ホンダが「ソーラー水素ステーション」を設置【Movie】

2012.03.29 自動車ニュース

【Movie】ホンダが埼玉県庁に「ソーラー水素ステーション」を設置

本田技研工業は2012年3月27日、埼玉県と共同で取り組んでいる実証実験の一環として、日本初の高圧水電解システムを適用した「ソーラー水素ステーション」を埼玉県庁敷地内に設置した。また、外部給電機能を装備した燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」を新たに開発し、埼玉県に納車した。

この「ソーラー水素ステーション」は、水素の製造から、貯蔵、供給までのプロセスにおいてCO2を一切排出しない、日本初をうたうもの。環境省の委託を受け、将来の低炭素社会の実現に向けた産官共同の実証実験として設置した。

ホンダの独自技術である高圧水電解システムの採用により、水素の製造と圧縮を一体化することでコンプレッサーが不要となった。これにより、小型化と低騒音化を実現したという。今後は家庭用水素供給装置としての普及を目指し、水素エネルギーの効率的な管理と有効活用の可能性を検証していく予定。

このステーションは太陽光と商用電源を併用し、24時間で1.5kgの水素を製造する。1.5kgの水素とは、燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」が約150km走行できる量に相当するという。

また、ホンダは今回、新たに外部給電機能を装備した「FCXクラリティ」を開発し、埼玉県に納車した。ホンダによれば、この車両は一般家庭の6日分に相当する電力(最大出力9kWで連続7時間以上)の給電が可能とのことだ。このステーションを拠点に、公用車として活用しながら実用性を検証していく。

(webCG 竹下)

■ホンダが埼玉県庁に「ソーラー水素ステーション」を設置(提供=本田技研工業)

ソーラー水素ステーションと「FCXクラリティ」
ホンダが「ソーラー水素ステーション」を設置
「FCXクラリティ」と外部出力用インバーターBOX
ホンダが「ソーラー水素ステーション」を設置
インバーターBOXと「FCXクラリティ」の接続はトランク内で行う。
ホンダが「ソーラー水素ステーション」を設置

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。