ホンダが新型車に「ぶつからない」機能を導入

2013.03.29 自動車ニュース

ホンダ、新型「フィット」に事故回避支援システムを導入

本田技研工業は2013年3月29日、事故回避支援システムの「City-Brake Active System(シティーブレーキアクティブシステム)」を、同年発売予定の新型「フィット」に採用すると発表した。

このシステムは、約30km/h以下の低速走行時に発生する追突事故の防止や、事故被害の軽減を目的に開発されたものだ。
前方車両の認識には、フロントウィンドウ上部のレーザーレーダーを使用。車間がつまるなどして追突の危険性が高まると、ブザーとともにメーター内のインジケーター表示が点滅してドライバーに警告する。それでもブレーキ操作がなかった場合には自動的にブレーキがかかり、追突を回避、もしくはその衝撃を軽減することができる。

また、アクセルとブレーキの踏み間違いなどによる事故の防止に寄与する「誤発進抑制機能」も採用。停止時や約10km/h以下での走行中、前方約4m以内に障害物がある状況で必要以上にアクセルペダルが踏み込まれると、ブザーとインジケーター表示の点滅でドライバーに警告。エンジン出力を制御し、発進を抑制する。

このシステムは、サイドエアバッグやサイドカーテンエアバッグと併せ、安全装備を充実させた「Safety Package」として新型フィットに設定される予定だ。

(webCG)

 
ホンダ、新型車に「ぶつからない」機能を導入

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る