新型「ミツオカ・ビュート さくら」発売

2013.03.28 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート さくら」
新型「ミツオカ・ビュート さくら」発売

新型「ミツオカ・ビュート さくら」発売

光岡自動車は2013年3月28日、特別仕様車「ビュート さくら」の新型を発表した。同年3月30日に発売する。

2年前に認定中古車ベースで初めて販売された“さくら”。ユーザーからの要望に応える形で、2代目は新車で登場。
2年前に認定中古車ベースで初めて販売された“さくら”。ユーザーからの要望に応える形で、2代目は新車で登場。

新型「ミツオカ・ビュート さくら」発売の画像
インテリアは革張り。ミツオカによれば「今回の特別装備は、単体でオプション選択した場合に比べて、断然おトク」。
インテリアは革張り。ミツオカによれば「今回の特別装備は、単体でオプション選択した場合に比べて、断然おトク」。

「ビュート さくら」は、ミツオカのコンパクトセダン「ビュート」をベースとする特別仕様車。名前のとおり、桜を連想させる華やかな内外装が特徴となっている。

具体的な特別装備は、以下のとおり。
・専用ボディーカラー
・専用エンブレム(インストゥルメントパネル/リアドア/トランク)
・専用グリルバッジ
・クラシックドアトリム
・ウッドタイプのインストゥルメントパネル
・専用刺しゅう入り本革シート(ダークレッド×パステルピンクパイピング)

この“さくら仕様”は、2年前の2011年4月に初登場。1年後の2012年5月には「ビュート」そのものがフルモデルチェンジされたため、今回のモデルは、ベースの異なる“新生さくら”ということになる。
また、認定中古車を仕立て直すことで制作された先代モデルと異なり、今回の「ビュート さくら」は、新車に限って販売される。

ラインナップは、1.2リッターエンジンを搭載する、FF、CVT仕様のみ。先代モデルでは4色のボディーカラーが用意されたが、今回は、イメージカラーである“さくら色”に絞られる。

価格は247万5000円。ベースモデル「ビュート12ST」に比べて、42万5000円高となっている。

(webCG 関)

シートの背もたれには、花柄の刺しゅうが施される。
シートの背もたれには、花柄の刺しゅうが施される。
特別仕様車の「ビュート さくら」に、台数制限はない。なお、2012年5月にモデルチェンジした現行型「ビュート」は、これまでの1年弱で350台ほどデリバリーされたとのこと。
特別仕様車の「ビュート さくら」に、台数制限はない。なお、2012年5月にモデルチェンジした現行型「ビュート」は、これまでの1年弱で350台ほどデリバリーされたとのこと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビュートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ミツオカ・ビュート 2012.5.25 画像・写真 2012年5月24日に発売された新型「ミツオカ・ビュート」の姿を、写真で紹介する。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る