第4回:アストン・マーティンとの1dayトリップ

2013.04.04 特集

第4回:アストン・マーティンとの1dayトリップ

 

ITの世界では時間の感覚が違うとは聞いていたが、あまりの進化に驚いた! NAVIeliteの案内で山梨に桃狩りに出かけたのは2011年7月のこと。あれから1年半と少しが過ぎ、基本性能も使い勝手もはるかに改良されていたのだ。

目的地設定には住所や電話番号から指定するような従来の方法もあるが、NAVIeliteならではの機能が「クロスリンク」だ。特に写真のGPS情報からピンポイントで場所を指定できるのは便利。(写真をクリックすると、目的地設定の様子が見られます)
第4回:アストン・マーティンとの1dayトリップ

写真検索で目的地設定

今回の目的地は、静岡県沼津市の興国寺城跡。戦国武将の北条早雲が伊豆攻めを前に居を構え、力を蓄えていた場所だ。500年も前のことだから、もう建物は残っていない。そんなところをどうやって目的地設定するのかって?

NAVIeliteなら、カンタンだ。目的地設定の「クロスリンク検索」で「写真アルバムから検索」を選ぶ。カメラロールから以前ここを訪れた時に撮ってあった写真を選ぶと、ピンポイントで地図上に目的地が現れた。iPhoneで撮影した写真にはGPSの位置情報が記録されているので、それを利用しているわけである。

 
第4回:アストン・マーティンとの1dayトリップの画像
「アストン・マーティン ヴァンキッシュ」は、5年ぶりに復活したフラッグシップモデル。東京駅から沼津に向けてスタートした。
「アストン・マーティン ヴァンキッシュ」は、5年ぶりに復活したフラッグシップモデル。東京駅から沼津に向けてスタートした。

NAVIeliteを装着したのは、新型の「アストン・マーティン ヴァンキッシュ」。このほど5年ぶりに復活したフラッグシップモデルである。スポーティー、エレガント、ゴージャスと三拍子そろったグランドツアラーだ。内装は革とカーボンで構成され、一分のスキもない鮮やかさを見せる。ダッシュボード中央にあるエアコン吹き出し口に装着すると、ちょうど目線の向かう位置となった。2012年10月のアップデートでiPhone 5に対応しているから、以前より横長の画面となっている。

アップデートでは、地図も最新のものに更新されている。年に6回ほど地図情報が提供されるから、高速道路に新たなルートができればちゃんと案内してくれる。もちろん新東名も載っているが、今回は沼津が最寄りのインターチェンジとなるので従来の東名を選んだ。高速道路の乗り口では、3Dグラフィックの拡大表示が現れる。これなら車線を間違えることはない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「NAVIeliteの、今とこれから」の過去記事リストへ