クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4800×1840×1480mm/ホイールベース=2750mm/車重=1530kg/駆動方式=FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボ(175ps/4500rpm、42.8kgm/2000rpm)/燃費=20.0km/リッター(JC08モード)/価格=340万円(テスト車=348万4000円/Boseサウンドシステム+11スピーカー=8万4000円)

マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】

マツダの満塁ホームラン 2013.04.07 試乗記 マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)
……348万4000円

ワゴンで、しかもディーゼルでありながらスポーツカーのようなドライビングフィールを持つ「アテンザワゴンXD」。その魅力に迫った。

ワゴンのカタチをした「マツダ・ロードスター」

夜、自宅の駐車場に到着してエンジンを停止させると、静寂が訪れた。「いいクルマだなぁ」という声がした。私の声だった。独り言はぽろりと漏れる。

どこがいいって、このクルマはワゴンのカタチをした「マツダ・ロードスター」なのである。「人馬一体」。ドアが5枚あって、後ろに大人3人が座れる座席がついていて、乗車定員は2人乗りのロードスターの2.5倍、荷室は150リッター程度のロードスターの10倍広い。昔だったら、「バン」である。「自家用」なんていうステッカーを貼って、商品の仕入れとか配達とかに使う一方、たまの休みにはマイカーとして走らせるクルマなのである、本来は。
もちろん硬い屋根は閉じたままで開かない。それなのに、こいつは紛れもなくロードスターの化身である、と確信させるのである。

『化身』。原作・渡辺淳一、監督・東陽一、主演・黒木瞳なのである。新型「アテンザワゴンXD Lパッケージ」は黒木瞳と思っていただいて間違いない。清純派なのに脱ぐ。女優のかがみである。ワゴンなのにスポーツカー。実用派なのに気持ちイイ。自動車のかがみである。
できることなら、屋根の開閉するコンバーチブルをつくっていただきたいくらいである。ついでに申し上げれば、ロードスターのワゴンをつくったらどうでしょう。

 
マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
最近のマツダ車のファミリーフェイスである「シグネチャーウイング」をアテンザも採用する。
最近のマツダ車のファミリーフェイスである「シグネチャーウイング」をアテンザも採用する。 拡大
 
マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

怒濤(どとう)のように押し寄せる大トルク

閑話休題。ディーゼルエンジンなのに……。と付け足すのは、時代錯誤のやぼ天というべきであろう。いまやディーゼルテクノロジーがレースを制する時代である。軽油で走るスポーツカーの登場も早晩であろう。
アテンザワゴンXD Lパッケージをロードスターライクたらしめているカギが、「SKYACTIV-D 2.2」と名づけられた、大層評判のよい新世代ディーゼルエンジンなのである。最高出力175ps/4500rpm、最大トルク42.8kgm/2000rpmという数値はディーゼルならではである。
実際、2000から3000rpmに至るトルクは圧倒的で、ガソリン4リッター並の大トルクが怒濤(どとう)のようにグワーッと押し寄せる。「ポルシェ911」同様のオルガン式(!)アクセルペダルをガンと踏みつけると、くらくらするくらい速い。

ところが、この暴風的加速は暴風的にアッという間に通過する。3000rpm以上回すと、坂を転げ落ちるようにトルクが減少していく。なのにディーゼルにありがちなフンヅマリ感はない。5000rpmまでスムーズに回り、台風一過を思わせるさわやかなヌケ感があとに残るからだ。
アクセルを緩めるとエンジン回転が適度に落ち、再びトルクバンドに戻る。パーシャルスロットルにすると、むしろ静かに加速する感がある。ガソリンエンジンとは異なる、不思議な感覚である。アクセルを緩めると、帆に風を受けて進むヨットのように前進するのだ。ちなみに、100km/h巡航は6段ATのトップで1750rpm近辺にすぎない。それもあって、大変静かである。回すと、がぜん、野太いエンジン音を発する。

搭載されるエンジンは「SKYACTIV-D 2.2」と呼ばれる2.2リッター直4ターボディーゼル。最大トルク42.8kgmを2000rpmで発生する。
搭載されるエンジンは「SKYACTIV-D 2.2」と呼ばれる2.2リッター直4ターボディーゼル。最大トルク42.8kgmを2000rpmで発生する。 拡大
上級グレードである「Lパッケージ」ではシート表皮がパーフォレーションレザーとなり、運転席10ウェイ、助手席4ウェイのパワーシートが装備される。
上級グレードである「Lパッケージ」ではシート表皮がパーフォレーションレザーとなり、運転席10ウェイ、助手席4ウェイのパワーシートが装備される。 拡大
「Lパッケージ」の内装は写真のブラックのほか、オフホワイトがボディーカラーの種類にかかわらず選択できる。
「Lパッケージ」の内装は写真のブラックのほか、オフホワイトがボディーカラーの種類にかかわらず選択できる。 拡大

