クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4806×1943×1394mm/ホイールベース=2746mm/車重=2320kg/駆動方式=4WD/6リッターW12DOHC48バルブターボ(625ps/6000rpm、81.6kgm/1700rpm)/価格=2490万円(テスト車=2891万1900円)

ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】

どこまでも品がある 2013.04.05 試乗記 ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)
……2891万1900円
ベントレーのハイパフォーマンスクーペ「コンチネンタルGTスピード」が教えてくれた、ジェントルマン的な立ち居振舞いとは?

イギリスからの客人

やんごとない方がはるばるイギリスからお見えになるというので、わが家は朝からてんやわんやだった。こんなに狭い場所にお泊めして大丈夫か、とぶつぶつ言いながら駐車場を掃き掃除。食べ物はお口に合うだろうか、と心配になったので念のため、普段は使わないモービルのガソリンスタンドの定休日を確認する。でも、せっかくの日本だから洋食(モービル)より和食(エネオス)を喜ぶだろうか。

客人の名は「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」。625psの6リッターW12気筒+ツインターボエンジンを搭載する、「コンチネンタルGT」3兄弟で一番の力持ちだ。ちなみにほかの二人は、575psの「コンチネンタルGT」と507psの「コンチネンタルGT V8」。さすが名家のご出身だけあって、どなたもリッチだ。

お付きの方に連れられて、コンチネンタルGTスピードがお見えになった。「ボボボボボボ」というアイドリング付近の低い音は、それほど大きくない。これなら住宅地での深夜の出入りも問題なさそうだ。お付きの方からステアリングホイールを預かり、狭い駐車スペースにお入りいただく。

何度か切り返す必要はあったものの、思ったよりはるかに小回り利く。何万回と車庫入れを行った場所で得た実感だから、間違いはないはずだ。
これなら必要とあらば、スーパーへの買い物に付き合っていただくことも可能だろう。もちろん、殿下の身に万が一のことがあってはいけないので、そんな場所には連れて行かない。

ベントレー家の方には何度かお会いしているけれど、瀟洒(しょうしゃ)なインテリアは何度見てもため息が出る。何度かお会いした経験から、オーダーをする時にいかようにもあつらえてもらえるということも知っている。
カーボンを使って男らしくレーシィにするのか、近未来っぽいアルミ仕立てとするのか、それとも木と革であえてオールドワールドを演出するのか。いずれにせよ、いいモノや優れた作品にふれて、目を肥やしておく必要がある。

運転席に収まって聞く排気音は、外で聞くよりはるかにボリュームが低い。ただし、いかにもヌケのよさそうな乾いた低音は、上等なオーディオのボリュームを絞った音のように、耳に心地よく響く。

【テスト車のオプション装備】
Belugaのコントラストステッチ=25万1700円/ディープパイルオーバーマット=5万2400円/ベンチレーション機能付きフロントマッサージシート=11万3000円/Naim for bentleyプレミアムオーディオシステム=96万6500円/カーボンセラミックブレーキ=183万7500円/21インチ・スピードアロイホイール(ダークティント仕上げ)=22万900円/Convenience Specification=56万9900円)
【テスト車のオプション装備】
Belugaのコントラストステッチ=25万1700円/ディープパイルオーバーマット=5万2400円/ベンチレーション機能付きフロントマッサージシート=11万3000円/Naim for bentleyプレミアムオーディオシステム=96万6500円/カーボンセラミックブレーキ=183万7500円/21インチ・スピードアロイホイール(ダークティント仕上げ)=22万900円/Convenience Specification=56万9900円) 拡大
サイドシルには「Speed」の文字が刻まれる。
サイドシルには「Speed」の文字が刻まれる。 拡大
シートや内装の内張りのカラー、インストゥルメントパネルの素材はたくさんの種類から選ぶことができる。
シートや内装の内張りのカラー、インストゥルメントパネルの素材はたくさんの種類から選ぶことができる。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

扱いやすさのワケ

お付きの方は帰り際、ちらりと駐車スペースの上に広がる青空を見上げた。イヤな顔はしなかったけれど、屋根がないことに不安を感じている様子がうかがえた。でも、殿下はまったく気にしていないようだ。
そういえば、同じ値段のイタリアからのお客さまよりも、コンチネンタルGTスピード殿下のほうがはるかに気を使わずにお招きできる。それはなぜ?

