【スペック】全長×全幅×全高=4630×1865×1480mm/ホイールベース=2775mm/車重=1540kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(200ps/5750rpm、29.1kgm/2000-4250rpm)/燃費=13.6km/リッター(JC08モード)/価格=479万円(テスト車=525万円)

ボルボV60 T4 R-DESIGN ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車【試乗記】

よりパワフルに、思いのままに 2013.03.29 試乗記 ボルボV60 T4 R-DESIGN ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車(FF/6AT)
……525万円

ボルボの定番エンジンである1.6リッター4気筒ターボに、メーカー公認のチューニングプログラム「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が登場。サーキットでの相棒がひとさじ加えたことで、高効率のダウンサイジングエンジンはどう変わったのか?

走りにメリハリが利く

「ボルボV60 T4 R-DESIGN ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」という車は、名前の通り、V60の主流である直噴4気筒1.6リッターターボ車に、ボルボのモータースポーツ活動の公式パートナーであるポールスター・レーシングがファインチューンを施した“+20psエンジン”を搭載したモデルである。
パワーはもとよりトルクの増強はほぼ全域に及ぶ。1600-5000rpmまでの領域において24.5kgmを発生していた特性は、29.1kgm/2000-4250rpmにアップされる。これはコンピューターチューンゆえ、ロムの書き換え作業は全国のボルボ正規販売店で行え、プログラムのインストール後も車両の新車保証は継続して適用される。同製品はすでに販売されているT4エンジン(型式B4164)搭載車(「V40」「S60」「V60」「V70」各2013年モデル)に導入可能で費用は20万円。

数字の上では、1600-5000rpmの間の広範囲で発生していたトルクが、2000-4250rpmと有効バンドが限られるように見えるかもしれないが、実際にはそんな感覚は皆無。普通にゆっくりスロットルを開けていってもこれまで通り、2000rpm以下のユルユル回る領域でも、低速トルクが不足することなく遅滞なく加速する。

今まではトルクカーブの山の部分を24.5kgmで無理やりフラットに切り取ってしまったような特性であったが、ポールスターのチューンはそのままもう少し上までターボの過給圧を開放し、29.1kgmに引き上げている。裾野(すその)はそのままで、かさ上げしたカーブだから、バンドが狭くなったことでトルクカーブの丘はより盛り上がりを感じるようになった。今まではどこから踏んでも同じようなG感覚が続いたが、今度は2000-4000rpmを保つように回転を維持して走れば、よりメリハリの利いたスポーティーな走りが可能だ。
それには6段ツインクラッチのギアトロニックATが強い味方となる。トルコンのようなロスやシフトショックがなく、スッスッと間髪いれず加減速を期待できるコレは本当にドライバーの意思をそのまま忠実に反映してくれる。スポーティーかどうかはクルマ自体のもつ特性をいうのではなく、操るドライバーの意思にどれだけ忠実に反応するかどうかにかかっている。もしクルマ自体が過剰な速さにしつけられているとしたら、それは余計なお節介でしかない。

メーカー公認のチューニングプログラム「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」は、まずは2012年11月に直6ターボエンジン「T6」用のプログラムが登場。今回の「T4」用は第2弾となる。
メーカー公認のチューニングプログラム「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」は、まずは2012年11月に直6ターボエンジン「T6」用のプログラムが登場。今回の「T4」用は第2弾となる。
今回の「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」を導入できるのは「V40」「S60」「V60」「V70」の1.6リッター直4ターボ搭載車。今のところ2013年モデルのみがサービスの対象となっているが、2013年4月からは2011年モデル、2012年モデルにも対応となる。
今回の「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」を導入できるのは「V40」「S60」「V60」「V70」の1.6リッター直4ターボ搭載車。今のところ2013年モデルのみがサービスの対象となっているが、2013年4月からは2011年モデル、2012年モデルにも対応となる。
「V60 T4 R-DESIGN」は、トランスミッションにデュアルクラッチ式のロボタイズド6段セミATを搭載。シフトプログラムなどに標準車からの変更はない。
「V60 T4 R-DESIGN」は、トランスミッションにデュアルクラッチ式のロボタイズド6段セミATを搭載。シフトプログラムなどに標準車からの変更はない。
ノーマルの「T4」エンジンと、「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」をインストールしたものとの、性能曲線の比較。(写真=ボルボ・カー・ジャパン)
ノーマルの「T4」エンジンと、「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」をインストールしたものとの、性能曲線の比較。(写真=ボルボ・カー・ジャパン)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る