第174回:ヨーロッパフォード車の魅力とは? 欧州フォードエンスーが集うオフ会に参加の記

2013.03.30 エッセイ

第174回:ヨーロッパフォード車の魅力とは?欧州フォードエンスーが集うオフ会に参加の記

「フォード・フォーカス」の“再上陸”により、日本でもまたヨーロッパフォードが身近な存在になりそうだ。では、そのヨーロッパフォードの魅力とは何なのだろうか? 2013年3月10日、三重県鈴鹿市のショートサーキットで開かれたオフ会「ヨーロッパフォード・ミーティング2013」に参加して考えた。

全国から30台以上が集結

今週末も日本のどこかでオフ会がたくさん開かれている。峠の駐車場で、サービスエリアで、ファミレスで……。集まるクルマもさまざまだろう。SNSで知り合った仲間たちと実際に会って、投稿されたクルマについて語り合い、帰ってまたその様子を投稿する。

モーターランド鈴鹿というサーキットにヨーロッパフォード各車が集まるというので、やじ馬としてのぞきに行ってきた。

ヨーロッパフォードといえば、「フォーカス」や「クーガ」、「フィエスタ」や「モンデオ」などである。どのクルマも実用的でありながらハンドリングと乗り心地が高いレベルでバランスされていることは、クルマ好きの間ではよく知られている。
アメリカやヨーロッパの国々ではメジャープレーヤー中のメジャープレーヤーなのだけれども、残念なことに今まで日本では存在感がいまひとつ薄かったことは否めない。

そんなヨーロッパフォードのオフ会が開かれるという。どんな人たちとどのクルマが集まっているのだろうか。
朝9時前からすでに30台以上がパドックに集まっていた。ナンバープレートを見ると、遠く東北や九州から来ているフォーカスもいた。

最も多かったのは2代目フォーカスの「ST」と「RS」。STは当時のフォードジャパンによって正規輸入が行われていたが、RSは並行輸入されたものだ。大阪のワイエムワークスという業者が協賛し、そこの顧客が多く参加している。フォードジャパンも協賛し、発表直後の3代目フォーカスを持ち込み、コース試乗に提供した。呉越同舟の中での太っ腹。イベントの世話役であるOさん夫妻もフォーカスRSに乗っている。

遠くは東北や九州からやってきたクルマも。ミーティングは毎年、関西と関東に分かれて行われていたが、今年は全国規模での開催が実現した。
第173回:欧州フォードのオフ会 欧州フォードのオフ会を訪問する

第173回:欧州フォードのオフ会 欧州フォードのオフ会を訪問する

第173回:欧州フォードのオフ会 欧州フォードのオフ会を訪問する

第173回:欧州フォードのオフ会 欧州フォードのオフ会を訪問する

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