新型「ミツオカ・ビュート さくら」発売

2013.03.28 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート さくら」
新型「ミツオカ・ビュート さくら」発売

新型「ミツオカ・ビュート さくら」発売

光岡自動車は2013年3月28日、特別仕様車「ビュート さくら」の新型を発表した。同年3月30日に発売する。

2年前に認定中古車ベースで初めて販売された“さくら”。ユーザーからの要望に応える形で、2代目は新車で登場。
2年前に認定中古車ベースで初めて販売された“さくら”。ユーザーからの要望に応える形で、2代目は新車で登場。

新型「ミツオカ・ビュート さくら」発売の画像
インテリアは革張り。ミツオカによれば「今回の特別装備は、単体でオプション選択した場合に比べて、断然おトク」。
インテリアは革張り。ミツオカによれば「今回の特別装備は、単体でオプション選択した場合に比べて、断然おトク」。

「ビュート さくら」は、ミツオカのコンパクトセダン「ビュート」をベースとする特別仕様車。名前のとおり、桜を連想させる華やかな内外装が特徴となっている。

具体的な特別装備は、以下のとおり。
・専用ボディーカラー
・専用エンブレム(インストゥルメントパネル/リアドア/トランク)
・専用グリルバッジ
・クラシックドアトリム
・ウッドタイプのインストゥルメントパネル
・専用刺しゅう入り本革シート(ダークレッド×パステルピンクパイピング)

この“さくら仕様”は、2年前の2011年4月に初登場。1年後の2012年5月には「ビュート」そのものがフルモデルチェンジされたため、今回のモデルは、ベースの異なる“新生さくら”ということになる。
また、認定中古車を仕立て直すことで制作された先代モデルと異なり、今回の「ビュート さくら」は、新車に限って販売される。

ラインナップは、1.2リッターエンジンを搭載する、FF、CVT仕様のみ。先代モデルでは4色のボディーカラーが用意されたが、今回は、イメージカラーである“さくら色”に絞られる。

価格は247万5000円。ベースモデル「ビュート12ST」に比べて、42万5000円高となっている。

(webCG 関)

シートの背もたれには、花柄の刺しゅうが施される。
シートの背もたれには、花柄の刺しゅうが施される。
特別仕様車の「ビュート さくら」に、台数制限はない。なお、2012年5月にモデルチェンジした現行型「ビュート」は、これまでの1年弱で350台ほどデリバリーされたとのこと。
特別仕様車の「ビュート さくら」に、台数制限はない。なお、2012年5月にモデルチェンジした現行型「ビュート」は、これまでの1年弱で350台ほどデリバリーされたとのこと。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート OTTAVA(オッターヴァ) 2012.10.24 画像・写真 光岡自動車は2012年10月24日、「ビュート」の特別仕様車「OTTAVA(オッターヴァ)」を発表した。10月25日に発売する。車両価格は585万円。
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ミツオカ・オロチ・カブト(MR/5AT)【試乗記】 2008.12.5 試乗記 ミツオカ・オロチ・カブト(MR/5AT)
    ……1380.0万円

    「オロチ」にウェットカーボン製のエアロパーツなどを追加したスペシャルバージョン「カブト」。その見た目と価格に驚かされるが、乗ってみると意外に……。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
ホームへ戻る