第48回:主人公はマツダ・デミオ! 伊坂幸太郎の仰天クルマ小説
『ガソリン生活』

2013.03.27 エッセイ

第48回:主人公はマツダ・デミオ! 伊坂幸太郎の仰天クルマ小説『ガソリン生活』

『ガソリン生活』(朝日新聞出版)
第48回:主人公はマツダ・デミオ! 伊坂幸太郎の仰天クルマ小説 − 『ガソリン生活』

クルマ版『吾輩は猫である』

“読んでますカー、観てますカー?”というのが当連載のシリーズタイトルだが、看板に偽りありとそしられても反論はできない。“読んでますカー”を先にしておきながら、小説が登場するのはこれがまだ3回めなのだ。クルマの登場する映画はいくらでもあるのに、小説となるといささか数が少ない。クルマ好きの小説家はいなくなってしまったのかと嘆いていたら、ようやくおあつらえ向きの作品が現れた。

『ガソリン生活』は、語り手がクルマなのだ。『吾輩は猫である』方式の小説である。朝日新聞の連載小説というところも、漱石の『猫』と同じだ。クルマが主人公の子供向け絵本なら驚かないが、小説でこの手法をとるのは画期的なことと言っていい。作者はヒットメーカーの伊坂幸太郎である。人気作家だからこそできた冒険だろう。

主人公は、望月家の自家用車である緑色の「マツダ・デミオ」。“緑デミ”と呼ばれている。この小説では、自動車が意識を持っていて、互いに会話をする。『猫』は、主人公の名無し猫が苦沙弥先生宅を訪れる迷亭や寒月君、東風君たちの会話を記述するという形式だった。猫はあくまで聞き手であって、猫同士の会話は本筋とはあまり関係がない。“緑デミ”は、もっと主体的な存在である。クルマ同士の会話が物語を進行させる役割を持ち、人間が知らない情報をもたらすこともある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。