【スペック】全長×全幅×全高=4806×1943×1394mm/ホイールベース=2746mm/車重=2320kg/駆動方式=4WD/6リッターW12DOHC48バルブターボ(625ps/6000rpm、81.6kgm/1700rpm)/価格=2490万円(テスト車=2891万1900円)

ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】

どこまでも品がある 2013.04.05 試乗記 ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)
……2891万1900円
ベントレーのハイパフォーマンスクーペ「コンチネンタルGTスピード」が教えてくれた、ジェントルマン的な立ち居振舞いとは?

イギリスからの客人

やんごとない方がはるばるイギリスからお見えになるというので、わが家は朝からてんやわんやだった。こんなに狭い場所にお泊めして大丈夫か、とぶつぶつ言いながら駐車場を掃き掃除。食べ物はお口に合うだろうか、と心配になったので念のため、普段は使わないモービルのガソリンスタンドの定休日を確認する。でも、せっかくの日本だから洋食(モービル)より和食(エネオス)を喜ぶだろうか。

客人の名は「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」。625psの6リッターW12気筒+ツインターボエンジンを搭載する、「コンチネンタルGT」3兄弟で一番の力持ちだ。ちなみにほかの二人は、575psの「コンチネンタルGT」と507psの「コンチネンタルGT V8」。さすが名家のご出身だけあって、どなたもリッチだ。

お付きの方に連れられて、コンチネンタルGTスピードがお見えになった。「ボボボボボボ」というアイドリング付近の低い音は、それほど大きくない。これなら住宅地での深夜の出入りも問題なさそうだ。お付きの方からステアリングホイールを預かり、狭い駐車スペースにお入りいただく。

何度か切り返す必要はあったものの、思ったよりはるかに小回り利く。何万回と車庫入れを行った場所で得た実感だから、間違いはないはずだ。
これなら必要とあらば、スーパーへの買い物に付き合っていただくことも可能だろう。もちろん、殿下の身に万が一のことがあってはいけないので、そんな場所には連れて行かない。

ベントレー家の方には何度かお会いしているけれど、瀟洒(しょうしゃ)なインテリアは何度見てもため息が出る。何度かお会いした経験から、オーダーをする時にいかようにもあつらえてもらえるということも知っている。
カーボンを使って男らしくレーシィにするのか、近未来っぽいアルミ仕立てとするのか、それとも木と革であえてオールドワールドを演出するのか。いずれにせよ、いいモノや優れた作品にふれて、目を肥やしておく必要がある。

運転席に収まって聞く排気音は、外で聞くよりはるかにボリュームが低い。ただし、いかにもヌケのよさそうな乾いた低音は、上等なオーディオのボリュームを絞った音のように、耳に心地よく響く。

【テスト車のオプション装備】
Belugaのコントラストステッチ=25万1700円/ディープパイルオーバーマット=5万2400円/ベンチレーション機能付きフロントマッサージシート=11万3000円/Naim for bentleyプレミアムオーディオシステム=96万6500円/カーボンセラミックブレーキ=183万7500円/21インチ・スピードアロイホイール(ダークティント仕上げ)=22万900円/Convenience Specification=56万9900円)
【テスト車のオプション装備】
Belugaのコントラストステッチ=25万1700円/ディープパイルオーバーマット=5万2400円/ベンチレーション機能付きフロントマッサージシート=11万3000円/Naim for bentleyプレミアムオーディオシステム=96万6500円/カーボンセラミックブレーキ=183万7500円/21インチ・スピードアロイホイール(ダークティント仕上げ)=22万900円/Convenience Specification=56万9900円)
サイドシルには「Speed」の文字が刻まれる。
サイドシルには「Speed」の文字が刻まれる。
シートや内装の内張りのカラー、インストゥルメントパネルの素材はたくさんの種類から選ぶことができる。
シートや内装の内張りのカラー、インストゥルメントパネルの素材はたくさんの種類から選ぶことができる。
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る