【スペック】全長×全幅×全高=4150×1845×1295mm/ホイールベース=2430mm/車重=1460kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5250rpm、27.5kgm/1800-4600rpm)/価格=493万円(テスト車=556万円)

メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー MT(FR/6MT)【試乗記】

そのひと手間がスパイス 2013.04.02 試乗記 メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー MT(FR/6MT)
…556万円

2シーターオープンカーの「SLKクラス」にMTモデルが追加された。日本で正規販売されるメルセデス・ベンツとしては21年ぶりとなるMT仕様の乗り味を、春の伊豆で確かめた。

スポーツカーくらいMTで……

「メルセデス・ベンツSLK」は、昨年の日本でいちばん売れた輸入オープンカーだったという。「今年もいちばんを取れ!」がSLKに課せられた至上命令なのかどうなのかはともかく、この2月に500万円を切るSLKが2台も発売された。すでに知っている人も多いと思うが、そのうちの1台はなんと3ペダルMTだ。

今回のMT追加は日本側からの要望によるものだそうだ。ただでさえ少なかったMTが、ツインクラッチ・トランスミッションの登場によって、(少なくとも日本では)いよいよ待ったなしの絶滅危惧種になったこと。そのわりに……というか、それによって「スポーツカーくらいMTで乗せろや!」というクルマ趣味的ニーズが意外に少なくないことがさらに浮き彫りになったこと……が、メルセデス・ベンツ日本の背中を押したのかもしれない。いずれにしても、これはMT派にとっては久々の、なんともめでたいニュースである。

日本で正規販売されるメルセデスのMT車としては「190Eアンファング」以来21年ぶりというマニュアルSLKのベースは、おなじみの「200ブルーエフィシェンシー」。アンダー500万円の戦略価格商品だが、「レーダーセーフティパッケージ」や「パークトロニック」などのハイテク装備が未設定となるくらいで、7インチディスプレイやナビを含む「COMANDシステム」、オートエアコンも17インチアルミホイールも標準装備。安全装備の省略も一切なく、客寄せパンダ的なショボさは皆無だ。

SLKをわざわざMTで乗るという心意気(?)を想定してか、同時発売の「SLK200ブルーエフィシェンシー トレンド」(AT)とは異なり、MTのみスポーツサスペンションも標準。タイヤがランフラットでなくなるのも、供給側にとってはコストダウン策の一環かもしれないが、「それは逆に好都合」と喜ぶ“心意気ユーザー”も多いはず。

このクルマは追加オプションなしのツルシ状態でも十分以上に小型高級スポーツカーなのは前記のとおりだが、今回の取材車には「AMGスポーツパッケージ」と「レザーパッケージ」が装着されていた。この状態だとそれなりに立派な価格(556万円)になる。

テスト車にはオプションの「AMGスポーツパッケージ」(35万円)が装着されていた。なお、同パッケージを選ぶには、同時に「レザーパッケージ」(28万円)のオプションも装着する必要がある。
テスト車にはオプションの「AMGスポーツパッケージ」(35万円)が装着されていた。なお、同パッケージを選ぶには、同時に「レザーパッケージ」(28万円)のオプションも装着する必要がある。
H型のシフトパターンは、左上がリバースでその右隣が1速、右下が6速となる。
H型のシフトパターンは、左上がリバースでその右隣が1速、右下が6速となる。

メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー MT(FR/6MT)【試乗記】の画像
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 第349回:メルセデス・ベンツのデザイナーが語る
    “モダンラグジュアリー”と“ドリームカー”
    2016.6.10 エディターから一言 メルセデス・ベンツが「Sクラス カブリオレ」をはじめとする3台のオープンカーを日本に導入。発表会に合わせて来日したデザイナーに、新しいデザインコンセプトである“モダンラグジュアリー”とは何か、そして3台の“ドリームカー”について話を聞いた。
  • メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
    ……2245万円

    飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る