マセラティ、新型「クアトロポルテ」を発売

2013.04.02 自動車ニュース
「マセラティ・クアトロポルテGT S」
マセラティ、新型「クアトロポルテ」を発売

マセラティ、新型「クアトロポルテ」を発売

マセラティ ジャパンは2013年4月2日、フルモデルチェンジしたラグジュアリーセダン「マセラティ・クアトロポルテ」を発売すると発表した。デリバリー開始は同年6月を予定している。

6代目となる新型「クアトロポルテ」は、2013年1月にデトロイトショーで初公開された。
日本に導入されるのは「クアトロポルテGT S」で、3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載するモデル。3リッターV6ツインターボエンジンを搭載するモデルは、今秋に発売予定という。
マセラティにより新しく設計され、マラネロのフェラーリ工場で生産される3.8リッターV8直噴ツインターボエンジンは、最高出力530ps/6500rpm、最大トルク66.3kgm/2000rpm(オーバーブースト時:72.4kgm/2250rpm)を発生。組み合わされるZF製の8段ATは、5種類のシフトモードを持ち、トランスミッションだけではなく、エンジンのパフォーマンスやサウンドもコントロールされる。

先代モデルよりもボディーサイズが大きくなった(全長で152mm、全幅で53mm、全高で41mmそれぞれ拡大の、全長×全幅×全高=5262×1948×1481mm)にもかかわらず、ボディーパネルの60%以上をアルミ製にすることで、100kgの軽量化を実現。0-100km/hを4.7秒で加速し、最高速度は307km/hに達する。
前後の重量配分は50:50を実現。フロントのダブルウイッシュボーン、リアの5リンクサスペンションにより「クアトロポルテ伝統の絶妙なハンドリングを継承する」(プレスリリース)という。

インテリアでは、インストゥルメントパネルの中央に「マセラティ・タッチコントロールシステム」と呼ばれる8.4インチディスプレイを搭載。ボディーサイズの拡大に伴い、後席のレッグスペースは100mm拡大している。

価格は1690万円。

(文と写真=工藤考浩)


マセラティ、新型「クアトロポルテ」を発売の画像

マセラティ、新型「クアトロポルテ」を発売の画像
「クアトロポルテGT S」とマセラティジャパンのファブリッツィオ・カッツォーリ社長。
「クアトロポルテGT S」とマセラティジャパンのファブリッツィオ・カッツォーリ社長。

関連キーワード:
クアトロポルテマセラティ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ2018年モデル メディア発表会の会場から 2017.11.7 画像・写真 マセラティ ジャパンは2017年11月7日、東京・六本木のグランドハイアット東京で、マセラティ各車の2018年モデルをお披露目した。イベントの様子や会場に並んだ車両の姿を写真でリポートする。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • 第455回:よみがえったもう1台のボンドカー 幻のトヨタ2000GTがフルレストアを経て復活 2017.11.1 エディターから一言 「トヨタ2000GT」の“ボンドカー”が、実は2台存在したことをご存じだろうか。長くベールに包まれていた幻の2000GTボンドカーが、このたびフルレストアを経て復活。ついにその姿を、われわれの前に現した。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4... 2017.10.27 試乗記
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記