第20回:モータースポーツの入門にこの一台! 
インポーターに聞きました〜プロトン編〜

2013.04.03 特集

第20回:モータースポーツの入門にこの一台! インポーターに聞きました〜プロトン編〜

お値段はJAIA試乗会の参加車両の中でも最安! しかも壊れずよく走ると、モータースポーツのベース車としてぴったりなのが「プロトン・サトリアネオ」だ。ラリーやジムカーナに興味のあるアナタ、これでレースを始めてはいかが?

モータースポーツの入門モデルに最適

――プロトン・サトリアネオとはどのようなクルマですか?

マレーシアで生産される、1.6リッター直4DOHCエンジン搭載の3ドアハッチバックです。

そもそも私ども(サトリアネオのインポーター業務を行うキャロッセ)は、LSDやロールケージといったレース用の部品を開発したり、自社チーム(CUSCO Racing)で国内外のラリーやジムカーナ、ダートトライアルに参戦したりしているのですが、最近、国産車ではこうした競技に気軽に参戦できるクルマが減ってしまったでしょう? そんな折に、プロトンから「うちのクルマを売ってくれないか?」という打診があったので、日本でサトリアネオを販売することになりました。

――2012年のサトリアネオの成績はいかがでしたか?

アジア・パシフィックラリーチャンピオンシップで、2WDカップチャンピオン(ドライバー:カラムジット・シン選手)とジュニアカップチャンピオン(ドライバー:番場彬選手)を獲得しました。日本国内では、全日本ラリー選手権JN3クラスで10位(ドライバー:明治慎太郎選手)の成績をおさめています。

アジパシなどの海外のレースは、排気量が1600ccで区切られているからやりやすいのですが、全日本選手権はそれとはレギュレーションが違って、1600ccのサトリアネオは1.5〜2.0リッターのクラスで戦わないといけません。「トヨタ86」や「ホンダ・インテグラ タイプR」といったマシンがライバルになるので、大変ですよ(笑)。

――競技車両としてのサトリアネオの魅力は?

まず挙げられるのは、なんといっても手ごろな値段でしょう。クルマ自体もかなりしっかり造られていて、簡単には壊れません。これからモータースポーツを始めたいという方の入門モデルに最適なクルマと言えるでしょう。

――全国のwebCG読者に一言お願いします。

全日本ラリー選手権にプロトン・サトリアネオで参戦しますので、ぜひ応援してください。

また、このたびモータースポーツ応援パックの特別仕様車「サトリアネオ type D」を発売しました。ロールケージをはじめ、FIA規定に対応した装備を備えており、すぐにでも国際格式のラリーを走れる仕様となっています。モータースポーツに興味のある方は、これでレースを始めてみませんか?

(インタビューとまとめ=webCG 堀田/写真=田村弥、峰昌宏)

第20回:モータースポーツの入門にこの一台! インポーターに聞きました〜プロトン編〜の画像
キャロッセが正規輸入販売を手掛ける「プロトン・サトリアネオ」は、マレーシアで生産される3ドアハッチバックだ。日本に輸入されるのは、本国ではスポーツグレードとしてラインナップされる1.6リッターエンジン搭載車。
キャロッセが正規輸入販売を手掛ける「プロトン・サトリアネオ」は、マレーシアで生産される3ドアハッチバックだ。日本に輸入されるのは、本国ではスポーツグレードとしてラインナップされる1.6リッターエンジン搭載車。
特別仕様車の「type D」には、FIA規定のロールケージやLSDが標準装備される。「勝ち負けさえ気にしなければ、このままアジパシ(アジア・パシフィックラリーチャンピオンシップ)にも出れますよ(笑)」とのこと。
特別仕様車の「type D」には、FIA規定のロールケージやLSDが標準装備される。「勝ち負けさえ気にしなければ、このままアジパシ(アジア・パシフィックラリーチャンピオンシップ)にも出れますよ(笑)」とのこと。
今回お話をうかがった、キャロッセの林恵一さん(左)と大田尾勝さん(右)。
今回お話をうかがった、キャロッセの林恵一さん(左)と大田尾勝さん(右)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2013」の過去記事リストへ