「フィアット500」にパステルカラーの限定車

2013.04.02 自動車ニュース

「フィアット500」にパステルカラーの特別限定車が登場

フィアット クライスラー ジャパンは2013年4月2日、コンパクトカー「フィアット500」にパステルカラーが特徴の特別仕様車「500 Pastello(チンクエチェント パステロ)」を設定。合計300台の限定で発売した。

今回の特別仕様車は、1.2リッター4気筒エンジンを搭載した「1.2 POP」をベースに、1960〜70年代に流行したパステルカラーの外装色を取り入れたものである。

色は1960年代の「Nuova(ヌオーバ) 500」に設定のあった、「ニューエイジクリーム」(140台)と「カントリーポリタンイエロー」(80台)の2色に、現行カラーラインナップの中から人気の高い「ブルーヴォラーレ」(80台)を加えた全3色を設定。ホワイト&クローム仕上げのホイールキャップをはじめ、ドアミラーやアンテナなどはホワイトで、シフトノブはボディーと同色でコーディネートされている。

価格は、ベース車より2万円高の201万円。

(webCG)

「フィアット500 パステロ」
ボディーカラーは「カントリーポリタンイエロー」。
「フィアット500 パステロ」
ボディーカラーは「カントリーポリタンイエロー」。
「ニューエイジクリーム」
「ニューエイジクリーム」
「ブルーヴォラーレ」
「ブルーヴォラーレ」

関連キーワード:
500フィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • 音と走りにこだわった「フィアット500Sデチベル」登場 2017.11.24 自動車ニュース FCAジャパンは2017年11月22日、「フィアット500」に特別仕様車「500S Decibel(デチベル)」を設定し、同年12月2日に90台の台数限定で発売すると発表した。0.9リッター直2ターボのTwin Airエンジンに5段MTを組み合わせ、Beatsのサウンドシステムを搭載している。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記