ヨーロッパ車もかくやの乗り心地

乗り心地は極めてファームで、ヨーロッパ車もかくやである。決して不快な硬さではない。サポーターをつけたみたいな、ピチッとタイト感のある硬さなのだ。カーゴルームという名のかごを背中に背負っているのに、反復横跳びとか跳び箱とかができちゃう感じなのである。
前述したようにディーゼルターボの極低速時の大トルクが、車重1530kgのボディーをいともたやすく、それこそロードスターのように動かしてくれる。大トルクを受け止めるべく、225/45R19という大きなタイヤを履いているわけだけれど、にもかかわらず、低速でもタイヤがドシンバタンと暴れることはない。

特筆すべきはステアリングフィールで、あまたある電動パワーアシストのなかでも最上の部類に入る。アイドリングストップは勝手に作動しないところが奥ゆかしい。
「私を欲しいんですか。欲しいのなら、やさしくしてください」と『化身』の黒木瞳はいったわけですが、アテンザの場合は「i-stopの準備ができました。ブレーキを強く踏んでください」と眼前のメーターに表示が出るのである。
いわれた通りにすると、エンジンが停止する。その際、“し〜ん”というオノマトペ(擬音)が頭に浮かぶと思いきや、つまり、ディーゼルは音/振動面で不利だから、オン/オフのギャップの大きさが気になるのでは? という心配は無用である。ガソリンエンジンと変わらない。

着座位置は極めて低く、ロードスターのごとしである。眼前には大径メーターが3つ並び、ロードスターのようなステアリングホイールが備わる。それやこれやの部品の集積もまた、新型アテンザをロードスターの化身たらしめているのである。

 
マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
アクセルペダルは床側にヒンジのあるオルガン式を採用する。
アクセルペダルは床側にヒンジのあるオルガン式を採用する。 拡大
タイヤサイズは225/45R19。高輝度塗装のアルミホイールが組み合わされる。
タイヤサイズは225/45R19。高輝度塗装のアルミホイールが組み合わされる。 拡大
リアゲートに連動して開閉する「カラクリトノカバー」を備えるテールゲート。荷室容量は506リッターで、後席を倒すと1648リッターとなる。(クリックすると荷室のアレンジが見られます)
リアゲートに連動して開閉する「カラクリトノカバー」を備えるテールゲート。荷室容量は506リッターで、後席を倒すと1648リッターとなる。(クリックすると荷室のアレンジが見られます) 拡大

高い志が、奇跡を生んだ

「魂動(こどう)」なるデザインテーマから生まれたというエクステリアは、ネコ科の大型野生動物を思わせる。タイガー、チータ、プーマ、ジャガー等々、とりわけセダンは見るからにスタイリッシュで、「ランボルギーニ・アヴェンタドール」にも通じる、少数派の気概のようなものが感じられる。フロントフェンダーの盛り上がりは最近のマツダ・デザインのアイコンともいうべきだけれど、躍動する筋肉を思わせ、セクシーである。

けれど、自動車というものは、いったん乗ってしまうと、外見の姿カタチは見えないのである。ドライバーは走り出した直後、感じるのである。ボディーがでかいことを。スタート時はたいてい駐車場で、場所が狭いこともある。
先代は全長4.7m弱で全幅は1.8mを切っていた。新型は、全長4800×全幅1840×全高1480mmもある。
現行「フォルクスワーゲン・パサート」や「アウディA4」など、大型化の著しいドイツ勢と比べても見劣りしないどころか、むしろアテンザのほうがでっかいのである。ロードスターに比べたら巨躯(きょく)といってよい。そのような巨体に、「きみは本名、なんていうんだ?」と藤竜也が尋ねてみたとしよう。「ロードスターよ、マツダ・ロードスター」と巨体は黒木瞳のように囁(ささや)く。「ロードスターか、いい名前だね」と藤竜也は恋に落ちるのである。

もちろんマツダの開発陣は、ミドサイズのサルーン/ワゴンであるところの新型アテンザに、ロードスターのような「人馬一体」ドライビングフィールを与えむと欲し、奮闘努力した。だからこそ、このような傑作が生まれた。傑作は奮闘努力なくしては生まれないけれど、奮闘努力すれば生まれるわけではない。その意味で、新型アテンザワゴンXD Lパッケージは奇跡的な一台である、といってよい。

奇跡のスタートに、2007年の「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」があったことを記憶しておかねばならない。「『見て乗りたくなる、乗って楽しくなる、そしてまた乗りたくなる』クルマを将来も提供していく。そのために、2015年までにマツダ車の平均燃費を08年比で30%向上させる」という計画である。高い志が、奇跡を生んだのだ。新型アテンザはロードスターの化身であり、マツダにとって1989年の「ユーノス・ロードスター」以来の満塁ホームランである。

(文=今尾直樹/写真=荒川正幸)

 
マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
 
マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
「Lパッケージ」には夜間走行時に前方の状況により自動でハイ/ロービームを切り替える「ハイビームコントロールシステム」を備えるディスチャージヘッドランプが標準で装備される。
「Lパッケージ」には夜間走行時に前方の状況により自動でハイ/ロービームを切り替える「ハイビームコントロールシステム」を備えるディスチャージヘッドランプが標準で装備される。 拡大
 
マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
アテンザワゴンマツダ試乗記

あなたにおすすめの記事