「アバルト500」に左ハンドル仕様が復活

2013.04.04 自動車ニュース

「アバルト500」に左ハンドル仕様が復活

フィアット クライスラー ジャパンは2013年4月4日、同年1月に仕様変更を受けた新型「アバルト500」に左ハンドル仕様を追加し、販売を開始した。

アバルト500は「フィアット500」をベースにしたスポーツコンパクトであり、2009年に日本への導入がスタート。2012年までの販売における左ハンドル車の比率が約4割にのぼるほど、左ハンドルに対するニーズが高いモデルだった。ところが、2013年1月の仕様変更とともに左ハンドル車がラインナップから消えていた。

価格は右ハンドルと同じ269万円。

(webCG)

「アバルト500」
「アバルト500」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト595 2017.2.20 画像・写真 FCAジャパンは2017年2月17日、マイナーチェンジを施した「アバルト595」シリーズを発表した。発売は2月25日。前後バンパーのデザインがよりアグレッシブになり、エアインテークには「ABARTH」の浮き文字があしらわれた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
ホームへ戻る