【スペック】全長×全幅×全高=4940×1900×1500mm/ホイールベース=2905mm/車重=1960kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ スーパーチャージャー付き(310ps/5500-6500rpm、44.9kgm/2900-4500rpm)/価格=889万円(テスト車=同じ)

アウディA6オールロードクワトロ(4WD/7AT)【ブリーフテスト】

アウディA6オールロードクワトロ(4WD/7AT) 2013.04.09 試乗記 ……889万円
総合評価……★★★★

2012年の夏に、300台の台数限定で日本に導入された「アウディA6オールロードクワトロ」。オンにもオフにも対応する専用設計の足まわりと、アウディ自慢のエンジンとトランスミッションが織り成す走りを試した。

(ほぼ)無敵のオールラウンダー

「オールロードクワトロ」こそ一番アウディらしいアウディだと思う。ラリーで大活躍した初代「クワトロ」から連綿と続くアウディの4WDはこれまでほぼすべて乗ったことがあるが、走破性の高さだけが取りえではなく駆動力を発揮する洗練度において群を抜いている。
ただ、クワトロのほとんどはセダンもしくはワゴン型乗用車であり、その万能と称賛された駆動能力をもってしても最大のウイークポイントはロードクリアランスであった。だからこのオールロードクワトロのような車高を変えられる形態ならばもう敵なしである。まだ可能性を残すとすれば水陸両用車のような特殊なものだろうか。またエンジンに関しては、ルマンなどで活躍しているディーゼルがまだ日本に来ていないことから、評点としてはまだ先を開けておいた方がよさそうな気がする。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6オールロードクワトロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売NEW 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、新型「オデッセイ」を世界初公開
    2016.12.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年12月20日、米国デトロイトで開催される2017年北米国際自動車ショー(開催期間:2017年1月8日~22日)において、新型「オデッセイ」を世界初公開すると発表した。
ホームへ戻る