450psの新型「アウディRS 4アバント」登場

2013.04.03 自動車ニュース

アウディが新型「RS 4アバント」を発表

アウディ ジャパンは2013年4月3日、「アウディA4」ラインナップの頂点に位置する新型「RS 4アバント」を発表した。発売は4月10日を予定している。

■4.2リッターV8エンジンは450psを発生

「RS」モデルは、独アウディの100%子会社であるクワトロ社が手がける高性能スポーツモデル。「アウディRS 4アバント」はこの新型で3世代目となる。4.2リッターV8 FSIエンジン(450ps、43.8kgm)に7段Sトロニック(デュアルクラッチ式)トランスミッションが組み合わされ、動力性能は0-100km/h加速が4.7秒で、最高速は250km/h。燃費性能は8.1km/リッター(JC08モード)。

ドライブトレインには、セルフロッキング機構付きクラウンギア式センターデフを備えた新世代のクワトロ・フルタイム四輪駆動システムが採用され、リアデフには駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを装備している。

また、サスペンションには専用チューンが施され、車高は標準型の「A4アバント」と比べて20mm低い設定に。ラゲッジ容量は490〜1430リッター。ルーフレールは標準装備、オートマチックテールゲートはオプションとして用意される。

車両本体価格は1195万円。ハンドル位置は右と左が選べる。

(webCG)

「アウディRS 4アバント」
「アウディRS 4アバント」
「RS」モデル伝統のワイドなフェンダーにより、全幅は標準ボディーより25mm幅広い1850mmへ。
「RS」モデル伝統のワイドなフェンダーにより、全幅は標準ボディーより25mm幅広い1850mmへ。
ファインナッパレザーの「Sスポーツシート」や、フラットボトム形状の3スポークステアリングが装着される。
ファインナッパレザーの「Sスポーツシート」や、フラットボトム形状の3スポークステアリングが装着される。
4.2リッターV8 FSIエンジンは450psと43.8kgmを発生。燃費性能は8.1km/リッター(JC08モード)。
4.2リッターV8 FSIエンジンは450psと43.8kgmを発生。燃費性能は8.1km/リッター(JC08モード)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RS 4アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る