「アバルト500」に左ハンドル仕様が復活

2013.04.04 自動車ニュース

「アバルト500」に左ハンドル仕様が復活

フィアット クライスラー ジャパンは2013年4月4日、同年1月に仕様変更を受けた新型「アバルト500」に左ハンドル仕様を追加し、販売を開始した。

アバルト500は「フィアット500」をベースにしたスポーツコンパクトであり、2009年に日本への導入がスタート。2012年までの販売における左ハンドル車の比率が約4割にのぼるほど、左ハンドルに対するニーズが高いモデルだった。ところが、2013年1月の仕様変更とともに左ハンドル車がラインナップから消えていた。

価格は右ハンドルと同じ269万円。

(webCG)

「アバルト500」
「アバルト500」

関連キーワード:
500アバルト自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 特別な仕立ての「アバルト595コンペティツィオーネ」発売 2017.7.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年7月19日、「アバルト595コンペティツィオーネ」の特別仕様車「595コンペティツィオーネ Performance Package(パフォーマンスパッケージ)」を発表した。同年7月29日に100台限定で発売する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る