量でコンパクトな遠心式スーパーチャージャーだ。パワーだけでなくトルクもノーマルの14.8kgmから18.9kgmまで向上させている。毎分12万回転に達するタービンを冷却するために、レース用に開発されたコアを持つインタークーラーを採用し、エキゾーストシステムも専用のものとなった。ECUも専用マッピングが用意されている。ハイパワーに貢献しているのはエンジンまわりだけで、モーターには手が入れられていない。ノーマルのIMAハイブリッドのままである。エコ性能は犠牲にされていないのだ。


ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)【試乗記】の画像
スーパーチャージャー(写真ではエンジン本体の手前側)により、約30%のパワーアップを果たしたハイブリッドユニット。
スーパーチャージャー(写真ではエンジン本体の手前側)により、約30%のパワーアップを果たしたハイブリッドユニット。
リアエンドには、巨大なリアウイングがそそり立つ。中空構造のカーボン製で、フィンの角度は2段階に調節できる。
リアエンドには、巨大なリアウイングがそそり立つ。中空構造のカーボン製で、フィンの角度は2段階に調節できる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CR-Zの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・無限CR-Z 2010.9.6 画像・写真 無限が開発した専用パーツをフル装備した「ホンダCR-Z」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)【試乗記】 2011.10.11 試乗記 ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)
    279万6000円

    「ホンダCR-Z」の新グレード「α・Black label」に試乗し、ハイブリッドスポーツカーの存在意義をあらためて考えた。
  • ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.4.12 試乗記 ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)
    ……449万4000円

    「ホンダCR-Z」をベースとする、300台限定のコンプリートカー「MUGEN RZ」に試乗。無限のスペシャルチューンで、“ハイブリッドスポーツ”の走りはどう変わったのか?
  • ホンダCR-Z α(FF/CVT)【動画試乗記】 2010.5.26 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/CVT)
    ……281万5500円

    ホンダの最新ハイブリッドスポーツ「CR-Z」と、1980年代の名車「CR-X」を乗り比べ、2台に共通する“ホンダイズム”を探ってみた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
ホームへ戻る