「アバルト500」に左ハンドル仕様が復活

2013.04.04 自動車ニュース

「アバルト500」に左ハンドル仕様が復活

フィアット クライスラー ジャパンは2013年4月4日、同年1月に仕様変更を受けた新型「アバルト500」に左ハンドル仕様を追加し、販売を開始した。

アバルト500は「フィアット500」をベースにしたスポーツコンパクトであり、2009年に日本への導入がスタート。2012年までの販売における左ハンドル車の比率が約4割にのぼるほど、左ハンドルに対するニーズが高いモデルだった。ところが、2013年1月の仕様変更とともに左ハンドル車がラインナップから消えていた。

価格は右ハンドルと同じ269万円。

(webCG)

「アバルト500」
「アバルト500」に左ハンドル仕様が復活

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • FCA合同試乗会(前編)【試乗記】 2016.4.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAがフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る