450psの新型「アウディRS 4アバント」登場

2013.04.03 自動車ニュース

アウディが新型「RS 4アバント」を発表

アウディ ジャパンは2013年4月3日、「アウディA4」ラインナップの頂点に位置する新型「RS 4アバント」を発表した。発売は4月10日を予定している。

■4.2リッターV8エンジンは450psを発生

「RS」モデルは、独アウディの100%子会社であるクワトロ社が手がける高性能スポーツモデル。「アウディRS 4アバント」はこの新型で3世代目となる。4.2リッターV8 FSIエンジン(450ps、43.8kgm)に7段Sトロニック(デュアルクラッチ式)トランスミッションが組み合わされ、動力性能は0-100km/h加速が4.7秒で、最高速は250km/h。燃費性能は8.1km/リッター(JC08モード)。

ドライブトレインには、セルフロッキング機構付きクラウンギア式センターデフを備えた新世代のクワトロ・フルタイム四輪駆動システムが採用され、リアデフには駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを装備している。

また、サスペンションには専用チューンが施され、車高は標準型の「A4アバント」と比べて20mm低い設定に。ラゲッジ容量は490〜1430リッター。ルーフレールは標準装備、オートマチックテールゲートはオプションとして用意される。

車両本体価格は1195万円。ハンドル位置は右と左が選べる。

(webCG)

「アウディRS 4アバント」
「アウディRS 4アバント」
「RS」モデル伝統のワイドなフェンダーにより、全幅は標準ボディーより25mm幅広い1850mmへ。
「RS」モデル伝統のワイドなフェンダーにより、全幅は標準ボディーより25mm幅広い1850mmへ。
ファインナッパレザーの「Sスポーツシート」や、フラットボトム形状の3スポークステアリングが装着される。
ファインナッパレザーの「Sスポーツシート」や、フラットボトム形状の3スポークステアリングが装着される。
4.2リッターV8 FSIエンジンは450psと43.8kgmを発生。燃費性能は8.1km/リッター(JC08モード)。
4.2リッターV8 FSIエンジンは450psと43.8kgmを発生。燃費性能は8.1km/リッター(JC08モード)。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.21 試乗記 アウディといえば四輪駆動のクワトロにとどめを刺すが、FFモデルも侮ってはいけない。「A4アバント2.0 TFSIスポーツ」に乗れば、透明で清涼感に満ちた新しいアウディが味わえる。「らしさ」が再定義されていることに気づくはずだ。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
ホームへ戻る