スバル初のハイブリッド車、北米でデビュー【ニューヨークショー2013】

2013.03.29 自動車ニュース

【ニューヨークショー2013】 スバル初のハイブリッド車「XV クロストレック ハイブリッド」が正式デビュー

富士重工業は2013年3月28日、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、ハイブリッドカー「XV クロストレック ハイブリッド」を世界初公開した。

■目指したのは「走りの楽しいハイブリッド車」

「XV クロストレック ハイブリッド」は、スバルブランド初となる量産型のハイブリッドカー。車名からもわかるとおり、既存のクロスオーバー「XV クロストレック(邦名:XV)」のハイブリッド版である。
開発陣によれば、「これは単なるエコカーにあらず」。ハイブリッドシステムを使って、スバルらしい“走る楽しさ”を表現したという。

今回発表された北米仕様車のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4450×1780×1615mm(ルーフレール含む)。ホイールベースは2640mmで、220mmの最低地上高が確保される。

エクステリアは、LEDのリアコンビランプやアルミホイールを専用デザインとすることで「XV クロストレック」との差別化が図られ、専用色の「プラズマグリーン・パール」も設定される。
インテリアでは、ブルー基調のスピードメーターや専用のマルチファンクションディスプレイが特徴。ハイブリッド車に多く見られるパワーメーターではなく、タコメーターが与えられる。

肝心のハイブリッドシステムは、スバルの独自開発だ。ベースとなるパワーユニットは、他スバル車にも搭載される2リッターの水平対向4気筒で、トランスミッション(リニアトロニック:CVT)のケース内部に、13.4hpと6.6kgmを発生するハイブリッド用モーターが追加されている。
駆動方式は4WDで、低速域ではEV走行が、中速域ではモーターアシストが可能。摩擦抵抗の低減を徹底した結果、ガソリンエンジン単体でも、これまでより5〜6%の燃費改善を実現した。

なおバッテリーは、パナソニック製(旧サンヨー製)のニッケル水素タイプが採用され、ラゲッジルームの下に配される。前後の重量配分は「XV クロストレック」と同等レベルで、専用チューンの足まわりと相まって、スポーティーかつ安定感のある走りを提供するという。

「XV クロストレック ハイブリッド」の北米におけるデビュー時期は、2013年の秋。日本市場には、それより早く導入される見通しだ。
価格については、「ガソリン車よりは高くなるが、それほどの価格差にはならない」(プロジェクトゼネラルマネージャー 竹内明英氏)とのこと。

(webCG 関)

「スバルXV クロストレック ハイブリッド」
「スバルXV クロストレック ハイブリッド」
 
スバル初のハイブリッド車、北米でデビュー【ニューヨークショー2013】の画像
 
スバル初のハイブリッド車、北米でデビュー【ニューヨークショー2013】の画像
 
スバル初のハイブリッド車、北米でデビュー【ニューヨークショー2013】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る