【スペック】全長×全幅×全高=4500×1850×1305mm/ホイールベース=2450mm/車重=1450kg/駆動方式=4WD/3.4リッター水平対向6 DOHC24バルブ(350ps/7400rpm、39.8kgm/5600rpm)/燃費=11.6km/リッター(NEDC<新欧州ドライビングサイクル>)/価格=1340万円(テスト車=1399万7000円)

ポルシェ911カレラ4(4WD/7AT)【試乗記】

もはやスーパースポーツ級 2013.04.08 試乗記 ポルシェ911カレラ4(4WD/7AT)
……1399万7000円

最新型の「ポルシェ911」に、4WDの「カレラ4」が登場。その走りは、他の911や歴代カレラ4と比べて、どう違う?

“ゼロ駆”にもなるポルシェの四駆

新しい「カレラ4」にはトルクインジケーターが付いている。それぞれ10本のコマの増減で前後アクスルへのトルク分配をリアルタイムに教えてくれる。
ドライ路面を普通に走っていると、直線でもカーブでも、もっぱら後輪駆動である。手っとり早く前輪に仕事をさせたいと思ったら、アクセルを踏む。床まで踏み込んで「911」らしい加速を要求したところ、前50:後50くらいまでいったことを確認する。

目の前の計器盤のなかで前後2本のバーがピロピロ増減しているのを見ているとけっこう飽きない。前輪も駆動参加するということは、リアタイヤの“もち”は、2WDより多少、長くなるんだろうか、なんてことも考えさせる。
そのバーグラフが走行中、全消灯することがある。走りだして最初に見たときは「アレッ!」と思ったが、それがコースティング状態に入った証しである。パワーが要らないときは、クラッチを切ってアイドリング回転で惰行する。現行911 PDK仕様の新機軸が、4WDモデルにも備わる。

しかし、リアエンジン/リアドライブのメリットは、なによりも駆動輪に大きな荷重がかかるという、産地直売みたいな強大なトラクション(駆動)性能にあったはずだ。それでも飽き足らず、さらに「もっと駆動力を!」という求めに応じた結果が、911の四駆であったはずだ。ああそれなのにそれなのに、今度はCO2カットや燃費削減のためにあわよくば“ゼロ駆”とは! いささか不条理な感じがしなくもないが、要はパワーも駆動もオンデマンドの時代になったということだろう。

スロープ状のセンターコンソールなど新たな意匠を採用しつつ、「911」伝統のデザインでまとめられたインテリア。カーナビは標準で与えられる。
スロープ状のセンターコンソールなど新たな意匠を採用しつつ、「911」伝統のデザインでまとめられたインテリア。カーナビは標準で与えられる。
4WDの「カレラ4」では、走行状況に応じて、瞬時に前後のトルク配分が行われる。5連メーターの右から2番目には、リアルタイムにその様子が示される。
4WDの「カレラ4」では、走行状況に応じて、瞬時に前後のトルク配分が行われる。5連メーターの右から2番目には、リアルタイムにその様子が示される。
リアに搭載されるエンジンの本体は、冷却ファンなどに隠れてほとんど目視できず。新型では、エネルギー回生システムやアイドリングストップ機構、コースティング機能といった、燃費を向上させるメカニズムもセリングポイントとなっている。
リアに搭載されるエンジンの本体は、冷却ファンなどに隠れてほとんど目視できず。新型では、エネルギー回生システムやアイドリングストップ機構、コースティング機能といった、燃費を向上させるメカニズムもセリングポイントとなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る