理由はふたつで、ひとつは音だ。イタリアの方はお話が好きで、声もデカい。そこが魅力ではあるけれど、わが家周辺の住宅事情にはマッチしない。
もうひとつはカッコ。いかにも見る人の目を刺激するイタリアの方々のお召し物と比べると、殿下はジミと言ってもいいぐらいだ。段差で下を擦らないか気にする必要がないのもうれしい。

ここで以前にイギリス通の服飾評論家の方からうかがった、「イギリスの洋服はファッション製品ではないのです」という大変ためになる話を思い出した。それは、クルマのデザインにも通じる話だった。

イギリスの洋服の多くは着飾ることが目的ではなく、機能を追求した結果、形や素材、色柄などが決まっていったのだという。たとえばツイードのジャケットの柄は、狩猟時に獲物の目をカムフラージュするために生まれた。だから湖水地方ではグリーン、海のそばではブルー、岩が多い地域ではグレーのツイードが主流になった。

ほかにもオイルを残して保温、防水機能を持たせたフィッシャーマンセーターや、水をはじくぶ厚いフランネル、それにサドルショルダーやエルボーパッチなど、イギリスの服は機能優先なのだという。
イタリアの生地に比べるとゴワゴワするけれど、手入れをしながら使うことを前提に作られているので、長く使えば使うほど味わいが出てくる。

そんなものの考え方は、コンチネンタルGTスピードにも色濃く感じられる。パッと人目を引くわけではないけれど、10年たっても20年たっても古くさくならないどころか、味わいが出てきそうなスタイルだ。
というわけで、だから殿下は青空駐車も気にしないのだ。イギリスに比べたら、はるかに気候には恵まれている。

「マリナー・ドライビング・スペシフィケーション」が標準設定される「GTスピード」のインテリアは、シートなどにダイヤモンドキルト仕上げが施される。
「マリナー・ドライビング・スペシフィケーション」が標準設定される「GTスピード」のインテリアは、シートなどにダイヤモンドキルト仕上げが施される。 拡大

ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】の画像 拡大
ベントレー史上最速の最高速度330km/hを誇るが、他のグレードとの外観上の違いは最小限に抑えられている。高性能をひけらかさない、このあたりもダンディーだ。ボンネットの「B」のエンブレムは「V8モデル」が赤、「V12モデル」が黒となる。
ベントレー史上最速の最高速度330km/hを誇るが、他のグレードとの外観上の違いは最小限に抑えられている。高性能をひけらかさない、このあたりもダンディーだ。ボンネットの「B」のエンブレムは「V8モデル」が赤、「V12モデル」が黒となる。 拡大

カッコより機能優先

日付が変わる頃、コンチネンタルGTスピード殿下を東京観光にお連れする。もちろん工事渋滞などにひっかからないよう、パソコンで首都高の状況はチェック済み。
すれ違うのにも気を使う近所の狭い道を走っても、ミラーを開くと2227mmという車幅は意外と気にならない。それは、この手のスーパースポーツとしては望外に視界が開けているからだろう。ボディーの四隅がよくわかるから、2500万円のボディーを自信を持って寄せられる。やっぱりイギリスもんは、カッコより機能優先だ。

路地スピードでも、手のひらには適度なステアリングホイールの重みと滑らかな感触が伝わり、アクセルペダルに足を載せるか載せないかの微妙な操作にもみっちり濃厚なトルクがついてくる。こんな乗り方でも、いいモノ感がびんびん伝わってくるあたり、さすがだ。
殿下はかなり我慢強い性格のようで、のろのろ走っていても「飛ばせっ!」なんて焦がれたりしない。ジェントルマンなのだ。そういえば中学か高校か忘れたけれど、英語の教科書にイギリス人は「Queue loving people」だと書いてあったっけ。

