【スペック】全長×全幅×全高=4800×1840×1480mm/ホイールベース=2750mm/車重=1530kg/駆動方式=FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボ(175ps/4500rpm、42.8kgm/2000rpm)/燃費=20.0km/リッター(JC08モード)/価格=340万円(テスト車=348万4000円/Boseサウンドシステム+11スピーカー=8万4000円)

マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】

マツダの満塁ホームラン 2013.04.07 試乗記 マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)
……348万4000円

ワゴンで、しかもディーゼルでありながらスポーツカーのようなドライビングフィールを持つ「アテンザワゴンXD」。その魅力に迫った。

ワゴンのカタチをした「マツダ・ロードスター」

夜、自宅の駐車場に到着してエンジンを停止させると、静寂が訪れた。「いいクルマだなぁ」という声がした。私の声だった。独り言はぽろりと漏れる。

どこがいいって、このクルマはワゴンのカタチをした「マツダ・ロードスター」なのである。「人馬一体」。ドアが5枚あって、後ろに大人3人が座れる座席がついていて、乗車定員は2人乗りのロードスターの2.5倍、荷室は150リッター程度のロードスターの10倍広い。昔だったら、「バン」である。「自家用」なんていうステッカーを貼って、商品の仕入れとか配達とかに使う一方、たまの休みにはマイカーとして走らせるクルマなのである、本来は。
もちろん硬い屋根は閉じたままで開かない。それなのに、こいつは紛れもなくロードスターの化身である、と確信させるのである。

『化身』。原作・渡辺淳一、監督・東陽一、主演・黒木瞳なのである。新型「アテンザワゴンXD Lパッケージ」は黒木瞳と思っていただいて間違いない。清純派なのに脱ぐ。女優のかがみである。ワゴンなのにスポーツカー。実用派なのに気持ちイイ。自動車のかがみである。
できることなら、屋根の開閉するコンバーチブルをつくっていただきたいくらいである。ついでに申し上げれば、ロードスターのワゴンをつくったらどうでしょう。

 
マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像
最近のマツダ車のファミリーフェイスである「シグネチャーウイング」をアテンザも採用する。
最近のマツダ車のファミリーフェイスである「シグネチャーウイング」をアテンザも採用する。
 
マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る