【スペック】全長×全幅×全高=4680×1805×1415mm/ホイールベース=2775mm/車重=1580kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(276ps/5500rpm、35.9kgm/1700-5500rpm)/価格=439万円(テスト車=490万8500円)

キャデラックATSラグジュアリー(FR/6AT)【試乗記】

かつてのイメージにサヨナラ 2013.03.31 試乗記 キャデラックATSラグジュアリー(FR/6AT)
……490万8500円

“お手ごろサイズのキャデラック”として生まれた、新型セダン「ATS」。
実際に乗ってみたら、どうだった? クルマとしての仕上がりをリポートする。

考え抜かれたアメリカン

「クラウン」より小さいキャデラックが、「ATS」である。エンジンは新開発の直噴2リッター4気筒ターボ。軽量と高剛性を両立したとされる4ドアボディーの全長(4680mm)は、新型クラウンより22cm短い。全幅があと10cmほど小さかったら5ナンバーが付いていた。エッジをきかせたデザインテイストは「CTS」と同じだが、さらにダウンサイジングをきわめたコンパクトFRキャデラックである。

米国内での仮想敵は「BMW 3シリーズ」。「ドイツの人気スポーティーセダンを徹底的にマークして開発した」とメーカー自ら公言してはばからない。ボディーやエンジンのサイズはその結果でもあるし、シャシーはニュルブルクリンクに遠征して煮詰めたという。試乗車の車検証を見ると、軸重は前790kg/後790kg。前後イーブンの重量配分に仕上げたところもBMW研究の結実といえる。

試乗車は439万円の標準モデル。といっても“ラグジュアリー”のグレード名が与えられるところはさすがキャデラックだ。5月に発売される上級グレードのプレミアム(499万円)も含めて、左ハンドルのみ。日本ではハンディになるが、右ハンドルは作っていない。

だが、冷え込んだ早朝、エンジンをかけると、「路面凍結の恐れあり、注意深く運転」という、思いっきり漢字を使った日本語が計器盤のメッセージボードに出た。最近のキャデラックは日本人にもこんなに親切なのかと感心する。
走りだすと、ATSはとくべつ3シリーズに似ているわけではなかった。同クラスのドイツ製ライバルとも違う。しかし、見どころの多い新しいアメリカ車である。

エッジのきいたエクステリアの「ATS」。キャデラックの伝統と特徴を盛り込みつつ、ダイナミックなパフォーマンスを表現したという。
エッジのきいたエクステリアの「ATS」。キャデラックの伝統と特徴を盛り込みつつ、ダイナミックなパフォーマンスを表現したという。
8インチディスプレイが中央にすえられるインテリア。シートやステアリングホイールは、グレードにかかわらずレザー仕様となる。
8インチディスプレイが中央にすえられるインテリア。シートやステアリングホイールは、グレードにかかわらずレザー仕様となる。
ハンドリング性能にもこだわりをみせる。日本に導入されるAT車では、理想とされる50:50の前後重量配分がとられている。
ハンドリング性能にもこだわりをみせる。日本に導入されるAT車では、理想とされる50:50の前後重量配分がとられている。
関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 第2回:ローディー meets CTS
    電動化のカッコよさについて考えてみた
    2017.2.24 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR> webCG編集部きってのローディー(ロードバイク愛好家)折戸が、「キャデラックCTS」で人気マンガ『弱虫ペダル』の舞台としても知られる日本サイクルスポーツセンターまでドライブ。キャデラック流のおもてなし=電動化の意義について考えた。
  • 第1回:編集部に「CTS」がやって来た
    「キャデラックCTSセダン」がある日常をリポート
    2017.2.17 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR> いつもより長い時間じっくりテストして、そのクルマと過ごす毎日をさまざまな角度からリポートするのがwebCGの「日常劇場」。今回から約2カ月間、「キャデラックCTSセダン プレミアム」がある日常を報告する。
  • キャデラックCTSセダン プレミアム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.4.11 試乗記 キャデラックのラインナップの中核を担うミドルクラスモデル「CTSセダン」が、年次改良によって2016年モデルに進化した。従来型からの変化の度合いと、CTSが生来持ち合わせているワールドクラスの実力をリポートする。
  • 「キャデラックCTS」が一部改良、シルバーの限定モデルも 2017.5.18 自動車ニュース GMジャパンが、一部改良を受けた「キャデラックCTS」を5月20日に発売。新しい意匠のグリルと新装備のリアカメラミラーが特徴で、価格は745万円となっている。シルバーの外装色が特徴の限定車「シルバームーンライトエディション」も同時に発売される。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
ホームへ戻る