スバル初のハイブリッド車、北米でデビュー【ニューヨークショー2013】

2013.03.29 自動車ニュース

【ニューヨークショー2013】 スバル初のハイブリッド車「XV クロストレック ハイブリッド」が正式デビュー

富士重工業は2013年3月28日、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、ハイブリッドカー「XV クロストレック ハイブリッド」を世界初公開した。

■目指したのは「走りの楽しいハイブリッド車」

「XV クロストレック ハイブリッド」は、スバルブランド初となる量産型のハイブリッドカー。車名からもわかるとおり、既存のクロスオーバー「XV クロストレック(邦名:XV)」のハイブリッド版である。
開発陣によれば、「これは単なるエコカーにあらず」。ハイブリッドシステムを使って、スバルらしい“走る楽しさ”を表現したという。

今回発表された北米仕様車のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4450×1780×1615mm(ルーフレール含む)。ホイールベースは2640mmで、220mmの最低地上高が確保される。

エクステリアは、LEDのリアコンビランプやアルミホイールを専用デザインとすることで「XV クロストレック」との差別化が図られ、専用色の「プラズマグリーン・パール」も設定される。
インテリアでは、ブルー基調のスピードメーターや専用のマルチファンクションディスプレイが特徴。ハイブリッド車に多く見られるパワーメーターではなく、タコメーターが与えられる。

肝心のハイブリッドシステムは、スバルの独自開発だ。ベースとなるパワーユニットは、他スバル車にも搭載される2リッターの水平対向4気筒で、トランスミッション(リニアトロニック:CVT)のケース内部に、13.4hpと6.6kgmを発生するハイブリッド用モーターが追加されている。
駆動方式は4WDで、低速域ではEV走行が、中速域ではモーターアシストが可能。摩擦抵抗の低減を徹底した結果、ガソリンエンジン単体でも、これまでより5〜6%の燃費改善を実現した。

なおバッテリーは、パナソニック製(旧サンヨー製)のニッケル水素タイプが採用され、ラゲッジルームの下に配される。前後の重量配分は「XV クロストレック」と同等レベルで、専用チューンの足まわりと相まって、スポーティーかつ安定感のある走りを提供するという。

「XV クロストレック ハイブリッド」の北米におけるデビュー時期は、2013年の秋。日本市場には、それより早く導入される見通しだ。
価格については、「ガソリン車よりは高くなるが、それほどの価格差にはならない」(プロジェクトゼネラルマネージャー 竹内明英氏)とのこと。

(webCG 関)

「スバルXV クロストレック ハイブリッド」
「スバルXV クロストレック ハイブリッド」
 
スバル初のハイブリッド車、北米でデビュー【ニューヨークショー2013】の画像
 
スバル初のハイブリッド車、北米でデビュー【ニューヨークショー2013】の画像
 
スバル初のハイブリッド車、北米でデビュー【ニューヨークショー2013】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る