「アバルト500」に左ハンドル仕様が復活

2013.04.04 自動車ニュース

「アバルト500」に左ハンドル仕様が復活

フィアット クライスラー ジャパンは2013年4月4日、同年1月に仕様変更を受けた新型「アバルト500」に左ハンドル仕様を追加し、販売を開始した。

アバルト500は「フィアット500」をベースにしたスポーツコンパクトであり、2009年に日本への導入がスタート。2012年までの販売における左ハンドル車の比率が約4割にのぼるほど、左ハンドルに対するニーズが高いモデルだった。ところが、2013年1月の仕様変更とともに左ハンドル車がラインナップから消えていた。

価格は右ハンドルと同じ269万円。

(webCG)

「アバルト500」
「アバルト500」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る