「インプレッサWRX」の新型コンセプトカー現る【ニューヨークショー2013】

2013.03.29 自動車ニュース

【ニューヨークショー2013】新たな「スバル・インプレッサWRX STI」のコンセプトカー現る

富士重工業は2013年3月28日、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、コンセプトモデル「スバルWRXコンセプト」を世界初公開した。

「スバルWRXコンセプト」は、ハイパフォーマンスモデル「スバル・インプレッサWRX STI」の次期型をイメージした、新たなコンセプトモデルだ。

歴代のラリーマシンを思わせる青色(WRブルー・パールIII)に彩られたボディーは、大きく張り出したフェンダーや大口径のエアインテークで、ハイパフォーマンスをアピール。
その他、カーボン製のルーフパネルやリアのディフューザー、左右2本出しのマフラーエンド、BBS製の超超ジュラルミン鍛造1ピースホイール「RI-D」など、走りに関する装備も山盛りだ。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4520×1890×1390mmと、現行型の「インプレッサWRX STI(4ドア)」に比べて60mm短く、95mm幅広く、80mm低いディメンション。ホイールベースは135mm長い2760mmが確保されている。
パワートレインは、ターボエンジン+4WD。「あらゆる走行環境において、ドライバーの意のままに操る愉しさを実現する、究極のドライビングマシーン」とうたわれる。

(webCG 関)

→「スバルWRXコンセプト」のさらに詳しい画像はこちら

「スバルWRXコンセプト」
「スバルWRXコンセプト」
 
「インプレッサWRX」の新型コンセプトカー現る【ニューヨークショー2013】の画像
 
「インプレッサWRX」の新型コンセプトカー現る【ニューヨークショー2013】の画像
 
「インプレッサWRX」の新型コンセプトカー現る【ニューヨークショー2013】の画像
 
「インプレッサWRX」の新型コンセプトカー現る【ニューヨークショー2013】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX STIの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX STI Type S(4WD/6MT)【試乗記】 2014.10.30 試乗記 スバル自慢のスポーツモデル「WRX STI」。街中や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションでの試乗を通して感じたこととは?
  • スバルWRX S4 GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.9.8 試乗記 年次改良により、「スバルWRX S4」の上級グレード「GT-S EyeSight」に、「WRX STI」と同じ245/40R18サイズのハイパフォーマンスタイヤがオプション設定された。専用チューニングのサスペンションまでおごられたという“245タイヤのS4”に試乗し、その走りの実力を確かめた。
  • スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.31 試乗記 300psの直噴ターボエンジンを搭載したスバルのスポーツセダン「WRX S4」が、デビューから1年を待たずに、足まわりの調整や安全装備の強化といった改良を受けた。エントリーグレード「2.0GT EyeSight」の試乗を通し、その出来栄えをチェックする。
  • スバルWRX S4(4WD/CVT)/WRX STI(4WD/6MT)【試乗記】 2014.8.26 試乗記 いよいよ登場した新型「スバルWRX」。「インプレッサ」の名を捨て、「S4」「STI」の2モデル態勢でデビューした新しいスバルの旗手を、サーキットで試す。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編)NEW 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る