最高出力625psの超絶ハイパワーユニットには、1700rpmで81.6kgmという大トルクを発生するという寛大な一面もある。市街地を流していても、くめども尽きないトルクの余裕が感じられて、運転が楽しい。
素のコンチネンタルGT(といっても2240万円)よりパワフルなぶん、足まわりは固められ、車高も10mm低くなっているというけれど、乗り心地は抜群にいい。
路面からのショックだけでなく、ステアリングホイールを回した感じやブレーキを踏んだ時の踏み応えや減速感など、すべてにとがった所がまったくない。五感で感じるすべてが丸っこい印象だ。
で、お約束というか、首都高速の料金所ではアクセルペダルを踏みつける。

エキゾーストパイプの形状や、21インチの専用ホイールのデザインなどで、さりげなく他グレードとは違うことをにおわせる。
エキゾーストパイプの形状や、21インチの専用ホイールのデザインなどで、さりげなく他グレードとは違うことをにおわせる。 拡大
スパイラル加工を施したエキゾーストテールパイプは「GTスピード」専用。
スパイラル加工を施したエキゾーストテールパイプは「GTスピード」専用。 拡大
テスト車には、オプションの21インチ・スピードアロイホイールとカーボンセラミックブレーキが装着されていた。タイヤサイズは275/35ZR21。
テスト車には、オプションの21インチ・スピードアロイホイールとカーボンセラミックブレーキが装着されていた。タイヤサイズは275/35ZR21。 拡大

鍛え抜かれたボディーがもたらすもの

仮にこのクルマを買ったとしても、フル加速させるのは1回でいいかも。そう思わせるほど、加速は凄(すさ)まじい。人生で一度だけ、体調が悪い時に貧血になったことがある。頭からスーッと血の気が引いて意識が遠くなるあの感じがコンチネンタルGTスピードのフル加速でよみがえった。
殿下はきっと、オックスフォードやケンブリッジで、ラグビー部かボート部に所属していたのだろう。鍛え抜かれている。

エンジンが生み出す推進力は、高度なフルタイム四駆システムによって一滴もこぼさずに路面にたたき付けられる。一糸乱れぬ姿勢で、別の世界に行ってしまいそうな勢いで加速するさまは、気持ちがいいをオーバーランして少し不気味ですらある。

パワーとトルクに任せてどよ〜んと走ることもできるけれど、コンチネンタルGTスピードは曲がるのも得意だ。ステアリングホイールは、操作するのがうれしくなるほど手応えがよく、すっと切るとノーズがさっと向きを変える。
決してちゃきちゃき走るわけではないけれど、浅田真央ちゃんみたいにコーナーで優雅な弧を描く。殿下は、コーナーのクリアの仕方まで品がある。

華美ではない、機能的で男らしいファッション。ジェントルな振る舞い。鍛え抜いた身体能力。殿下は、いろんなことを伝えてから、北品川の住まいに帰っていった。
イタリアからのお客さまがお見えになっているときは、何かあってはいけないので早くお帰りいただきたいと思う。けれど、青空駐車場でよろしければ、殿下にはずっとわが家にいてほしいと思った。個人的な好みなのか、それとも同じ島国出身ということで、通じるものがあるのか。

(文=サトータケシ/写真=高橋信宏)

0-100km/hをわずか4.2秒で駆け抜けるダッシュ力を生む、6リッターのW12ツインターボエンジン。公表される欧州基準の燃費は14.5リッター/100km(約6.9km/リッターに相当)。
0-100km/hをわずか4.2秒で駆け抜けるダッシュ力を生む、6リッターのW12ツインターボエンジン。公表される欧州基準の燃費は14.5リッター/100km(約6.9km/リッターに相当)。 拡大

ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】の画像 拡大
ボディー底面の空気の流れを整理することで、標準グレードの「コンチネンタルGT」に比べるとダウンフォースは約8%増しているという。車高は10mm低められ、スタビライザーは約1.5倍強化、スプリングのレートは30〜40%締め上げられている。
ボディー底面の空気の流れを整理することで、標準グレードの「コンチネンタルGT」に比べるとダウンフォースは約8%増しているという。車高は10mm低められ、スタビライザーは約1.5倍強化、スプリングのレートは30〜40%締め上げられている。 拡大

関連キーワード:
コンチネンタルGTベントレー試乗記

あなたにおすすめの記事