新型「ミツオカ・ビュート さくら」発売

2013.03.28 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート さくら」
新型「ミツオカ・ビュート さくら」発売

新型「ミツオカ・ビュート さくら」発売

光岡自動車は2013年3月28日、特別仕様車「ビュート さくら」の新型を発表した。同年3月30日に発売する。

2年前に認定中古車ベースで初めて販売された“さくら”。ユーザーからの要望に応える形で、2代目は新車で登場。
2年前に認定中古車ベースで初めて販売された“さくら”。ユーザーからの要望に応える形で、2代目は新車で登場。

新型「ミツオカ・ビュート さくら」発売の画像
インテリアは革張り。ミツオカによれば「今回の特別装備は、単体でオプション選択した場合に比べて、断然おトク」。
インテリアは革張り。ミツオカによれば「今回の特別装備は、単体でオプション選択した場合に比べて、断然おトク」。

「ビュート さくら」は、ミツオカのコンパクトセダン「ビュート」をベースとする特別仕様車。名前のとおり、桜を連想させる華やかな内外装が特徴となっている。

具体的な特別装備は、以下のとおり。
・専用ボディーカラー
・専用エンブレム(インストゥルメントパネル/リアドア/トランク)
・専用グリルバッジ
・クラシックドアトリム
・ウッドタイプのインストゥルメントパネル
・専用刺しゅう入り本革シート(ダークレッド×パステルピンクパイピング)

この“さくら仕様”は、2年前の2011年4月に初登場。1年後の2012年5月には「ビュート」そのものがフルモデルチェンジされたため、今回のモデルは、ベースの異なる“新生さくら”ということになる。
また、認定中古車を仕立て直すことで制作された先代モデルと異なり、今回の「ビュート さくら」は、新車に限って販売される。

ラインナップは、1.2リッターエンジンを搭載する、FF、CVT仕様のみ。先代モデルでは4色のボディーカラーが用意されたが、今回は、イメージカラーである“さくら色”に絞られる。

価格は247万5000円。ベースモデル「ビュート12ST」に比べて、42万5000円高となっている。

(webCG 関)

シートの背もたれには、花柄の刺しゅうが施される。
シートの背もたれには、花柄の刺しゅうが施される。
特別仕様車の「ビュート さくら」に、台数制限はない。なお、2012年5月にモデルチェンジした現行型「ビュート」は、これまでの1年弱で350台ほどデリバリーされたとのこと。
特別仕様車の「ビュート さくら」に、台数制限はない。なお、2012年5月にモデルチェンジした現行型「ビュート」は、これまでの1年弱で350台ほどデリバリーされたとのこと。

関連キーワード:
ビュートミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカが「ビュート」の25周年記念特別仕様車を発売 2018.1.18 自動車ニュース 光岡自動車は2018年1月18日、「ビュート」に特別仕様車「マイ ビュート 25周年記念特別仕様車」を設定し、同年1月20日から12月24日までの期間限定で販売すると発表した。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」が日本上陸
    2018.1.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月19日、新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」を発表し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年3月ごろを予定している。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ロールス・ロイス、8代目となる新型「ファントム」を日本に導入 2018.1.22 自動車ニュース ロールス・ロイスが8代目「ファントム」の日本導入を開始した。今回の新型にはロールス・ロイス専用に開発された「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」が採用されており、快適な乗り心地と高い静粛性が徹底的に追求されている。
ホームへ戻る