「フィアット500」にパステルカラーの限定車

2013.04.02 自動車ニュース

「フィアット500」にパステルカラーの特別限定車が登場

フィアット クライスラー ジャパンは2013年4月2日、コンパクトカー「フィアット500」にパステルカラーが特徴の特別仕様車「500 Pastello(チンクエチェント パステロ)」を設定。合計300台の限定で発売した。

今回の特別仕様車は、1.2リッター4気筒エンジンを搭載した「1.2 POP」をベースに、1960〜70年代に流行したパステルカラーの外装色を取り入れたものである。

色は1960年代の「Nuova(ヌオーバ) 500」に設定のあった、「ニューエイジクリーム」(140台)と「カントリーポリタンイエロー」(80台)の2色に、現行カラーラインナップの中から人気の高い「ブルーヴォラーレ」(80台)を加えた全3色を設定。ホワイト&クローム仕上げのホイールキャップをはじめ、ドアミラーやアンテナなどはホワイトで、シフトノブはボディーと同色でコーディネートされている。

価格は、ベース車より2万円高の201万円。

(webCG)

「フィアット500 パステロ」
ボディーカラーは「カントリーポリタンイエロー」。
「フィアット500 パステロ」
ボディーカラーは「カントリーポリタンイエロー」。 拡大
「ニューエイジクリーム」
「ニューエイジクリーム」 拡大
「ブルーヴォラーレ」
「ブルーヴォラーレ」 拡大

関連キーワード:
500フィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
ホームへ戻る