第173回:「ジャガーFタイプ」が公道を行く ジャガーとランドローバーの最新技術を試す

2013.03.29 エディターから一言

第173回:「ジャガーFタイプ」が公道を行くジャガーとランドローバーの最新技術を試す

公道に現れた「ジャガーFタイプ」。ただし今回はステアリングはお預け。助手席インプレッションにとどまった。
公道に現れた「ジャガーFタイプ」。ただし今回はステアリングはお預け。助手席インプレッションにとどまった。

自動車メーカーが、モーターショーで発表するコンセプトカーや新技術などを、事前に一部のメディアに体験させることが時々ある。ジャガー・ランドローバーは3月のジュネーブモーターショーでいくつかの新しい試みを発表したが、筆者はプレスデイ前日に、レマン湖畔の特設会場でそれらに乗ることができた。

新旧ジャガーが顔合わせ。「ジャガーCタイプ」と。
新旧ジャガーが顔合わせ。「ジャガーCタイプ」と。
トランクリッドの後端にはオートスポイラーが装着されている。
トランクリッドの後端にはオートスポイラーが装着されている。
シフトパドルとエンジンスタートボタンが渋いマットゴールドなのが新しい。
シフトパドルとエンジンスタートボタンが渋いマットゴールドなのが新しい。

“しつけられた速さ”が印象的な「Fタイプ」

まずは、「ジャガーFタイプ」。Fタイプは2012年10月のパリモーターショーで発表されていたが、マーケットへの納車はまだ先で、関係者以外は誰も運転していない。したがって、ジャガー関係者の運転するFタイプの助手席に乗って、湖の周辺を走るにとどまった。

ナンバープレートが付いて、現実世界で眺めるFタイプはとても特徴的だ。同じジャガーのスポーツカー「XK」などはボディーのすべての面が柔らかな曲面と曲線で描かれていたのに対して、Fタイプはところどころに鋭いエッジを配していて現代的な感じがする。

インテリアでまず目を引くのは、センターコンソール。コンソールの左右の“峰”の高さが非対称で、ドライバー側だけが低くなっているのがユニークだ。インテリアデザイナーは、ドライビングを妨げることなくドライバーを包み込むようなコクピットを造り上げたかったのだろう。

もう一点、横から見ていて気付いたのは、パドルとエンジンスタートボタンが渋いマットゴールドなこと。この種の操作部分の色はシルバーと相場が決まっていたものだが、センターコンソールの造形と併せて新しい雰囲気を醸し出すことに成功している。

Fタイプのエンジンは、V6スーパーチャージドが2種類、V8スーパーチャージドが1種類用意されているが、乗ったのは495psを発生するV8スーパーチャージド搭載モデル。限られた時間と場所だったのでその実力のホンの片りんしか感じることはできなかったが、よくしつけられた速さだった。
また、10秒台前半と思われる幌(ほろ)の開閉時間の短さにも好印象を抱いた。

「Cタイプ」が小さいと言うべきか? 「Fタイプ」が立派と言うべきか?
「Cタイプ」が小さいと言うべきか? 「Fタイプ」が立派と言うべきか?
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る