「フィアット500」にパステルカラーの限定車

2013.04.02 自動車ニュース

「フィアット500」にパステルカラーの特別限定車が登場

フィアット クライスラー ジャパンは2013年4月2日、コンパクトカー「フィアット500」にパステルカラーが特徴の特別仕様車「500 Pastello(チンクエチェント パステロ)」を設定。合計300台の限定で発売した。

今回の特別仕様車は、1.2リッター4気筒エンジンを搭載した「1.2 POP」をベースに、1960〜70年代に流行したパステルカラーの外装色を取り入れたものである。

色は1960年代の「Nuova(ヌオーバ) 500」に設定のあった、「ニューエイジクリーム」(140台)と「カントリーポリタンイエロー」(80台)の2色に、現行カラーラインナップの中から人気の高い「ブルーヴォラーレ」(80台)を加えた全3色を設定。ホワイト&クローム仕上げのホイールキャップをはじめ、ドアミラーやアンテナなどはホワイトで、シフトノブはボディーと同色でコーディネートされている。

価格は、ベース車より2万円高の201万円。

(webCG)

「フィアット500 パステロ」
ボディーカラーは「カントリーポリタンイエロー」。
「フィアット500」にパステルカラーの限定車
「ニューエイジクリーム」
「フィアット500」にパステルカラーの限定車
「ブルーヴォラーレ」
「フィアット500」にパステルカラーの限定車

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る